こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自転車対車の事故について

先日、自転車で車にぶつかってしまいました。

相手は車で、店から車道に出ようとしているところでした。
私は自転車で歩道を走行中でした。
相手は左に出ようとしており、私はその車から見て左方から自転車で走っていました。
車のほうは歩道に多少はみ出していました。歩道の左右確認をしていたそうです。一時停止中でした。
私は直前(手前約5メートル)でよそ見をしてしまい、その車に気付きませんでした。
気付いたときには車が目の前にあり、あわててよけましたが接触してしまいました。
相手の車には少し傷がつき、塗装が剥げました。へこみもあったそうです。
私に大きな怪我はなく、警察のほうでは物損事故として処理されました。
後日、相手から車の修理費の見積もりが18万円だったと聞かされました。
少しの傷や塗装を直すのはできなく、バンパーを取り替えなければならないそうです。

そこで皆さんにお聞きしたいのですが、
1.修理費は本当にそんなにかかるのでしょうか?
2.この場合は100%私が悪いことになるのでしょうか?
3.相手側の車の保険で直すのは不可能なのでしょうか?

長文、乱文失礼しました。
初めて事故というものにあったので、どうしたらいいかわからず混乱しています。
なにとぞご回答のほどよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-07-30 10:12:02

QNo.5167330

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

一時停止していた相手車両を見ていたと言うのであれば、あなたが一瞬よそ見(脇見)した間に、相手車があなたの進路に進入した可能性があります。
ずっと止まり続けていた相手車に衝突したのであれば、全面的な責任となりますが、衝突直前に前進し、あなたの自転車の進路に進入して停止した場合は、過失割合は逆転します。
その歩道は、自転車通行可となっていますか?
自転車で歩道通行する場合、車道寄りを徐行してましたか?
いずれにしても、あなたは無過失にはなりません。
バンパー交換が必要か否かは、知り合いの整備工場の人にでも見てもらうと良いと思います。
普通、修理はできると思います。
相手の保険を使用するといっても、車両保険でなければなりませんが、いずれにしても保険請求権はあなたにはありません。
相手が請求して車両保険を受け取った場合、保険会社が代位求償と言ってあなたに請求をかけてくると思います。

また、道路交通法第25条の2(法定横断等の禁止)に関しては、歩道の施設がある道路では、「車道」と読み替えることになっています。
従って、このケースでは適用条文にはなり得ません。

投稿日時 - 2009-08-01 00:42:53

お礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2009-08-19 13:21:33

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

1.修理費は本当にそんなにかかるのでしょうか?

→ピンキリだと思います。修理なら5万円程度から、取替えなら車種によって、20~50万円くらいじゃないでしょうか?

2.この場合は100%私が悪いことになるのでしょうか?

→自転車で歩道を走っていた時点で道交法違反ですから、完璧に加害者だと思います。歩道は歩くところであって、自転車が通行するところではありません。

3.相手側の車の保険で直すのは不可能なのでしょうか?

→被害者の保険が使えるわけがないじゃないですか。保険は自分が加害者の場合に多額の出費を抑えるためのものです。被害者側の保険をあなたが毎月払うならできると思います。

投稿日時 - 2009-07-30 23:14:58

お礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます

投稿日時 - 2009-08-19 13:21:57

車が歩道に どれだけ はみ出していたかです ある程度 前に出ないと
運転手は左右の確認は出来ません
警察に通報して 検分されているのなら 相手の事を話して 理不尽で
ないか相談したら 過失割合は言ってくれませんが アドバイスは
してくれると思いますよ
修理代金は素人が思うより高額になります

投稿日時 - 2009-07-30 14:28:56

お礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます

投稿日時 - 2009-08-19 13:22:17

ANo.4

nrb

道路交通法
(横断等の禁止)
第二十五条の二  車両は、歩行者又は他の車両等の正常な交通を妨害するおそれがあるときは、道路外の施設若しくは場所に出入するための左折若しくは右折をし、横断し、転回し、又は後退してはならない。
2  車両は、道路標識等により横断、転回又は後退が禁止されている道路の部分においては、当該禁止された行為をしてはならない。
   (罰則 第一項については第百十九条第一項第二号の二 第二項については第百二十条第一項第四号、同条第二項)

あれ自転車道の左側の走行だけども右側走行してるように感じますが・・・ね

自転車、道をどう走ってたかが重要ですね

補足願います

投稿日時 - 2009-07-30 11:53:48

お礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます

投稿日時 - 2009-08-19 13:22:36

ANo.3

はじめまして。

接触事故ということなのですが、相手の車は止まっていて自転車で突っ込んだ形という事でしたら、車に過失はありませんので、ほぼ自転車側の責任になります。

バンパーを取り替えるということですが、車の純正品は単体で買うとそこそこの値段になってしまいます。しかも取り付け工賃も発生しますので18万は妥当ではないでしょうか。

過失がないのに保険を使うことはありません。悪いことをしていないにも関わらず保険を使ったことによって保険料あがるのはばかばかしいですし、過失のない側の保険屋も払ってはくれないと思います。

実際自転車との接触なので、板金、塗装で直る程度だとは思いますが車を大事に乗っている人なら直すよりは新しくしたいと思うのかなと・・・

投稿日時 - 2009-07-30 10:36:28

お礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます

投稿日時 - 2009-08-19 13:22:51

ANo.2

1:自転車なら凄いスピードで当たらない限り、バンパー交換まではないと思います。多少の傷ならその部分だけの補修だけで済むこともあり、最悪全部塗装するくらいでしょう。あなたが保険を使わず、プロが絡まないので足元を見ているのかもしれません。保険屋同士の交渉なら、余程の破損でない限りバンパー交換までの修理代は認めないですし。

2:相手車が停まっていたのなら、あなたに100%の過失があります。

3:相手が車両保険に入っていればそれで直すことは可能ですが、翌年から保険料が上がるのでそれはまずないです(あなたが払えない状態だとかなら話は別)。よしんば車両保険を使えても、後日あなたの過失分は保険会社があなたに請求してくるでしょう。

あなたが使える保険はないですか?家族の自動車保険のオプションやその他障害保険で補償出来ることもありますし。

投稿日時 - 2009-07-30 10:27:32

お礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます

投稿日時 - 2009-08-19 13:23:09

ANo.1

1.バンパーは取り換えです。修理は効きません。
2.過失割合を話し合います。
3.過失割合に応じて負担します。


http://www.k3.dion.ne.jp/~nyantoro/kashitsu.html

投稿日時 - 2009-07-30 10:24:37

お礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます

投稿日時 - 2009-08-19 13:23:23

あなたにオススメの質問