こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

本決算時の仮計上について

こんにちは。
本決算を迎えていますが、疑問があるので教えてください。
毎月月次決算があるので、家賃や電気代など毎月

(借方)地代家賃×××/(貸方)未払金×××
(借方)水道光熱費×××/(貸方)未払金×××

と計上しています。
ただ、月次決算の際には請求書が間に合わない関係で水道光熱費などは仮で前月分の数字を計上しています。しばらくして正しい数字がきたら仮で計上したものは取り消しをして、計上しなおします。
さて、本決算でも仮計上するように言われたのですが、いいのでしょうか?
上司には「毎月計上しているものだから、何も計上しないわけにはいかない。前月の数字を仮で計上しておいて」といわれたのですが、本決算は数字が確定してしまうからいいのだろうかと思ってしまうのです。会計ならまだしも、税務ではそのようなことをしても大丈夫なのでしょうか?

また、2002年度末に仮で計上したものと正確な数字との間に差異が出てきたら、その差異はどう処理したら言いのでしょうか?
例えば、10,000で仮計上したが正しくは8,000だったら

(借方)水道光熱費10,000/(貸方)未払金10,000
(借方)未払金10,000/(貸方)水道光熱費10,000
(借方)水道光熱費8,000/(貸方)未払金8,000

というようにしてもいいのでしょうか?(2003年度の経費をいじる形になってもいいのでしょうか?)

新しい会社にきてまだ2週間で、前の会社ではそのようなやり方をしていなかったのでちょっと疑問です。経理の経験もそれほどない為、ささいな質問なのかと思いますが、わからないので教えていただけないでしょうか?

投稿日時 - 2003-04-07 21:41:54

QNo.517242

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

月次決算の場合は、未確定の経費などは概算で計上しても問題はありません。
本決算においては、概算での計上は避けるべきですが、時間的な問題で、やむを得ない場合もあります。
そのような場合、法人税の申告時に別表四で、確定した金額との差額を調整していれば、税務上の問題は無くなりのす。

帳簿上は、翌期で未払金として計上したものを取り消して、正しい金額で支払時に経費として計上します。

投稿日時 - 2003-04-07 22:18:46

お礼

kyaezawaさん、いつもありがとうございます。
月次決算ではそうですよね。前の会社でもそうだったのでそれはOKだと思ったのですが、本決算までそうするのはまずいのでは?と思ったのですが、上司は結構強気だったので自信がなかったのです。
申告調整ですね。No.1の方へのお礼にも書いたのですが、経費だけでも仮計上になりそうな費用が結構あるのでその調整だけでも大変になりそうです。部署もたくさんありますし。

投稿日時 - 2003-04-08 00:11:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

本決算での、仮計上はおっしゃるとおりよくないと思います。(なんのための決算かわからないですから)
ただ、これは税務上のみで、申告調整をしているのであれば、税務上の問題はないと言えます。
今までの決算の申告書を見て確認してはいかがでしょう?
上司の方の真意がわかりませんが、とりあえず上層部への報告用に概算で作成する、と言う方針なのでしょうか?

投稿日時 - 2003-04-07 21:52:12

お礼

RayKnollさん、こんにちは。
早速の回答ありがとうございます。
申告調整ですか。わかりました。ただ、たくさん経費があるので仮計上で確定してしまった場合、その調整だけでも大変だと思うんですよね。
おっしゃるとおり、上層部の報告用で急いでいるらしいのですが。

投稿日時 - 2003-04-08 00:04:00

あなたにオススメの質問