こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

親の借金を肩代わり。その後どうしたら良いですか?

父が消費者金融3社からカードローンを繰り返している事が発覚しました。
・TVで有名な3社からカードローンで合計300万弱
・5~6年ぐらいまえからで支払いはしており滞納は無い
・他のローン・借金は無し。
・原因はギャンブルで全て父のみ 

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5177851.html
以前この内容で質問し、実際に私が一括で肩代わりいたしました。

A社は店頭で返済後、契約解除と「返済能力がない」から貸さないようにと同意書に記入。
これまでの履歴を貰えるように手配済み。
B・C社は無人ATMの店舗で返済後、電話で契約解除。契約書が届くの待ちです。
B・C社にもA社と同様な事をするつもりです。

次に同じことがあれば私にはどうする事もできないので自己破産してもらうしか無いのですし、私にも家族がいますのでこれ以上迷惑がかけれません。
二度と同じ事が無いようにしたいのが前提ですが、ギャンブルが原因ですのでもし次があった時の事も考え、自分達・母親・親戚に迷惑がかからないようにしておきたいのです。

今自分でやろうと考えていることは
誓約書の作成(借用書は作成済み)
個人信用情報開示(CIC・JICC・全銀協)
生活の見直し(車の売却・生活費用削減・無駄の削除等)
過払い金 返還請求
上記をふまえ弁護士無料相談所に行こうと思ってます。

良きアドバイスお願いします。

投稿日時 - 2009-08-06 11:14:16

QNo.5186051

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

53r

 あれほど皆が肩代わり返済をしてはいけないと助言したのに肩代わり返済をしてしまいましたか。

 まあ、やってしまったことは仕方がありません。今後のことです。

 まず、過払金返還請求。
父さんの名前で返済した場合は、専門家に依頼するのはお父様になります。必ず同行し、返ってきたお金は直接質問者様が受け取るようにしてください。お父様に渡るとまたギャンブルに使われるおそれがあります。
完済前の引き直し減額交渉よりも完済後の取り戻しの方が費用も時間も掛かります。言っても仕方がありませんが、どうして完済前に専門家に依頼しなかったのでしょう。
それに、残債がある状態の専門家の介入は信用情報に記載されますが、完済後の過払い請求では信用情報にも記載されません。残念です。

 本当は今回お父様のギャンブル癖と借金癖が直るまたとない機会だったのです。

ギャンブルで借金する方は、毎日10万円ずつ借りるというような借り入れ方をします。生活費に困って借金する方とは借り方が異なります。要するに短期間に高額の借金を作りすぐに行き詰まるのです。そうすると当然ひっきりなしに督促されます。そういう目にあってしかギャンブルも借金癖も直らないのです。人間とは弱い生き物ですから。

はっきり言いますね。そのチャンスを質問者様が奪ってしまったのです。

でも、お父様は懲りてないからもう一度繰り返すでしょう。

債権者にとっても300万円ものお金を一括返済できたお父様は優良な顧客です。どこだって貸したがります。

それに、隠していた借金がばれて問い詰められれば、たいていは、借金を少なく言います。ちょっとでも非難を免れたいという心情です。全て肩代わりしたつもりが残っていたというのは本当によくあることです。これもまた次の借金のきっかけになります。

だから、たぶん、お父様はもう一度同じことを繰り返すでしょう。言い換えれば、もう一度チャンスが来るということです。
その時は、絶対に肩代わりをしないでください。

それから、ギャンブルで借金を作った場合は破産はできません。正確に言うと免責が下りません。世の中はそんなに甘くありません。法律もそんなに非常識ではありません。
でも、個人再生という別の手続があります。こちらはギャンブルでも利用できます。

まあ、どんな手続にしろ、回りがお膳立てするのではなく、本人がその気になっての話です。

厳しいことを書きました。
質問者様が完済されたのは、お父様やお母様のことを思ってのことだと十分理解できます。

その優しいお気持ちがお父様に伝わってお父様が本当に反省されることを祈ります。

投稿日時 - 2009-08-07 13:12:50

補足

厳しい回答ありがとうございます
私も父がこれから変わってくれる事が一番だと思っています。

>チャンスを質問者様が奪ってしまった
>父は懲りてない
>もう一度同じことを繰り返す
完全にそうであるなら300万を私は出してませんし、こんな質問もいたしません。
父が反省し、変わってくれると思ったからこそです。
見捨てて父のみが苦労すれば家族は楽かもしれませんが、そうではなく、父を変えるためには家族の協力が必要ではないのでしょうか?
ですが、ギャンブル癖と借金癖という事が問題だという事は理解しています。

>絶対に肩代わりをしないでください
おっしゃる通り、私たちに次はありません。

専門家という事で是非とも、繰り返す前提での回答ではなく繰り返さないように良きアドバイスあればお願いします。

投稿日時 - 2009-08-10 23:45:11

ANo.3

前の質問にも書き込んでいた者です。

>A社は店頭で返済後、契約解除と「返済能力がない」から貸さないようにと同意書に記入。

こんな物に法的根拠はありません。
その日のうちにだって、再契約は出来ますし融資OKが出ますよ。
また、前にも書きましたが、一発で返してきた人の名簿というのが作成され、それがサラ金業界(大手中小問わず)に販売されます。
それらは売らない様にと言う規制は出来ませんし、すべてのサラ金業者と化さない様にと言う同意が結べるわけではありませんし、結んだ所で、即そんな約束を反故にする所が多いでしょう。

貸し出させない様にする為に支払い事故者リストに載せたほうがいいんですよ。

前の書き込みにコメントを書いている最中に締め切られたため、書いたものが無くなりましたが、
ギャンブルをやめられない人は、1日で10万円以上の儲けが出たことのある人です。
「50万借金したって、たった5日間ラッキーが来るだけで、そんな借金はすぐに返せる。」
そんな気持ちが抜けられないので、ギャンブルから抜けられないのです。
借金が膨らみ100万を超えると、今度は何とか返さなければということから更に「このラッキーがもう来ても良いはずだ!」と、更に借金を重ねて行くんですよ。

そう簡単に借金をさせないと言うのは難しいものと考えてください。
サラ金業者のほうからじゃんじゃん「借りて下さい」のDMが届くのですからね。

投稿日時 - 2009-08-06 21:10:41

補足

前回の回答及び今回の回答ありがとうございます。

前回及び今回の回答内容を両親にもしっかり伝えたいと思います。
他にもこんな事が起こるとかあれば身構えることが出来ますので教えていただけたらと思います。

>こんな物に法的根拠はありません。
同意書に大きな効果は期待しておらず、父が自分の前で記入する行為で少しは反省・後悔をしてもらいたく行いました。

>支払い事故者リストに載せたほうがいい
とは過払い金返還訴訟に当てはまるのでしょうか??
いわゆる「ブラックリスト」には載せたいと思ってます。

>そう簡単に借金をさせないと言うのは難しいものと考えてください。
自分でも色々と調べていますが、たしかに難しいと思います。
なにか良い知識あれば教えていただきたい。

投稿日時 - 2009-08-07 10:12:29

ANo.2

ご苦労お察しします。

「今後貸さないような登録」とか、あえて過払い金返還訴訟を起こして「ブラックリスト」に名前を載せるなどの方法もあるでしょうが、まともなところで借れないとなると、もっと底辺の悪質業者に走る恐れもあります。

結局、本人がその気にならない限りこの悲劇は繰り返される可能性大です。

そうなると、本人の借金癖は永遠に直らない、近い将来自己破産もある、という前提で準備しておく方がよいでしょう。
父親名義の資産はすべて他の家族名義に変更して、相続が発生しても借金はすべて相続放棄できるようにしておきましょう。
また、父親からどれだけ懇願されても、現金を渡したり、借金の保証人になったりは絶対しないことです。

投稿日時 - 2009-08-06 11:59:06

補足

回答ありがとうございます。

>近い将来自己破産もある、という前提で準備しておく方がよい
そう願いたくはありませんが、そうだと思います。
資産名義を確認してみます。
借金も遺産ですので、いざというとき相続放棄できるように考えておきます。

自分は大丈夫だと思いますが、母が一番心配です。
今回の件も以前から知ってて黙ってましたから…
母には「次は無い」と理解してもらうしか対策はないですかね?
借金の怖さを十分知る事も必要ですね。
他の親族には反省の意味を込めて父にキッチリ話をして理解してもらうようにしようと思ってます。(周りに迷惑かけないように)

繰り返す前提みたいで書き込みしている私がとても情けない。

投稿日時 - 2009-08-07 09:57:16

ANo.1

大変でしたね


私も嫁いで半年経つか経たないかで「義母の肩代わりに独身時代の預貯金」を使い切りました


病的にパチンコ、カラオケ、買い物と繰り返していた様です


貸金業協会に「二度と借り入れしない様に登録したい」とあえてお父様を登録する方法もあるかと思います(登録は有料、確か5年間)

貸金業者が信用照会すると「この方には貸付しないで」という登録が出ますので、信用照会している業者なら貸付しません


ただ信用照会しない業者も世の中ある訳で


お子さまに肩代わりで迷惑をかけたと「お父様が反省」しなければ繰り返してしまうのが多いです


自分が苦労せずに返済出来た(肩代わりしてもらえた)となると、返済は楽ととらえてしまうのか繰り返すんです


きちんとお父様に理解させるのが大切です


禁治産者とか準禁治産者登録はもうないんでしょうか?


自己破産を次お考えなら、「禁治産者、準禁治産者」を先に考えるのもあるかな?と(簡単な手続きでないかも知れませんが)


お父様には厳しいですが…お子さまの「肩代わりは今回だけにしたい、今後はギャンブルや借金をしないで」という思いがどれほど伝わっているかわかりませんし…


義両親で私も苦労したからこそ厳しいくらいがいいとかえって思います


義父は自営業だったのでかなりの負担が私たち夫婦にかかりました

あと1年で支払いから解放される予定です


身に覚えのない督促状が突然届いて(主人を代表登記されていたので)すっかり私の心臓は動悸し出したらとまらない体になってしまいました


借金は繰り返す方が多いです、しっかり対策なさって下さい

投稿日時 - 2009-08-06 11:32:44

補足

実経験に基づいた回答ありがとうございます。
以前なら理解出来なかった事ですが、いまならそのご苦労察します。

>貸金業協会に「二度と借り入れしない様に登録したい」とあえてお父様を登録
そういったのがあるんですね。 是非検討させてもらおうと思います。

>「禁治産者、準禁治産者」
現在は制限行為能力者と言うみたいですね。
今後の経済活動に影響と、制限行為能力者という事を隠してサラ金から借金をすると詐欺になり、支払い義務は免れますが確実に告訴されるみたいです。 弁護士に相談してから検討した方が良いという意見が多いみたいです。
こういった法律があるんですね。 知りませんでした。

いかに両親に理解させるか、悩んでいます。
こういった手続きを私と両親と一緒におこなっていく事で、少しは理解してくれるのではないかとは思っていますが…

投稿日時 - 2009-08-07 09:33:57

あなたにオススメの質問