こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

簡易保険の名義?について

15年前に加入した郵便局の簡易保険がもうすぐ満期を迎えます。
証書を見ると、
 契約者:母
 被保険者:子(私)
となっています。

解約した後、そのお金を、私の住宅ローンの返済に利用しようと思っていますが(もちろん母は了承済み)、この保険は誰のものなのでしょうか?
母のものである場合、私が解約金を使用すると、贈与税の対象になるのではないかと思い質問しています。

ここ数年(加入当時は違った)、例えば保険金の受け取りなどの手続きをする際「本人でないとダメ」と言われて、母でなく私が手続きをしています。
「本人」=「私」ということはこの保険は私のものと考えていいのでしょうか?
それともやはり契約者である母のものなのでしょうか?

投稿日時 - 2009-07-28 11:55:21

QNo.5161909

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

税法と簡易保険法とは、定めている内容が違う、考え方が違うということをまず、知っておいてください。
簡易保険法では、誰が保険金を受け取るのか、というようなことを定めていますが、受け取った保険金にどのような税金がかかるのか触れていません。
税金を決めるのは、税法だからです。
一方、税法では、誰が保険金を受け取る権利があるのか、というようなことは一切触れられていませんが、受け取った保険金にどのような税金がかかるのか、とうことを定めています。

つまり……
今の保険(満期があるということは、養老保険?)が誰のモノであるのか、税金では関係ありません。
保険料を払っていたのは誰で、保険金を受け取るのは誰か、と言うことです。
満期保険金の場合、保険料を払っていたのは母親様で、受け取るのは母親様というのが普通です。
もしも、受取人がお子様(質問者様)ならば、受け取った時点で、贈与税の対象となります。
母親様が受け取った保険金を質問者様に渡した場合も、贈与したことになります。

一方、病気などの入院保険金(給付金)は、被保険者が受け取るのが原則です。
これは、非課税です。
本人でなければダメというのは、「被保険者本人」のことだと思います。

ということで、ご質問にお答えします……
(Q)この保険は誰のものなのでしょうか?
(A)保険は、契約者のものです。つまり、御母堂様のものです。
なぜなら、解約・継続する権利を持っているのは、御母堂様だからです。

(Q)母のものである場合、私が解約金を使用すると、贈与税の対象になるのではないかと思い質問しています。
(A)その通りです。贈与税の対象となります。

(Q)「本人」=「私」ということはこの保険は私のものと考えていいのでしょうか?
それともやはり契約者である母のものなのでしょうか?
(A)上記に説明したとおりです。
入院保険金は、原則として被保険者のものです。
入院保険金についての本人とは、被保険者のことです。
保険契約は、契約者のモノです。だから、契約者と言います。

ご参考になれば、幸いです。

投稿日時 - 2009-07-28 13:04:51

お礼

では満期返戻金を私がもらうと贈与税がかかるのですね・・
たいへん勉強になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-31 14:00:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問