こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中和滴定

CH3COOH+C2H5OH→CH3COOC2H5+H2O
        ←

早速見にくいくてすみません。

この可逆反応で混合物中の酢酸を中和滴定で
求めることが出来ると書かれてる本があります。

C2H5OH,CH3COOC2H5,H2Oは中性だと私は思ったので
混合物中の酸はCH3COOHだけだから
その濃度を求めれば中和滴定可能と思いました。

ですが、下の欄に
逆反応が生反応に比べて遅く無視できるので
中和滴定可能であると書かれてあり、その意味が
よく解らないです。

別に可逆反応の正反応、逆反応がどちらも早い反応でも
中和滴定可能だと私は思うのですが
違うのでしょうか?

投稿日時 - 2009-08-18 02:10:44

QNo.5215837

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

中和滴定すると酢酸が中和され、平衡を保とうと逆反応側へ促進されますが、その速度が遅いので可能ということです。
反応速度が早いとどんどん酢酸エチルから酢酸が生成されて、平衡状態の酢酸濃度は測れなくなってしまいます。

投稿日時 - 2009-08-18 06:49:59

お礼

解りました!!
ありがとうございます♪

投稿日時 - 2009-08-18 17:53:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)