こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

難しい…合計残高試算表、損益計算表、貸借対照表

簿記の資格を取らなくてはいけなくなり
勉強を始めましたがなかなか理解できません。
回答を渡されていない為、解説を読んで解いていくこともできずに
簿記に苦しみ、悩んでいます。。
この問題を提出するのは明日なんですが現在も格闘中です。
この問題が解ける方、いましたら私に回答をお願いしたします…!

<1>()内に入る金額を答えよ。

  借方       勘定科目     貸方
残高  合計             合計  残高
---+--------------------
500     (1)    現金     400
6000    11000   当座預金   (7)
(2)     9000   売掛金    4000
1500    1500   繰越商品
204500  204500   建物
50000   50000   備品
      3000   買掛金     (8)    (9)
           資本金     210000   210000
      (3)    売上     124300    123300
           受取利息     (10)     300
68000   68000   仕入
(4)    (5)    旅費交通費
---------------------------------------------------------
(6)   350000            350000  336600



<2>次の●●商店の当期末の決算整理前残高試算表(A)と
決算整理事項(B)にもとづいて、損益計算書および貸借対照表を作成しなさい。
なお会計期間は1年である。

(A)残高試算表

借方残高    勘定科目     貸方残高
230000     現金
800000     売掛金
150000     繰越商品
500000     備品
        買掛金 360000
        貸倒引当金 10000
        減価償却累計額 90000
        資本金 1000000
        売上 1500000
        受取利息 40000
1050000     仕入
150000      給料
80000     支払家賃 
40000      雑費
---------------------------------------------------------
3000000             3000000


(B)決算整理事項
1:売掛金に対して実積法により2%貸倒れを見積もる。
2:期末商品棚卸額は200000である。
3:備品に対して、定額法により減価償却を行う。
   ただし、残存価額は取得原価の10%、耐用年数は5年である。

投稿日時 - 2009-08-20 22:23:24

QNo.5223614

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

現在、公認会計士を目指すものです。

おはようございます。^^よろしくお願いいたします。
解答を下記に示しておきましたので、参照してみてください。

後、一つきになったのが、簿記自体が苦手であると推測されます。
http://book.o-hara.ac.jp/ooharabook/9.3/32933/-/mother_catalog_num.32923/にあるテキストを購入して、反復する事をお勧めします。(簿記は最初が肝心なのでのせておきました。^^)

簿記の資格を取らなくてはいけなくなり
勉強を始めましたがなかなか理解できません。
回答を渡されていない為、解説を読んで解いていくこともできずに
簿記に苦しみ、悩んでいます。。
この問題を提出するのは明日なんですが現在も格闘中です。
この問題が解ける方、いましたら私に回答をお願いしたします…!

<1>()内に入る金額を答えよ。

  借方       勘定科目     貸方
残高  合計             合計  残高
---+--------------------
500     (1)    現金     400
6000    11000   当座預金   (7)
(2)     9000   売掛金    4000
1500    1500   繰越商品
204500  204500   建物
50000   50000   備品
      3000   買掛金     (8)    (9)
           資本金     210000   210000
      (3)    売上     124300    123300
           受取利息     (10)     300
68000   68000   仕入
(4)    (5)    旅費交通費
---------------------------------------------------------
(6)   350000            350000  336600


《通常の解答編》
合計試算表→期中(例:5月20だったら5月1日~5月20日までを貸方、借方に集計)
残高試算表→期中(例:5月20日だったら5月1日~5月20日までを借方、貸方に集計する。
         次に(ここが重要)集計した借方、貸方を引き算する。(計算を(1)借方ー貸方とした方が分かりやすい)
         (1)を引き算した結果が+なら、引き算した結果を借方、-なら引き算した結果を貸方に記帳。

《今回の解答編》
残高、合計共に、貸借共に一致させる問題であると推測されます。(かなりマニアックな問題だと思います。)
それを踏まえて解答していきます。(ちなみに、検定試験では下記の問題はあまり見た事がないです。)

  借方       勘定科目     貸方
残高  合計             合計  残高
---+--------------------
500     900    現金     400
6000    11000   当座預金   5000
5000     9000   売掛金    4000
1500    1500   繰越商品
204500  204500   建物
50000   50000   備品
      3000   買掛金     6000    3000
           資本金     210000   210000
      1000    売上     124300    123300
           受取利息      300     300
68000   68000   仕入
1100    1100    旅費交通費
---------------------------------------------------------
336600   350000            350000  336600


==========================================
<2>次の●●商店の当期末の決算整理前残高試算表(A)と
決算整理事項(B)にもとづいて、損益計算書および貸借対照表を作成しなさい。
なお会計期間は1年である。

(A)残高試算表

借方残高    勘定科目     貸方残高
230000     現金
800000     売掛金
150000     繰越商品
500000     備品
        買掛金 360000
        貸倒引当金 10000
        減価償却累計額 90000
        資本金 1000000
        売上 1500000
        受取利息 40000
1050000     仕入
150000      給料
80000     支払家賃 
40000      雑費
---------------------------------------------------------
3000000             3000000


(B)決算整理事項
1:売掛金に対して実積法により2%貸倒れを見積もる。
2:期末商品棚卸額は200000である。
3:備品に対して、定額法により減価償却を行う。
   ただし、残存価額は取得原価の10%、耐用年数は5年である。

【解答】1:売掛金に対して実積法により2%貸倒れを見積もる。

<手順1>
次期に貸倒れがおきる事を想定して、当期末に貸倒れを見積っていく問題です。
なお、貸倒引当金の計算方法は差額補充法による実績法と洗替法があるが、
問題文から、今回は差額補充法による実績法を使って求めていきます。

<手順2>
売掛金に対しての貸倒れ→800000*2%=16000
しかし、決算整理前の貸倒引当金残高は10000なので、実績法により差し引く
→16000-10000=6000

(貸倒引当金繰入)6000 (貸倒引当金)6000


【解答】2:期末商品棚卸額は200000である。

<手順1>売上原価の算定
(仕入)150000  (繰越商品)150000
(繰越商品)200000 (仕入)200000


【解答】3:備品に対して、定額法により減価償却を行う。
   ただし、残存価額は取得原価の10%、耐用年数は5年である。
<手順1>減価償却による定額法
※定額法とは取得原価を残存価格で差し引き、耐用年数で割る方法です。
減価償却費=(取得原価ー残存価格)÷耐用年数

<手順2>計算
(500000ー500000*10%)÷5年=90000

(減価償却費)90000 (減価償却累計額)90000

==================================

引続きがんばってくださいね。応援しています。^^

投稿日時 - 2009-08-21 12:53:58

あなたにオススメの質問