こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

民主党とマスコミと韓国・朝鮮

政治に無知な者です。
インターネットでは、マスコミが民主党の味方ばかりしていて、自民党の足を引っ張る事ばかりしているというような意見を多数見かけるのですが、それは事実なのでしょうか。
マスコミが、民主党の味方をしたところで、何の得があるのでしょうか。

また、鳩山さんの「日本は日本人だけのものではない」の発言などから、民主党と韓国や朝鮮は繋がっているのかなと思いますが、民主党は、何でそんなに在日や韓国に有利な政策をしたがっているのでしょうか。

正直、どこに投票しようか本当に困っています。
民主党に入れようと思っていましたが、鳩山氏の「日本は日本国民だけのものではない」の発言で、民主党に政権を任せるのが怖くなりました。
麻生さんは個人的に嫌いではないので、自民党でも良いかなと思うのですが、おまけのカルト政党が…。

何か、参考になるサイトでもあれば教えてください。

投稿日時 - 2009-07-30 04:21:53

QNo.5167009

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

韓国のメディアも民主政権になることを願っているようです。

中央日報の記事はこれ。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=118471&servcode=A00&sectcode=A10

「戦後課題の処理」がインデックスに入っていたので、すごく期待されていますね。
記事では、マニフェストには記載されていない、と書かれていますが、今のは仮マニフェストだから、本番には記載されるような気がします。

投稿日時 - 2009-07-31 02:40:52

ANo.7

 ネットのあることないことを恣意的に書いたものより、両党のホームページをきちんと隅まで見てみるほうがよいのではありませんか。

 自民党ホームページ
http://www.jimin.jp/index.html

 民主党ホームページ
http://www.dpj.or.jp/

 自民党の2009年衆議院選挙マニフェストは、7月30日原案ができた状況なので、まだホームページには記載されていませんでした。
(質問者さんが見る頃には、アップされているかもしれません。)

自民党マニフェスト要旨:産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090730-00000509-san-pol

 尚、民主党ホームページの「民主党政策集 INDEX2009」には、

領土問題の早期解決
領土問題の解決は、困難を伴うとともに相当の時間を要するものです。わが国が領土主権を有する北方領土・竹島問題の早期かつ平和的解決に向け粘り強く対話を積み重ねます。

 と、竹島に日本国の領土主権があると明記されています。
http://www.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/08.html#

投稿日時 - 2009-07-30 16:42:52

ANo.6

<マスコミが、民主党の味方をしたところで、何の得があるのでしょうか。>
 マスコミは、政権政党(=国家予算の使い方を決める権限があり、警察・自衛隊なども内閣を通してコントロールできる)の問題点を、あることないこと(ないことを報道する位でないと、あること全てをチェックできない。)国民の前に暴き立てるのが仕事です。

 野党は、国会内で与党のやり方をチェックするのが仕事です。
 ですから、結果的に同じ方向性を向いています。
 マスメディアが、民主党寄りなのではなく、たまたま同じ方向を向いているだけです。

 自民党が政権を失った細川内閣でも、与党・細川内閣が叩かれました。

 現在の状況で、大きな政治的大事件がないまま衆議院選投票になれば、民主党が勝ち与党になるのはほぼ間違いないでしょう。
 そうすれば、メディアが民主党寄りかどうかが分かります。

 尚、与野党の政権交代が行われる場合、政権誕生後3か月~最初の通常国会終了(=最初の予算決定:これによって、与党の政策の具体化が始まる。)までは、メディアも与党を叩く種があまりないので、「新政権への期待」を記事として載せて、お茶を濁します。

 民主党が、官僚主導の日本の国政を、政治家の主導により本当に思い切った改革をやれば、今までにないことをやるので、当然失敗も多くなります。それに対して、成功は報道ではあまり取り上げられませんが、失敗はたたかれます。

 また、改革をマニフェストに掲げて選挙に勝ちながら、実行しないものがあれば、当然これも攻撃対象となります。

-とはいえ-
 とはいえ、与党がここまで激しく叩かれた記憶は、今までありません。
 郵政選挙で小泉内閣が大勝したのち、三度も内閣総理大臣が替わったのに、新たな選挙マニュフェストを示して総選挙をしなかったのが、メディアが自民党を叩く一番の原因でしょうね。
 「郵政改革」を看板にして勝った議席を背景に、当時の公約に全くなかったことを実行し続けている以上、安部政権誕生以後、メディアは反発して「解散・総選挙」を求めるのは当然と言えます。

 政権がとれそうな民主党も、解散・総選挙を求めますから、結果として同じ方向を向いています。

<鳩山さんの「日本は日本人だけのものではない」の発言などから、民主党と韓国や朝鮮は繋がっているのかなと思いますが、民主党は、何でそんなに在日や韓国に有利な政策をしたがっているのでしょうか。>

 「友愛」は鳩山さんの持論だが、民主党内では異論も多く、今回の2009年のマニフェストには記載されていません。
 民主党には、従軍慰安婦問題のワシントンポスト広告掲載に名を連ねた議員もおり、思想的には自民党右派から社民党とほぼ同じ考えの人までが所属しています。
 結局、内政については党内合意できたが、外交・人権問題での合意はできていません。(つまり、鳩山さんの持論は単に個人的な持論であって、党としては白紙ということ。)

 「あなたは、あなた個人だけのものではない。」というのは、質問者さん自身、疑問を感じないでしょう? あなたは、家族・友人などにとってのあなたでもあるわけですから、普通の感覚だと思います。
 あなた個人が人間社会の一員である以上、周り人に配慮するように、日本が国際社会の一員である以上、日本人が日本の未来を考える上で、他国・外国人と同じ立場を共有することがあるのは当然でしょう。

 我が国は、日本が好きで日本を愛する外国人を快く受け入れる国です。日本とはそういう国だと、私個人は思っています。
 更に、日本が嫌いといっていた外国人が、日本に来て日本が好きになっていくような国でありたいと希望しています。
 「日本は日本人だけのものではない」という言葉をそういう意味で理解しています。

<民主党に入れようと思っていましたが、鳩山氏の「日本は日本国民だけのものではない」の発言で、民主党に政権を任せるのが怖くなりました。>
 今回の民主党のマニフェストから見て、内政の大改革になりますから、予想外の問題多発に対する対処で政権は手一杯になるでしょう。
 マニフェストの半分を実行することさえとんでもない作業量と言えますので、マニフェスト外の党内でも異論の多い「友愛路線」を実行することは、不可能と思います。
 現実問題として、マニフェストの実現に大成功したとしても、消費税上げが避けられず、次の選挙では敗北すると考えます。(当然、友愛路線は棚上げ。)
 マニフェストの実現に失敗した場合、党の崩壊・分裂の可能性が高く、この場合も当然「友愛路線」は実行されません。

<麻生さんは個人的に嫌いではないので、自民党でも良いかなと思うのですが、おまけのカルト政党が…。>
 マスコミにたたかれることの多い麻生さんですが、指導力に欠けている(=出身派閥が小さい)とはいえ、安倍・福田両元首相よりはかなりましな人物と考えます。
 本人の能力よりも、「麻生首相が自民党議員から見放されている」現状では、衆議院選挙後に別の人物が党総裁になることが確実と思われるので、麻生支持で自民党を支持しても、選挙後の自民党は全く違う路線となる可能性があり(分裂さえありうる)、麻生支持を理由に自民党を支持しても、裏切られる可能性がかなり高いです。

 公明党は、細川内閣の与党になって、「与党であることの美味しさ」を知ってしまいました。その結果、自民党が単独過半数を割った時、政策では相当違いのある自民党にすり寄って、与党になってしまいました。

 ですから、自民党が野党になったのち、選挙のほとぼりが冷めれば、共闘を解消する可能性が高いと考えています。
 民主党が政権を取って1年たてば、単に期待だけで民主党に投票した人は、甘い期待は単なる夢だったと目が覚めるでしょうから(日本経済の実態自体が悪いのだから、政権政党が変わったからと言って、経済状態が急に上向くことはありえない)、2010年の参議院選挙では民主党が敗北するでしょう。
 そうなれば、公明党が民主党にすり寄って、「連立を組めば、衆参両院で過半数を確保できる」ということで、与党入りする可能性は捨てきれません。

ですから、 
1鳩山氏の「日本は日本国民だけのものではない」の発言で、民主党に政権を任せるのが怖くなりました
2麻生さんは個人的に嫌いではないので、自民党でも良いかなと思う
3おまけのカルト政党が…
1・2・3ともに、投票時の判断基準とするのは不適当かと思います。

<最後に>
 参考になるサイトと言っても、それぞれのサイト運営者のカラーが付いています。カラーをつけないサイトの場合、それぞれの長所・欠点が挙げられていますが、はっきりした結論を与えないように配慮されています。
 結局、『あなた自身で迷って、よく考えて、判断する。』しかありません。

投稿日時 - 2009-07-30 13:47:52

ANo.5

ネットは現実への反発も反映されやすいので現実で自民党が叩かれすぎていると思う方や民主党はどうなのかを知りたい方が多くなっていった結果だと思います。

現在のテレビを主としたマスメディアは異様に民主よりな報道をしており、自民の功績などについては控えめに、意図的に-イメージを受けやすい報道をしているように私にはみえます。ネットといってもその情報源には何かしらを媒体としたマスメディアであることが多く、ネットでいうマスコミとは特にテレビを媒体として情報を流している存在を指している場合が多いように思えます。

民主党はマスコミの電波料引き下げや権限強化を考えていますのでマスコミには得があるといえます。麻生さんは広告税の導入、前の安倍さんも電波料引き上げを検討していたので自民党のほうがマスコミにとっては損なのかもしれません。現在のテレビ局に対する電波料は他国と比べてもかなり安いようにみえます。

民主党の支持母体には民団がおり、支持母体に対して一定の配慮をするのはありうることだと思います。元々、民主党の中には日本の戦後処理をもっときちんとするべきとの意見が多いためそういった賠償などは今よりも多くなってくるだろうと予想しています。

私も公明党は好きでなく、今の自民党がそこまで良いかというと悩みます。ただ、今のままの民主党ではマニフェストに財源や構想であやふやなところが多く、安全保障や外交に対しては不安要素が多いように感じます。私の場合、今のままならまだ自民党のほうがマシかなという所です。
政界再編をしたい、民主党に任せてもいいんじゃないかと思う場合は民主党や他の野党に投票するのも良いかもしれません。また、党でみるのではなく、その候補者について考え、自分の意見に近い方を選ぶのもまた良いのではないでしょうか。

投稿日時 - 2009-07-30 11:40:19

ANo.4

近隣諸国と友好関係を持つのは原則的に良い事です。
ですので中国・韓国・北朝鮮等と繋がるのも本来は良い事なのですが、問題はそれら3ヵ国がいずれも反日思想を国家戦略として取って来た過去があり、賠償金問題も全て決着した今になっても更なる賠償金を要求したり、謝罪問題が全て決着した今になっても更なる謝罪を要求してきたり、日本固有の内政問題に事あるごとに干渉してきたり、歴史上或いは通念上明らかな日本領土に対する領有権を主張したり武力行使・威嚇を行ったり…と。

こういう外交上の問題が突出するこれら3ヵ国と無原則で友好関係を結べない所へ、民主党は恐らく無原則で友好的関係を結ぼうとし、その結果大きく日本の国益が損なわれるであろう点が問題です。

例えば、この国家財政危機の日本がこれら3ヵ国の要望通りに多額の賠償金を支払えるのか。
偽者か本者か分かりもしない元従軍慰安婦に、調査不充分のまま言われるままに賠償金を積み上げていくのか。
日本固有の複数の内政問題に、これら3ヵ国の意志を濃厚に反映させて、それで国が成り立つのか。

中国には尖閣諸島を譲渡し(中国・台湾では尖閣諸島購入の騒ぎが始まってます)、韓国には竹島を割譲し(こちらは民主党は固有の権利主張をしているので韓国反発)、北朝鮮で拉致被害者達に絶望を味あわせ続けるのか。

「日本は日本人だけのものではない」とか「友愛外交」とか、道徳的理念はそれはそれで結構ですが、日本が持つ特殊事情を考慮し、日本の財産と安全と名誉と国土を守る努力が民主党には足りない。


また、マスコミは概ね親民主党ですね。特にアサヒ系は異様なほどの。
この原因は共産圏特有の謀略工作による所が大きい。
共産諸国は冷戦時代から執拗かつ大規模な対日謀略戦を継続しており、その成果が日本マスコミ界にも現れている、という事。
単純短絡的に推理すれば、謀略に犯されたマスコミが推奨するのであれば、それに乗ってはならない・・・謀略に屈する事となる・・・と。

また、民主党はマスコミ優遇政策を公言しており、民主党政権となるだけでマスコミは財政的利益を受けます。つまり、民主党はマスコミのスポンサーのわけであり、スポンサーのご機嫌を取ったりスポンサーの宣伝をするのは、マスコミ本来のそもそもの仕事です。

投稿日時 - 2009-07-30 06:21:01

ANo.3

>>インターネットでは、マスコミが民主党の味方ばかりしていて、自民党の足を引っ張る事ばかりしているというような意見を多数見かけるのですが、それは事実なのでしょうか。

マスコミの役割として「権力を監視する」という機能もあるので、自民の足を引っ張るような報道もあるでしょうが、民主の味方ばかりというほどではないと思えます。

基本的にマスコミは「視聴率が取れるか?」「雑誌が売れるか?」が価値基準になっているようです。なので、日本にとって重要な問題であろうとも、「堅すぎて視聴率が取れない話題」と判断すれば報道しないようですね。

>>マスコミが、民主党の味方をしたところで、何の得があるのでしょうか。

多くの人が感じているように、民主党は北朝鮮や中国寄りで、別の言葉でいえば「売国奴組織」とも言えるでしょう。で、そういうスタンスの人々(スパイ)がマスコミにもいるようですので、民主党を応援するメリットはあるようです。

>>また、鳩山さんの「日本は日本人だけのものではない」の発言などから、民主党と韓国や朝鮮は繋がっているのかなと思いますが、民主党は、何でそんなに在日や韓国に有利な政策をしたがっているのでしょうか。

民主党の鳩山さんは、「北朝鮮・中国に友愛」というスタンスのようです。民主党の過去の憲法改正案を見ても、「日本の主権を中国か北朝鮮に渡したいのか?中国の属国あるいは植民地になりたいのか?」と思える内容になっていますからね。
そして、その理由は、「武力頼みで支配するアメリカが嫌い!」ということのようです。その反動で、中国や北朝鮮の政治体制が好きになっているようです。

なので、北朝鮮が「日帝35年の植民地支配の報復」という理由で、日本人が北に拉致されて「大戦中に炭坑で働かせたお礼です。あなたもここで地下の核ミサイル格納庫用の穴を死ぬまで掘ってください」なんてことがあっても、「しかたないですね。日本は、昔、悪いことしたのですから」という感覚みたいです。

鳩山さんは、貴族です。アメリカのような無骨な兵士の国は、貴族の鳩山氏には、「宿敵の武家」ってことで嫌いなのでしょうね。

>>民主党に入れようと思っていましたが、鳩山氏の「日本は日本国民だけのものではない」の発言で、民主党に政権を任せるのが怖くなりました。

その感覚は正しいです。「ちょっと自民にお灸を据える意味で、民主に政権を渡してみる」ということで民主に政権を渡すと、アメリカとの関係がさらに希薄になり、日米安保の事実上の破棄になって、現在でも「核の傘の下に日本を入れてくれるの?」という不安があるのですが、それが現実化し、アメリカの核の傘が無くなる可能性があります。
その結果、日本は、自前の傘、つまりは「核兵器」を作らざるを得なくなるでしょう。それが間に合わないと、中国や北朝鮮の支配下に下ることになるでしょうね。(そうなると、民主の鳩山氏は大喜びでしょうけどね)

>>麻生さんは個人的に嫌いではないので、自民党でも良いかなと思うのですが、おまけのカルト政党が…。

公明も民主と同様に、在日支援に熱心ですからね。カルトだけでも嫌なのに・・・。

投稿日時 - 2009-07-30 06:10:25

ANo.2

マスコミというのは、スポンサーによる莫大なお金で成り立っていると言っても過言ではありません。
そのスポンサーの中でもマスコミに多額のお金を垂れ流しているのが、創価学会(在日の池田大作)や朝鮮系のパチンコ業界です。


こうなることでマスコミは"お得意様"を批判することができなくなります。これが簡単な説明ですが、偏向報道についての詳細は『椿事件』を検索してみてください。


とにかく民主党は中国(創価学会)と深く繋がっていることが現在明らかになっています。国籍法や外国人参政権など通そうとしていることから見ても容易に分かりますが、これらの法律がいかに恐ろしいかはご自分で検索してみてくださいね。
民主党は、"貴方が日本人ならば"絶対に許すわけにはいかない法律を国民に黙って通そうとしているのですよ!!(国籍法は現に通ってしまってます)
だから下のwinterfishさんが言ってるみたいに安易な発想で、試しに一度民主党に政権を任せてみれば…などということは言語道断なのですよ。
どちらにしろ、最後に判断するのはご自分です。


『国民が知らない反日の実態』
こちら見ていただくのが一番早いと思います。
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/1.html

投稿日時 - 2009-07-30 06:03:42

インターネットは「ネトウヨ」など、根拠も無い政治論がまことしやかに垂れ流されていますから、情報源を選ぶ時は信頼性のあるサイトを選ぶ必要がありますね。

長期の財界癒着と腐敗政治でマスコミを有利に動かしているのは、むしろ自民党です。

嫌韓・嫌中感情を煽り「中国が攻めてくる」などと言うネトウヨが多いですが、現実を見て彼等の貿易・商売相手国no.1は日本です。

その日本に戦争を仕掛ければ中国の財政は大恐慌に陥り戦争どころではありません。

平和憲法を有する国に攻め込んでしまえば国際社会も黙っていませんから、欧米がまず仲裁に入りますよね。

イラク戦時のように、国力を失った中国はアメリカ軍の恰好の駐屯地になるでしょう。

ネトウヨなど、差別感情を剥き出しにする人達が増える背景には格差社会で辛酸を舐めている人達の、やり場の無い怒りがネット上での加減な弱者イジメに繋がっているとの説もあります。

その格差を作り上げたのが自民党ですが、民主も自民のスケープゴートに過ぎず、腐敗政治はまだまだ続きそうですね。

それでも長年の膿を出す必要性として、民主が政権を取ることは必要な過程だと思います。

投稿日時 - 2009-07-30 05:01:33

あなたにオススメの質問