こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ゲストハウス

ゲストハウスといってもヴァリエーションがあると思いますが、

ひとつにユースホステルのようにバックパッカーや観光目的である短期滞在向けの
安価な民泊施設としての意味合い。
ひとつに語学留学生の下宿口としてやウィークリーマンションのような中・長期滞在向けの
施設としての意味合い。

混同される場合が多いといいますが、
日本においてはどちらの意味合いにおいて、
より現実的に呼ばれている(需要がある)でしょうか?

「ゲストハウス」と謳ったときに、短中長期、いずれも受け入れられるようにしておくのが、
業界の常でしょうか?あるいは、呼び方が同じでも不動産の届出が別だ、など
上記した二つは、体系が全く異なるものなのでしょうか?

分かりにくい質問で恐縮ですが、ご教授いただけませんか

投稿日時 - 2009-07-28 03:05:43

QNo.5161320

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

日本国内のゲストハウスについては、いわゆるホステルのような短期滞在型と、シェア生活用の定住するタイプの住居を指す場合の2通りがあります。

シェア生活用のタイプについては下記が参考になるかと思います。

ゲストハウス白書
http://www.hituji-report.jp/

ちなみに国内で短期滞在用の施設を運営する場合は宿泊施設として届け出が必要となります。中長期の住居として展開する場合は賃貸業(大家業)となる場合が多いと思われます。届け出の類いも全く別物となりますので、短期と中長期の混在は殆ど無いはずです。

参考になればと思います。

参考URL:http://www.hituji-report.jp/

投稿日時 - 2009-07-28 22:37:17

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問