こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本は世界一冷たい格差社会だそうですが、その原因は何ですか?

ある海外の学者が生活保護について
アメリカでは競争社会といっても再チャレンジができるし、転落した人を救うセーフティネットもある。
たとえ親が会社の社長でも本人が生活できなければ生活保護がもらえる。

それに対して日本では3親等以内に面倒みてもらえと言われる。
親戚が面倒みてくれるわけないし、お父さんは「兄弟なんて舌も出さねえよ」といいます。

ひどい場合は役所に「友人に助けてもらえ」と言われるそうです。

日本が世界一冷たい格差社会となったのは何が原因ですか?

投稿日時 - 2009-07-29 12:15:12

QNo.5164862

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

雇用環境も福祉も欧米以下! 日本は「世界で一番冷たい」格差社会
http://diamond.jp/series/worldvoice/10012/
↑きちんと参照元のリンクを貼りましょう。


簡単な話です。

従来の日本型雇用慣行である終身雇用、年功序列は経済が右肩上がりでなければ維持できません。バブル崩壊後、正規雇用の採用を減らし、非正規雇用ばかりを増やして就職氷河期となりました。基本的に給料が上がり続け、よほどのことが無い限り首にならない正規雇用を守るために、賃金上昇、身分保障もなく、スキルを身につける機会すらない非正規雇用が調整弁にされているわけです。正規、非正規などという明確な区別があるのは日本、韓国くらいのもので、これはもう格差という枠を越え、階級社会になっています。雇用の流動性も無いため、逆転することも容易ではありません。

また、欧米は仕事に値段がつく「職務給」が一般的で、ペイエクイティの原則(同一労働同一賃金)が守られています。つまり、同じ職位であれば、雇用形態や企業規模にかかわらず、基本給は同じです。ですから、欧米にも格差問題はあれども、基本的には能力の差と言えます。対して、日本は人に値段がつく「職能給」「年齢給」ですから、公平な賃金体系にはなりません。結果として、正社員が非正規から、大企業が下請けから、中高年が若年層から搾取する体制が維持されているのです。

これを解消するには欧米型の職務給を導入し、解雇規制を緩和することで、正規、非正規というダブルスタンダードをなくすしかありません。ただし、既得権益層(主に公務員や大企業の中高年正社員)は給料が大幅に減ることになりますから、改革はなかなか難しいですね。

参考URL:http://diamond.jp/series/worldvoice/10012/

投稿日時 - 2009-07-31 05:52:38

補足

日本年齢差別再チャレンジ制度嘘 アメリカでは社会人が働きながら学校に通い、卒業して再就職再チャレンジしてステップアップする人も多い。

日本は特に男性は男性差別で早出出勤サービス残業でとても学校へは通えず、仮に蓄えがあって学校へ行けても卒業したら年齢差別で就職先がない(看護師の本、社会人が医療従事者を目指す本で中年男性が就職先がない)と言ってました。

日本は社会の流動性がなく、再チャレンジができないことについてはどうですか?

どうしてそういう社会なのですか?

投稿日時 - 2009-07-31 07:58:17

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2009-07-31 08:03:17

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

19人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

○世界一冷たい格差社会かどうか
どの調査データを参考にするかで、見解が分かれると思います。アメリカの再チャレンジはそもそも上層社会での話しです。または企業の組合とかに加入した場合は確かに手厚い保護が得られるようですが、そもそもその仕組みの中にすら入れないような人が沢山居すぎてデータにも正確に出ていないので、格差を一体どういう意味に取るかによって、見解は分かれると思います。

○日本の生活保護の場合
日本の場合は、北九州市のようなヒドイ例もありましたが、法的に条件をクリアーしてしまえば、実は他人名義でベンツを乗っているような人でも、バレなければ自己破産や生活保護が受けられます。従ってかなりの部分で申請さえキッチリ果たせば最低限の生活は守られています(生活保護受給率のデータを見れば明らか)。

○就職差別
私は医療関係の仕事をしておりましたが、看護士の就職先が無いというのは、その書籍で例示されていた方個人の事情じゃないですかね。決まらないという方の内、大半の方が条件等が折り合わなくて自身で辞退をされているケースが多い気がします。

ちなみに中高年の奨学金も専門学校によっては、整備されてますよ。または教育訓練給付金制度の利用も出来ますし。

○わがままを言っているのは雇用者
会社が倒産して、資金が回収できなくなれば、中小の経営者などは、自宅すら失います。そのリスクを常に抱えながら経営をしているわけで、慈善事業で雇用しているわけではありません。

○世界一冷たいの意味
その参考にされた学者さんが何をもって冷たいと言っているのかが分からないので、何とも回答しようが無いのですが、とある高福祉モデル国から日本にやってきた方が、日本の福祉施設の職員の対応や働きを見て、「何て温かいんだ! 私達も60年代までこうだった」と言っていました。もちろん日本の介護福祉は良く言われるように職員の給与やガチガチの管理の影響でかなり問題もあります。そのどこを見るかによって冷たいの意味は変わると思います。

投稿日時 - 2009-07-30 23:25:36

補足

日本年齢差別再チャレンジ制度嘘 アメリカでは社会人が働きながら学校に通い、卒業して再就職再チャレンジしてステップアップする人も多い。

日本は特に男性は男性差別で早出出勤サービス残業でとても学校へは通えず、仮に蓄えがあって学校へ行けても卒業したら年齢差別で就職先がない(看護師の本で中年男性が就職先がない)と言ってました。

日本は社会の流動性がなく、再チャレンジができないことについてはどうですか?

どうしてそういう社会なのですか?

投稿日時 - 2009-07-31 07:47:57

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2009-07-31 08:05:52

 日本が世界一の格差社会ということはないでしょう。
 それを言うなら、南アフリカ(共和国)とかでしょう。先進国で一番というのでも、多分、アメリカだと思います。
 (本当に格差社会なら、まず、犯罪率が増加します。隣に、ゴミを拾って生計を立てているそばで、5000万円の豪邸に住んでいる人がいれば、当然だが)
 
 アメリカ等、欧米で、親が金持ちでも、生活保護を受けられるのは、欧米では、18歳になれば、親から自立して暮らすのが、前提だからです。
 ちなみに。日本の福祉予算は他の先進国に比べて低いと言われていますが。理由は同じです。欧米では、18歳過ぎたら、(障害者であっても)親と分かれて生活するという前提だからです。だから、欧米では日本に比べて福祉予算が高くなるのです。ちなみに、これは要介護の高齢者についても同じです。日本の制度は「家族がある程度の面倒を見ること」が前提になっています。ドイツではそうではないので。昔は、要介護の高齢者は、生活保護になっていたそうです。
 
 ちなみに。これは、大学も同じで。大学の学費を親が出すのは、アジア諸国くらいなものです。欧米では、奨学金か、大学の学費を無料化かの制度になっています。もっとも、住居も親と独立してなので、学費が無料のヨーロッパでも、大学進学率は日本ほど高くはないです。なぜなら、住居費(学生同士の同居が多いが)と、生活費は18歳過ぎたら、自分で出すことが当然だからです。
 先進国で一番(韓国を除き)大学進学率が高いのは日本です。(韓国はもっと高いが)それは、親が18歳過ぎた子どもの、大学進学費や生活費等を出すか、出さないかの違いでしょう。
 
 「18歳過ぎたら、親から独立するのが当然」の国と、「困った時は、家族が面倒を見るのが当然」の国を比較しても。格差社会という理解は間違っていると思います。
 
 後、中高年で、看護師になった人の仕事がないというのは間違いだと思います。(そうでなくても、看護師不足が言われているのに)男性ならあり得ますが。多分、介護士の間違いだと思います。これなら、あり得ますが。

 ちなみに。日本の生活保護額は世界最高額です。(のはず)日本の外国人労働者は、「生活保護になりたい」(「夢は生活保護」)と思っているそうですが。当然と思います。

投稿日時 - 2009-07-30 16:28:31

補足

別に親がこどもの希望する学校へ行かせてくれるとは限らないし、(あとを継がせるために無理やり自由な進路を認めない親もいる。)
また兄弟親族だからといって助けてくれることはないのに何故日本は「家族でなんとかせい」というのですか?

とても豊かな社会とは思えません。

投稿日時 - 2009-07-30 17:07:09

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2009-07-30 16:55:46

ANo.4

それは、生活保護が地方自治体の業務としておこなわれるからです。
これは憲法第25条の「最低限の文化的生活」を保障するためなので、本来は国が行うべきです。
一番いいのは、職業安定所が生活保護を扱うことです。

不況でも仕事がないわけじゃありません。派遣切りが話題になったから、余裕のある企業が採用枠を増やしても、全然応募がなかったことも多いそうです。
つまり、本当に仕事がないのではなく、需給ギャップが存在するにすぎません。

したがって、生活保護申請者には、我儘を言わせず、まず希望とは違う仕事でも試すことを進めるべきです。もし、仕事があるのに嫌だというなら、生活保護もお預けにすればいいんです。
そうすれば、無用な保護申請を削り、失業者も減らすことができます。

投稿日時 - 2009-07-29 18:55:20

補足

若くないと駄目、丈夫でないと駄目、サービス残業などしないと駄目。などわがままを言っているのは雇用者の方ではないのでしょうか?

投稿日時 - 2009-07-29 19:09:14

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2009-07-29 19:12:09

ANo.3

>日本は世界一冷たい格差社会だそうですが
朝日新聞等メディアのがそのように宣伝してるからそう洗脳されのです
 自民党によって格差が生まれたと宣伝することにより、なんとしも国民に自民党へのアンチとして洗脳させたいのでしょうね

 格差というのは数値で表すことができます
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/kiso160330a.pdf
 日本というのは福祉国家で有名な北欧なみに格差が少ないのです。

日本ほど弱者に優しい国はありません。たとえば病気にかかった時の費用ですが
都市名     外来初診料(円)  入院料(千円)
バンコク    1,100~2,700   1~11
台北      2,100~34,300   7~23
北京      2,700~9,600   3~89
日本      2,700~9,650   10~50
ソウル     3,200       5~80
パリ      3,200~17,100   50~130
シンガポール  4,800~8,000   3~24
上海      6,400      8~129
ストックホルム 6,400~16,100  ?
ホノルル    13,100      90~160
ロスアンゼルス 16,100      120~160
ロンドン    16,100~18,800  56~65
ローマ     19,300~25,700   50
香港      21,000~34,300  9~46
ニューヨーク  21,400      214~403
デュッセルドルフ 25,700~128,600 ?
バンクーバー   32,200     210

 貴方が言う米国は保険料が大変高いのです
又再チャレンジができるし、転落した人を救うセーフティネットもあるといいますが全米で年収32万以下の人口は 3000万以上ということをお忘れなく。そんな人は病院にもかかれません
 米国の再チャレンジ、セーフティネットは日本より低いのです
 知らない人は『米国がいい』なんて無責任な発言をしますが・・・
ちゃんと数字で比較すれば日本がどれほど恵まれているのかわかります

投稿日時 - 2009-07-29 13:03:30

補足

就職における年齢差別の日欧米比較はどうですか?
日本では看護師学校を中高年が自力で卒業しても就職先がなく、
(看護師の本で読みました)
逆に東南アジアから若い人を呼んで無料で看護師に養成してますが(これはテレビで見ました)
なぜ中高年を雇わないのでしょうか?

社会人が働きながら大学へ行ける体勢もないです。
特に男性は一度就職すると毎日サービス残業で夜間学校にも行けない。(男性差別)
仕事やめて昼間の学校行こうにもお金もたまらないし、未成年と違って大人には奨学金もないそうです。

投稿日時 - 2009-07-29 13:23:25

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2009-07-29 13:31:35

ANo.2

ある一面からならそうかもしれませんが、国民健康保険は最近になってアメリカに導入されました、つまり昔は無かった
生活保護も5億人なら維持できる可能性もありますが1億では維持できないかもしれませんが、そのあたりはどの様な調査をされているでしょう
日本も赤字国債の垂れ流しで国民一人が150万近い借金を背負っています。国債の破綻が起きたらどの様な状態になるでしょう、公務員の60%カットとかが起こるでしょう、そのような社会が良いのか悪いかは考えるまでも無いと思いますが
>日本が世界一冷たい格差社会となったのは何が原因ですか?
終身雇用と年功序列が崩壊した時からです
個人主義の台頭からと思っています

投稿日時 - 2009-07-29 12:43:33

補足

アメリカも個人主義ですが、なぜアメリカと違うのですか?
その学者によると日本のセーフティネットはアメリカより非常に貧弱で冷たいそうです。

その学者の本を読んでないので、わかりません。

投稿日時 - 2009-07-29 12:48:17

お礼

ありがとうございます

投稿日時 - 2009-07-29 12:48:07

ANo.1

経済が苦しく財政破綻しているんだよ
その上、政治家や官僚がしたい放題なので一般市民には厳しい世の中です

GDP世界第2位??これが何の意味がありますか?
このカラクリに気づいていますか?
それは日本の人口が多いだけということです
GDPを人口比率で割ったら日本の一人当たりの生産量は先進国最低ですよ
世界でも20台後半です
要はそれだけ税収が低いということ、逆に言えば同じだけの負担が受けられるようになるには今より一人当たりの税金が高くなるということ

そんな状況でアメリカのような同じ負担が受けられる訳がありません

『小さな親切大きなお世話、アナタの悩みママンが解決』
from maman

投稿日時 - 2009-07-29 12:34:21

補足

歴史的、文化的背景とかはありますか?

投稿日時 - 2009-07-29 12:38:53

お礼

日本は貧乏国なのですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-07-29 12:38:40

あなたにオススメの質問