こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

養育費の減額について

現在、私と付き合っている彼(バツイチ)と将来の結婚も含めての質問させて頂きます。
彼は前嫁に養育費を月5万を振り込んでいます。離婚理由も前嫁の強い口調や態度、等で精神的にきてしまい、調停離婚に至りました。

前嫁は、お金に執着心があり、毎月ブランドバッグを買い、毎回、お金がないような人です。

養育費の金額は彼が決めました。本当は2~3万にしたかったのですが、お金に執着心がある人なので5万とゆう形になりました。

ここで本題ですが、私と彼は結婚を考えています。
しかし、アパートを借りるお金も、結婚式を挙げる費用も、毎月5万を支払っていては中々、厳しい状態です。離婚時と今現在では、今現在を優先出来るとも伺いました。養育費減額は出来るのでしょうか?弁護士にも相談しようかと考えています。もちろん家庭裁判所の調停も存じております。しかし、彼が、精神的にきてしまい離婚と説明したように家庭裁判所では当事者どうしでの話し合いです。怖くて会えない。なので弁護士に相談も考えていますが、やはり、身勝手な願いなのでしょうか?
減額は無理なのでしょうか?

どなたか、回答をお願いいたします。

投稿日時 - 2009-07-30 02:53:16

QNo.5166951

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

私は、質問でいうところの「前嫁」にあたる者です。
毎月ブランドバッグを買ったりはしませんが…。

養育費の減額請求は可能だとは思いますが、もう一度よく考えていただきたいです。
貴女は、「離婚して 毎月5万円の養育費を支払っている」彼と結婚するのだ、という覚悟が無いのであれば、この結婚自体を考え直された方が良いのでは?と思います。

養育費の減額は、貴女の都合で勝手に変更されるべきものでは無いはずです。
貴女が、彼の子供だったら…?同じことが言えますか?
私は 人として、やるべきではない事のように思います。

投稿日時 - 2009-08-05 16:28:24

ANo.3

質問主旨から外れてしまいますが、

>しかし、彼が、精神的にきてしまい離婚と説明したように家庭裁判所では当事者どうしでの話し合いです。怖くて会えない。

が気になります。

彼は、気の弱い男性、もしくは面倒なことは避けて通る男性でしょうか。

彼の言葉にウソが有る・・・ウソと言ってしまうと、もの凄く悪いことのように聞こえますが、ご質問者様のことが好きで、ご質問者様にいいカッコしたいがために付かざるを得ないウソが有るような気がしてしまいました。

調停の場で、当事者同士は会わないと思いますよ(全国の調停を知っているワケでは有りませんので『思う』と書きました)。

それぞれが交代で調停員に呼び出されて、お互いの言い分を調停員に伝えます。「先方はこう言っています。(この主張は一般的です、などのアドバイスを交えながら)その点についてはどの様にお考えですか?」と『調停員から』伝えられ、「こうしたい」とか「その主張は実際と違っている」などを『調停員に』伝えると、また交代して自分の意見を『調停員から』先方に伝えられます。2~3回往復したところで『調停員から』次回までの宿題(1月くらい時間を与えるから、頭を冷やして考えて来てみたいなこと)を伝えられてその日は終了。

控え室も2つ用意されていて、通路も別になっています。『玄関で鉢合わせ』と言う可能性は有りますが、会おうと思わなければ会えないように配慮されている筈です。専門家では無いので分かりませんが、『当事者どうしでの話し合い』は調停員に申し出れば可能なのかも知れませんが、『したくてもできない』仕組みになっているように思いました。

彼自身が、減額、もしくは調停をしたくないのでは無いですか?。

その気持ちは経験者として、当たり前に思います。本当にストレスなんです。会社休んで出掛けなければなりませんし、嫌な記憶が蘇るかも知れません。

もしくは他ご回答者様の書いていらっしゃる事情、つまり、前嫁様が再婚されたとか、安定した収入を得られるようになったなどの事情が無いことが彼には分かっていて、減額請求をしても認められないだろうとお考えなのでは。

それとも、ご質問者様が一人で勝手に考えているだけ、なんて事情ですか?。

弁護士への相談はさほど費用も掛かりませんし、すれば良いと思います。2~3万円/月×7~12回くらいのお金を用意すれば依頼も受けていただけるかも知れません。相談する際に、依頼を受けていただけるのか、受けていただける場合の費用についても教えていただけるでしょう。

ただ、私個人の勝手な気持ちを書かせていただきますと、『嫁の強い口調や態度』で父親で有り続けることを諦めた人から『他の女性と結婚することを理由』に『養育費の減額を請求された事実』を知ることになったとしたら、と、お子様の心情を哀れに思ってしまいます。

投稿日時 - 2009-07-30 19:33:33

お礼

彼は気の弱い人です。前嫁の事になると過呼吸になります。私はそれを知りながら支えています。

弁護士に相談してみようかと思っています。。。


ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-30 20:26:32

ANo.2

こんにちは。

養育費の減額についてですが、まず基本的な考え方として、養育費というのは「子から親へ請求し、それに対して支払うお金」なのです。そのため、前嫁に新しい旦那さんができたとか、収入がかなり安定したとか、子に対する負担額を下げることができる要因がはっきりしているのでしたら、養育費の減額をすることはできるとおもいます。その際には、やはり家庭裁判所に申し立てる、という方法をとることになります。

ただ、おっしゃっているように、前嫁の金遣いの荒さとか、ご質問者様の彼が結婚するからといって、減額できるものではない、というのが一般的な判断とされています。

ただ、本当に彼の収入が厳しくて、5万円を支払えないというような場合には、家庭裁判所に申し立ててみる価値があるかとは思います。

弁護士さんにお願いされた場合には、彼の代理人となりますので、前嫁さんとの一切のやり取りをする必要はありません。ですので、本当にやりとりをしたくないのでしたら、弁護士さんを立ててみてはいかがでしょうか。弁護士費用につきましては、各弁護士さんによってある程度変わってくる可能性がありますので、本当に相性の合った、費用も適正な弁護士さんを探すようにしてくださいね。

投稿日時 - 2009-07-30 13:08:17

お礼

回答ありがとうございます。弁護士を探してみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-30 20:30:49

ANo.1

まぁ、話し合いで解決できるものであれば、可能です。
単純にそれだけの話です。

再婚したからといって、減らす理由にはなりません。
あなたと再婚したら、子供に掛かる生活費が減るのでしょうか?
自分に都合の良いことだけを考えずに、そういう部分を考えてみればわかると思いますよ。

投稿日時 - 2009-07-30 07:24:13

お礼

回答、ありがとうございました。もちろん養育費は子供が何不自由なく育っていくよう育てる上で必要な、お金だとも存じています。しかし、養育費を前嫁の、お小遣いになっている可能性があるのだとしたら……前嫁が再婚し、子供が養子縁組をしていたら……とか色々、自分達の結婚の為に考えてしまいました。。。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-30 08:12:52

あなたにオススメの質問