こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

法学部 学部専門試験の参考書として・・

法学科なのですが、今 「伊藤真の試験対策講座」と「伊藤真の××法入門 講義再現版」のどちらがいいのか悩んでいます。近所で講義再現版のほうは見かけたことがなく、昨年は「民法総則の試験対策講座」を大学の教科書の勉強の補助として使いました。内容的にも十分で満足だったのですが・・・単位落としました(泣)内容的につっこんで勉強しすぎたのか自分の解答が正しくなかったのかは分かりませんが。そこでもしかして「学部専門試験なら××法入門 講義再現版のほうが役に立つのかなぁ・・」と思ったのですが、実際使われた方や、ご存知の方にご意見をお聞きしたく投稿したしました。

「伊藤真の試験対策講座」
「伊藤真の××法入門 講義再現版」
どちらが学部専門試験の勉強の補助に向いているでしょうか?主観的でも客観的でもかまいません。よろしくお願いいたします。

※今回 この両方で迷ったのは「講義再現版」のほうで大学の講義内容をカバーできるのか不安になったので質問しました。

投稿日時 - 2003-04-08 15:07:48

QNo.517756

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

両方の書籍を購入した者の感想です。
「伊藤真の××法入門 講義再現版」の方は法律知識の余りない入門者に向いていると思われる書籍です。
「伊藤真の試験対策講座」は初級者~中級者以上向けの書籍だと思われます。
講義再現版では、専門的な講義には、対応できないのではないかと思います。
「伊藤真の試験対策講座」の方が、書籍の価格が高いですが、内容の詳しくページ数も多いです。
こんな、感じでよかったですか?
良かったら、購入時に役立ててください。

投稿日時 - 2003-04-21 01:48:58

お礼

ご回答ありがとうございましたm(__)m
やはりそうですよね。何度か手にしてみて
そのようなものを感じました。
「試験対策講座」のほうにしたいと思います。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2003-04-21 05:42:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問