こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

取捨選択ができません…(長文です)

大学生です。
何を選ぶべきかで最近ずっと悩んでいます。
さんざん悩みましたが、自分で明快な答えが出せないので、
少しでもアドバイスいただけたら幸いです。

現在体育会と勉強系のサークルに所属しています。
これに加え難民ボランティアも行っています。
体育会で他のサークルに所属している人というのは周囲にはなかなかいませんが、
忙しいながらも充実感があり、勉強時間やバイトの時間も自分なりに
きちんと確保できていたため、上手くこなせていました。

しかし、夏休みの計画を立てようとしたとき、
たくさんのことを全てやろうとすることの大変さに気付きました。
夏休みには、体育会だから活動はわずかなオフ期間を除けばいつも通りあるし、サークルの方でも大きな企画があります。
さらに私にはこの夏休みにもう一つどうしてもやりたいことがあります。
海外でのボランティアです。
ですが、これまでやろうとすると部活の方を長期にわたり休むことになってしまい、まだ踏み切れずにいます。
(体育会ということもあり、参加義務に近いものがあるため)
全部をやることは日程的にきつく、どれかを切らなきゃいけない状況です。

部活をやめてしまえば良いじゃないかと思う方もおられると思いますし、実際私もその選択肢についてはかなり考えました。
しかし、部活での居心地の良さ、人間関係、活動自体の楽しさ、体育会に所属していることで得られる一種の自信のようなものを
一挙に失うことを考えたとき、部活を辞めるという選択肢をとることがなかなかできません。

かと言って、部活を休んでボランティアをやる、というのは、
いくら部活の仲間が口では良いよと言ってくれても、一生懸命やっている人に対する罪悪感や
中途半端になっている自分に対する嫌悪感などで、これもすぐには選べません。

最後にボランティアに行かないという選択肢もあるのですが、
人生でもたぶんとても貴重な大学生の夏休みを少しでも有意義なものにしたい、
いろんな経験を積みたい、という思いが自分の中でとても強く捨てきれないでいます。

私自身、自分はとても欲張りだと思っています。

何を選び、何を捨てるべきでしょうか。

参考にさせていただきたいので、たくさんのご意見お待ちしております。
よろしくお願いします(><)

投稿日時 - 2009-07-28 01:13:55

QNo.5161191

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

#4です。

ちょっと気になったので追加して書かせていただきます。
もの凄い気になったのが、質問文を読んで、なんやかんや言っても中心は部活というもの置いているように感じたんです。
そして、海外ボランティアは、本当に海外ボランティアというものをしたいのでなく、さまざまな経験をしたいという目的の手段に感じました。
どうでしょうか?

確かに海外ボランティアという非日常の中で良い体験をしたと思うことを体験することは多々あります。
しかしその多くは良い体験をしたと”思う”だけです。
日常に戻れば、その体験は、良い思い出になるだけ。
日常の中で良い体験ができなければ、非日常の中でも本当の良い体験は出来ないですよ。

ボランティアに行くとしてもそのことは忘れないでください。
本当に日常に繋げられる良い体験なのか、非日常だけの良い体験と思えることなのか。

今海外ボランティアに行くことも、今部活の活動をすることも、どちらも今しか出来ない貴重な体験です。
(来年になれば来年の考えの自分が居るので、今する体験とは違うものになってしまいます)
どちらかを犠牲にするのでなく、欲張りな自分が本当に”今”やりたいことをしてください。
何かを切り捨てるのでなく、何かを取り上げるんです。
そしてその経験を日常に上手く繋げてください。

>会社や家庭、そう言ったものに縛られず、体力・気力もあるうちに
>やりたいことをできるのは今のうちなのではないかと思ってしまいます。

本当にそういう活動を社会人になってもしたいと思うのなら、今あるNPO法人に就職しても良いし、自分でNPO法人を作ったり、そういう支援が出来る会社を作っても良い。
マザーハウスの山口さんを知っているでしょうか?
まさに彼女はそういう本当の活動をしたいからそういう会社を作った人です。

別に社会人になってもやりたければやりようはいくらでもありますよ。
結局やってない人はそこまでしてやる気がないだけですよ。

投稿日時 - 2009-07-28 15:09:36

ANo.3

私もとても欲張り派です。
それでいいと思います。欲張って全てやりましょう。
どうやったら効率的に全てできるか考えましょう。
その時、紙に書き出すことをお勧めします。それから、パワー配分です。比率を考えます。全て全力なんて無理って分かっているなら、ここまでできれば今はOKとしよう、というラインを決めるのです。

もしそれで全てできれば、俺ってすごいとほめてやりましょう。
それがうまくいくコツです。私は超欲張りなので、短期間でたくさんできる方法をいつも考えて、一人で俺ってすげーーーとほめています。

社会に出るとこれが必要なんですよ。いい練習です。

投稿日時 - 2009-07-28 10:32:12

ANo.2

ボランティアをすると学生瀬活が有意義なものになるのでしょうか?
元々ボランティアって、自分の時間が空いているときにちょっとやるものです。
そんな今やることを押しのけてまでやるようなものではありません。
まずその時点で本末転倒になっているように思います。

ボランティアにはまり、家庭を壊す人がよくいますが、こういう人たちは他人に便りにされることに生きがいを感じてしまい、本来の自分の生活を蔑ろにしてしまいます。
その結果、自分がボランティアをしながら自分の家族がボランティアのお世話になるなど、おかしな現象になったりします。

ボランティア活動は時間が空いたときであれば別に学生でなくても出来ます。
大学だって、4年生になり、部活も引退し就職先を決めてからやることも出来ます。
社会人になってからだって、定年退職した後だって出来ることです。
部活の方は引退という時間制限がある以上今でないと出来ないことですよ。

本当に今しかできないことは何?
こういう活動の本質は何?
そこを見た方が良いですよ。

投稿日時 - 2009-07-28 10:12:00

お礼

ご指摘ありがとうございます。

確かにそれも一理あると思います。

ですが、私はそもそも学生が多く参加する海外ボランティアなどは押しかけボランティアの性格が強く、(考えるべきところではありますが)
本質的な意味でのボランティアではないと考えています。
それは自己実現の場としてボランティアを捉える人が多いからではないでしょうか。
自己満足だとか上からのものだとか色々思いはしますが、
少しでも現地の人の役に立てて自分も良い経験できたら一石二鳥だよという先輩の言葉に納得し、行くことに決めました。
(難民ボランティアの方はボランティアの本質からは逸れていないと思っています!)

実際社会人になっておられるOBの方の話を聞くと、日本の企業では休みもろくにもらえないのが当たり前とのことでした。
会社や家庭、そう言ったものに縛られず、体力・気力もあるうちに
やりたいことをできるのは今のうちなのではないかと思ってしまいます。

…長くなってしまいました。すみません。

とても参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-28 14:03:04

こんにちは。

現在大学なん年生ですか?

1,2年生だったら、体育会の部活も海外ボランティアの日程の調整はおねがいすればつくはず。
私も体育会系の部活にいましたが、「いいよ」と先輩が言ってくれたので海外へ語学留学へはいけました。
さらに私はこの部活がとても部費がたかく、自分のおこづかいだけではたりず(そしてこの部活のためのバイト、というのが部に存在する)地元でバイトもしまくって部活を欠席することもおおかったのですが、それはさすがに怒られました。結局それが原因で部活をやめたのですが、

海外ボランティア自体はとてもいい経験になるはず。
体育会の部活も、自分を鍛える意味ではとても意義があるはず。
礼儀も厳しいしね。

中途半端で申し訳ないという気持ちはわかるのですが、私は次の合宿は無遅刻無欠席でしたよ。
お金がからまないものだったら、別のところで挽回すればいい。

お勉強サークルについては、この文章に書かれていないので、この2つで迷っていらっしゃるのだろうと思います。

とりあえず、主将に相談してみてから行動してみては?
もしトレーニングメニューとかあるんだったら作ってもらえばいいし。

ご参考まで。
有意義な夏休みを!!

投稿日時 - 2009-07-28 02:04:12

お礼

1年生です。
部活の人たちはみんな本当に良い人たちなので、言えば間違いなく良いと言ってくれると思います。
たぶん私の気持ちの問題が大きくて、上手く割りきれず良心の呵責を感じてしまうんです。

トレーニングメニューを作ってもらうというのは良いですね!!
主将にも相談してみます。

ご意見ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-07-28 13:38:42

あなたにオススメの質問