こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

プロ棋士の成績

プロ棋士(将棋)の通算成績についてお尋ねします。
趣味で各棋士の成績を追っているうちに、疑問がわきました。
以下の3点なのですが、詳しい方教えていただけると幸いです。

(1)瀬川四段がアマチュア時代にプロキラーとして名を馳せましたが、
瀬川四段がアマチュア時代にプロ棋士に勝った対局というのは瀬川
四段のいわゆる「通算勝利数」(日本将棋連盟で把握し、発表して
いる)に含まれるのでしょうか。

(2)朝日オープンや竜王戦など、プロアマ戦が一般的になってきま
したが、このプロアマ戦でのプロの勝利は通算勝利に含まれるので
しょうか。

(3)一般的にプロ棋士といったら四段以上だと思うのですが、公式戦
である新人王戦に三段で出場して勝利したとき、そしてのその後そ
の棋士が四段に昇段したとき、三段時に新人王戦で勝利した対局
は、通算勝利数に含まれるのでしょうか。相手が三段と四段のとき
の扱いが違う、というような決まりがあるのでしょうか。
 かつて「若駒戦」という棋戦がありましたが、この若駒戦も同じ
扱いでしょうか。

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-08-03 11:00:10

QNo.5177912

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

将棋連盟の公式記録の通算成績は、プロ棋士としての公式戦での記録ですので、
アマチュア、あるいは奨励会員の時の記録は含まれません。

一方で、プロ棋士の対奨励会員、あるいは対アマチュア戦の成績は、
公式戦(新人王戦も含む)であれば、記録に含まれます。
http://www.shogi.or.jp/kisen/record/tuusann.html

例えば、吉田正和四段は、
アマチュア時代に第24回朝日オープンで
対プロ棋士に3連勝して4回に戦に進んだ実績がありますが、
http://homepage3.nifty.com/kishi/2005/1273.html
公式記録の9勝7敗は、プロ棋士になった2008年以降の記録です。
http://homepage3.nifty.com/kishi/2008/1273.html
http://homepage3.nifty.com/kishi/2009/1273.html

また、澤田真吾四段の公式記録、3勝2敗には、
第3回朝日杯で早咲誠和アマに勝った記録も含まれています。
http://homepage3.nifty.com/kishi/2009/1274.html

蛇足:
もし、アマチュアや奨励会員が竜王戦の予選から勝ち上がって竜王位を獲得。
そしてそのままプロになり、4連続防衛(竜王位を連続5期)した場合。
プロとしての記録は4連覇ですが、永世竜王の資格は得られるのか?
これはよくわかりません。

投稿日時 - 2009-08-03 13:45:04

お礼

詳しいご回答ありがとうございました。

確かに竜王戦はアマチュアが竜王になる可能性がありますね!

投稿日時 - 2009-08-03 16:37:35

ANo.1

QES

対局結果が正式に記録として残るものを公式戦と呼びます。
これはタイトル戦(竜王戦、名人戦(順位戦)、棋聖戦、王将戦、王位戦、王座戦、棋王戦)と、
その他の棋戦(朝日杯将棋オープン戦、銀河戦、大和證券杯ネット将棋・最強戦、NHK杯テレビ将棋トーナメント、JT将棋日本シリーズ、新人王戦)です。

つまり(1)は公式戦ではないので該当しません。
(2)は公式戦ですので該当します。
(3)かつての若駒戦は奨励会有段者限定の非公式戦ですので該当しません。

投稿日時 - 2009-08-03 11:53:04

お礼

早速の回答ありがとうございました。

「若駒戦」は非公式戦だったのですね。知りませんでした。

投稿日時 - 2009-08-03 16:41:35

あなたにオススメの質問