こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

野党の仕事って何ですか?

質問1
野党の仕事って、与党に反対する事以外に、何をするのが
本来の仕事なのですか?

質問2
野党の目的は、与党に的確に反対して、よい評価を得て
次の選挙で政権を取る事、または与党になる事でしょうか?

よろしくお願い致します m(_ _)m

投稿日時 - 2009-07-19 09:35:05

QNo.5137226

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

質問1
それぞれの政党により異なる、というのが結論です。野党のカオをしながら、部分的に(あるいは地方政治では堂々と)与党の役割を果たしている政党もありますから。

近代政治=政党政治であり、どの国のどの党も基本的に「綱領(こうりょう)」を持っています。
綱領とはその党が目指すもの、およびそれをどう実現するか、あるいは(日本では日本の)国が置かれている現状をどう見るか、などが記されている(はずの)ものです。
(綱領らしいものを持たない、あるいは根っこでコロコロ変わり何が目的なのかサッパリわからない政党もありますが。一体、自民、共産以外の政党で、明確な、首尾一貫した綱領を持っているものがあるのか、私には疑問です。党の歴史も含めてです。そもそも、民主も含めて、ほとんどの政党がこの20年ほどの間に数知れぬ離合集散を繰り返しています。私に言わせれば「根無し草」です。)
このように、各党が異なる「綱領」を持っている以上、少なくとも今回のご質問においては、与党(自民・公明/平成21年7月30日現在)以外に複数存在する日本の政党すべてを「野党」と一括りにすることは妥当ではないと考えます。
ご興味がおありなら、各党のウェブサイトにアクセスし、それぞれの綱領をご確認になってはいかがでしょうか。

質問2
Yesです。しかし注意が必要です。1でも述べたとおり、各党とも「綱領」に沿って政治活動を行っている(はず)ですので、最終的には自らの主義・主張を通すために単独政権党を目指すのが自然なはずですが、「(主張のちがう、本来は正反対であるはずの)他党と手を組んででも政権の座にありつきたい」という姿勢がミエミエの党もあります。
それらはあなたご自身が、自分の目で見て考え、結論を下すべき問題だと私は考えます。

余談であり、あくまで私見ですが、
「宗教団体から派生しました」と大手を振って選挙に出てくるような(カッコつきの)政党がまたぞろ現れる世の中こそ正さねばならないと思います。私にはオウム真理教の再来としか思えない。
「政教分離」という原則がなぜ生まれたのか、歴史の教訓を今一度思い起こさねばなりません。

最後に、
>与党を批判し政治の足を引っ張るのが(野党の)仕事です
こういう勢力・論調こそが「クソもミソも一緒に」し、悪政を続ける政権与党を助けているのだということを覚えておきなさい。
日本にとって「二大政党制」は無用の長物でしかありません。

投稿日時 - 2009-07-30 20:49:26

ANo.3

質問1
与党とは異なる(または提案していない)
国民生活向上などに直結した独自の提案を行うことです。

質問2
その通りです。
野党の究極の目的は政権を奪取し、自らの手で日本を動かすことです。
与党の受け皿として政権運営に失敗したら交代を目論見ます。
そのために手段を選びません。
政治家とは常に権力闘争の塊です。

投稿日時 - 2009-07-24 17:51:22

ANo.2

質問1も2もあなたの想像通りです

与党を批判し政治の足を引っ張るのが仕事です
他国から見たらこんな人たちとまともに外交や話し合いができるとは思えないでしょうね

現に、世界から日本は政治的には既に相手にされていないのが現実ですよね
日本に当てにしているのはお金の面だけ、これから落ちぶれいく日本にはそれすらなくなりそうですけどね

決して、間違っては行けませんが、彼らに政治理念や思想などという物はほぼ内という事です
そんな訳無いと思われるかもしれませんが
将来、政権が交代した時に私の事を思い出してください
政権が交代しても結局何も変わらず、同じ事の繰り返しになるという事を

投稿日時 - 2009-07-19 09:48:21

ANo.1

政党の目的(本来の)は、自らの理念に基づく政策施策を実現し、自らがよりよいと思う社会を現出させることです。政権を取るのは手段に過ぎません。
が、今の日本の政党の多くはその方向を見てはいないようです。

投稿日時 - 2009-07-19 09:41:33

あなたにオススメの質問