こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

会社って貯金がすくないんですか?不況で潰れていますが

会社は、年間どれくらいの貯金ができるのでしょうか。
当然会社規模にもよりますが、例えば中小企業のような年商○億円や○○億円の会社は、一般家庭で言う貯金はどれくらいでしょうか。

今期はこれだけの売り上げが出たといいますが、それから使ったお金を差し引きますよね。で、余ったお金が貯金になりますよね。

会社って実はそんなに貯金がないのでしょうか?
今、不況で潰れていく中小企業がありますが、
たった数ヶ月間不況で潰れるなんて・・・と思っています。

だって、いくら今月、先月、先々月が赤字になっても、今までの蓄えがあるでしょ?
その貯金で、何とか景気が回復するまで持ちこたえて、景気が回復するまでなんとかしのぐ。
で、貯金が尽きてしまって潰れるならわかりますが、
不況が始まって3,4ヶ月で潰れると、
会社って実は貯金が殆どないの???と思ってしまいます。

年商何億円と言っているから、貯金もたくさんあるのではないかと思うのですが。勿論、出費も何千万か何億円かあると思います。
それでも、年間何千万円の貯金でも10年積み重ねれば
かなりの額になり、3,4ヶ月も持ちこたえれないことは無いと思いますが。

本当にお金が無いのでしょうか?
宜しくお願いします。

それを蓄えて、会社の設備投資や補修をしたりしていますが、


大手一流企業なら、年商○○○○億円などありますし、中小企業でも年商○○億円や○億円などありますが、その分

投稿日時 - 2009-08-08 13:46:42

QNo.5191368

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

極端な事を書けば、会社は翌日の支払資金さえ手当てが付けば、当日の現預金最終残高がゼロであっても潰れません。このための管理資料が『資金繰り表』とか『預金管理表』と呼ばれる任意形式の表です。
特に、受取手形を廻したり、割引したりする事で、支払を上手く遣っていくと、手持ち現金は多少必要でしょうが、預金残高は限りなくゼロにすることも可能です。
つまり、8月30日の現預金残高がゼロであり、8月31日に手形決済や振込み等で100万円の支出がハッキリしている場合、100万円の決済資金を調達すれば、不渡りにはならない。

> 不況が始まって3,4ヶ月で潰れると、
> 会社って実は貯金が殆どないの???と思ってしまいます。
赤字とは、売上の利益額<経費の発生 の状態のことであり、「経費の発生」と、その月の現預金による支払額は必ずしも一致しない(手形で支払う為)。
一方、倒産(不渡り)とは、上に書いた資金繰りが見込みどおりに行かず、支払手形や振り出した小切手の決済が一定期間中に2回おきたときに発生する。
では何故、見込み通りにならないのか?
端的な例で言えば、売掛金が予定通りに回収できない[金額が少ない、入金日が遅れた、手形の期日が伸びた]為である。
更に、手持ちの受取手形の振出人が倒産したら、その手形は只の紙屑め資産価値ゼロ。
昔から、現金取引が一番といわれているのはそのためです。

投稿日時 - 2009-08-11 15:54:12

お礼

ありがとうございました。
んー、なんか難しい話ですね。

投稿日時 - 2009-08-30 14:46:20

ANo.5

>会社って貯金がすくないんですか?不況で潰れていますが

倒産について
  赤字で倒産するのは理解しやすいのですが、会社は黒字でも倒産します。
     →お金を支払う事ができなくなると会社が倒産します。
   ※永久にお金を貸してくれる人(銀行、投資家)がある限り、
    資金が続きますから、巨額赤字でも潰れません。
      →JALのように半分国営のような会社は、何か理由を付け
       てお金を貸してくれるの人(国)があるので倒産しません。
       倒産は、貯金の多寡、売上の多寡ではありません。   

 <分かりやすくするため極端にしてあります>
 例 平成21年3月決算が
     売上高10億円
     当期純利益0.5億円     の黒字会社があったとします。
   この会社は3月の
     現預金が1億円
     銀行借入金が5億円     あったとします。
   平成21年4月~7月の1億円/月を販売して昨年と同じ利益率で営業利益が
   0.4億円の黒字とします。(原価率70%)
   ◯回収は月末締め4ヶ月後の末日回収、支払は月末締、翌月末日払であると
   支払:3億円×70%=2.1億は支払済(7月末時点→6月までの仕入れは支払済)
   回収:1億円×4ヶ月=4億円は8月以降入金(7月末迄は1円も回収できない)
   つまり、4億円売っても回収はゼロ、支払いは2.1億で、会社資金は▲2.1億円。
※粗利は+1.2億あるのですが、実際は▲2.1億お金が減っています。
    ※こんな時に、銀行へ追加融資を申し込みます。ここで断られると会社は
     倒産します。(銀行でなくても、誰かが出資してくれれば良いのですが)
     黒字でも上記ですから、赤字ならばもっと早い時期に資金が不足します。
     資金が不足したときに銀行がお金を貸してくれないと倒産するのです。
 
>年商○○○○億円などありますし、中小企業でも年商○○億円

よって、年商の大きさが銀行からの追加融資を断られる理由と直結しません
から、年商をもって倒産の可能性を知る事は不可能です。
(もっと、他の要素を調べる必要があります)
   黒字は損益計算書だけの事実です。プロの投資家でも損益計算書だけで
   会社状態は分かりません。

>会社は、年間どれくらいの貯金ができるのでしょうか。

質問者さんの考える”貯金”は、
 フリーキャッシュフロー
 http://www.ccsjp.com/manage/manage202-2.htm

    のニュアンに近いと思われます。

フリーキャッシュフローがプラスである。
 ならば、”貯金”が増えていると考えても良いと思われます。
   (現預金の額だけ想定しているならば、すぐに潰れる会社は沢山あります)

投稿日時 - 2009-08-10 11:13:28

お礼

ありがとうございました。
いろいろと難しそうですね。

投稿日時 - 2009-08-30 14:47:15

ANo.4

日銭商売のところは、売上金額のキャッシュがその日に入りますが、大抵の企業は掛取引なので、売上が建ってもまだ現金をもらっていません。手形取引だと決済が数ヵ月後ですから、いくら売上が多くとも現金が少ししかないのが現実です。

仕入先に支払う場合も、こちらも手形を切っているという状態ですから、銀行取引が停止にならないように、手形は何が何でも落とさないといけません。また、売上の大きいところは、設備投資も大きいし、従業員がたくさんいるので、出費は膨大です。給料支払いは待ったなしですから、現金がない会社は、銀行から融資を受けたりして、結局その返済も出てくるので、いつまでたっても貯金が少ないってことに。
仕事自体が少なくなっている現在、中小企業の社長さんは金策に走り回っていることでしょう。あるいは、大きな傷を残すより会社をたたんでしまった方がよいと考える方もいるかもしれません。

売上より、キャッシュフローが重要です。

投稿日時 - 2009-08-09 13:26:08

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-08-30 14:48:34

ANo.3

売上金の受取りをして、借入金とその利息を払い、人件費を支払ってという資金繰りを潜り抜けているという企業がほとんどです。

売上金の入金が手形決済で3ヵ月後で、それに伴う経費の支払は今月しなくてはならないとか、税金の支払など「入金予定と出金予定」がひしめいてるのが通常です。

銀行に預金はあるのだが、その預金の支払は予定済みであるので手をつけることはできない、そんな状況で、売上金額(入金)が先方の都合で遅れると、そのための資金は銀行などから借入れしないとなりません。
「あてにしてた入金が遅れた」状態が企業にとってどれだけ持ちこたえられるかの分岐点となるといえるわけです。

借入れできれば良いですが、借入れができないという場合には、取引もしてるし売上は出てるのだが、資金ショートしてしまうという状況になります。

黒字倒産という言葉がありますが、まさしく儲かってるのだが倒産してしまうという事もありえる訳です。

羊羹を切ると断面が出るように、企業には「これだけ預金があります」という数字が出ます。
しかし、その金額は瞬間風速的にある金額であって、水の流れのように動いてるのが現実です。

毎期の利益を蓄えてある企業なら、資金ショートしても余裕がありますが、現在の日本では「そんなもの、数字上上がってるだけで、体力などない」企業が多いです。

ここでいう体力とは「預金」です。

投稿日時 - 2009-08-08 20:00:48

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-10-04 16:30:30

ANo.2

>>会社って実はそんなに貯金がないのでしょうか?

大手企業は、貯金があるでしょうし、従業員も多いので、社会的責任もあるとして銀行が資金を貸してくれたり、赤字になっても、NECのように増資したりして、なんとかなります。でも、中小企業は自転車操業ってこともあり、さらに銀行もお金を貸してくれないので、倒産するようです。

推測ですが、会社が、貯金を沢山できるってことは、黒字決算になるってことです。でも、黒字になると法人税など、税金を沢山払うことになります。それが嫌なので、不要な設備投資や備品を買ったりして、赤字に意図的にするため、十分な貯金が増えないのではないか?なんて思っています。もちろん、大手の下請けイジメのため、どう頑張っても黒字にならない中小企業も多いと思えます。

投稿日時 - 2009-08-08 14:07:33

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-10-04 16:31:06

ANo.1

大抵は銀行とかからの借入金があるのが普通です。
で、やばくなると銀行が資金を引き揚げてしまうのであっという間に資金繰りに困って潰れます。
本当はもっといろいろ難しいんだけど。

投稿日時 - 2009-08-08 14:02:30

お礼

ありがとうございました。

>本当はもっといろいろ難しいんだけど。
会計の知識とかいるんでしょうか。

投稿日時 - 2009-08-08 15:44:43

あなたにオススメの質問