こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

選挙制度

 現時点で最善の選挙制度は、どれだと思いますか?
小選挙区制?・小選挙区比例代表並立制?・小選挙区比例代表併用制?
中選挙区?

投稿日時 - 2009-08-21 19:09:33

QNo.5225811

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

質問者さまの選択肢の中に最善の選挙制度はないと思います。
新しい選挙制度改革案を自分で考案するのがいいとおもいます。

投稿日時 - 2009-11-29 21:58:45

ANo.7

衆議院・参議院とも「大選挙区制・比例代表併用制」


理由

(1)一票の格差問題を放置している先進国は日本だけだから
 大選挙区制度は一票の格差が生まれない。一票の格差の違憲判断を無視している現状を変えるには、大選挙区しかない。
 一票の格差が1.7倍でも諸外国では問題になるのに、日本では衆議院2倍・参議院5倍でも平然としているのは、異常。
 もっと異常なのは、違憲判断を無視している選挙制度
・・・・・・・・・・・・・・
(2)金がかからない選挙といいながら小選挙区制度も金権選挙だから

 政治改革の潮流で行われた小選挙区制度の結果出来た政党助成法・政治資金規正法とも違憲性があるだけではなく、制度として機能不全で汚職が減らない。結局は、政治改革関連法案は企業献金を禁止する方策だったのに、今になっても禁止しない約束違反。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(3)小選挙区制度によって二大政党制に近い状況になりながらも、現実には弟三政党(公明党)などの政治影響力が大きくなっているから

 すでに小選挙区制度が二大政党制になるという理屈は崩壊しているから。
 小選挙区・中選挙区とも支持できるような立候補者の投票できないケースが多いから・・・大選挙区制度にして支持できる候補者の幅を広げるべき

 諸外国のように政党が、単なる選挙互助会ではない政治思想団体であるならば、比例代表制の正当性はあるが、
 日本の政党は単なる選挙互助会(議員立法の少なさ・党議拘束が日本の政党の恥部)でしかない。そんな日本の政党政治を妥当だと思っている有権者の感覚が異常。 

投稿日時 - 2009-08-22 11:17:15

お礼

よくわかりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-08-22 18:53:38

ANo.6

そもそも“代議員制度”、国会議員とは何のためにあるのでしょう?
国民が一堂に会して議論できないので自分の意見を代弁してもらうために代議員、国会議員がいるのです。したがって議員構成・その選び方は意見を同じにする人の代表・政党が忠実に反映されることが最も民意を反映した制度といえます。
この限りでは質問者さんはあげていませんが“比例代表制度”がベストです。
次いで(大選挙区制)、中選挙区制、小選挙区比例代表併用制、小選挙区比例代表並立制、小選挙区制の順です。
小選挙区制は理論的には51%、候補者数によってはそれ以下の得票率(30~40%)で全議席を占める可能性があり、49%(場合によっては60%近く)の民意は全く反映されないという最悪の選挙制度といえます。
金がかかり過ぎるとか、派閥が解消できないとか、同志討ちが起こるとか中選挙区制が現在の制度になったのは全く民意とは関係なしに一政党の思惑でで変えられてしまいました。
 最大の理由は中選挙区制では当時の与党の政権維持が難しくなったからです。
しかしながらその選挙制度で政権交代が起こりそうになっているのは皮肉なことです。

投稿日時 - 2009-08-21 22:32:19

ANo.5

私の考えでは、

衆議院=完全比例代表制
参議院=大選挙区制

とすべきと考えます。

衆議院は、「政権を作る院」です。首相指名は最終的に衆議院が優先するからです。それだからこそ少数意見も含めた民意を完全に反映する制度が望ましいと考えます。

逆に参議院は、かつて「良識の府」と言われたように、多種多様な考えを持つ人たちが所属党派の壁を越えて集い、長期的視野で物事を考えながら政策を作り、提言していく場所として機能させるべきです。そのためには、多少個性的な人物も入れるような場所にする必要があります。大選挙区制は、1選挙区あたり10人程度が当選するような選挙制度のことですが、こうすることで、下位でしか当選できないような個性的な人物も参入できるようになります。

私は、参議院にはいろいろな人がいてもいいと思います。ドクター・中松や又吉イエス、羽柴誠三秀吉などの人がいても良いと思うのですが…

投稿日時 - 2009-08-21 22:13:41

ANo.4

amakusa46さんがご提示された選挙制度ではいずれも死票が生じること、特に小選挙区制では2~3割の得票で6割7割の議席が独占できることを考えると「最善」というのは存在しないと考えざるを得ません。

 完全比例代表制というのは選択肢に入らないのでしょうか?あるいは全国1区あるいはブロック単位の大選挙区制などは死票が非常に少ないですがね?

投稿日時 - 2009-08-21 22:04:00

ANo.3

世界的には比例区選挙が一般的です。
つまり政党政治の場合は政党を選択する理由です。
選挙区を選択している国はほんの数カ国です。

投稿日時 - 2009-08-21 20:08:36

ANo.2

ん~。
長年の中選挙区制で、金権政治だ、派閥抗争だ、と散々な目にあったので
政権交代の可能な選挙制度として小選挙区が導入されたので、今更中選挙区制には戻るのは・・・・

いま、参議院も衆議院も同じような制度になってしまい違いがないのがつまらない。
いっそ参議院を米国の上院の様に、各州(各都道府県)から何人という制度にしてしまう。
一方の衆議院の方は、比例代表を無くすか、並立じゃなくて併用制にする、加えて任期を4年から2年ぐらいに短縮。
こうすれば、衆議院は寄り直近の民意がダイレクトに反映する一方、少数党への配慮や有権者の多寡に依存しない参議院が衆議院のブレーキ役となる効果が期待できないかと。
ま、アメリカ型の制度になってしまうので、議院内閣制との整合性がとれるか?という課題はあるだろうが・・・

首相公選制などよりよっぽどマシと思う。

投稿日時 - 2009-08-21 19:24:10

ANo.1

衆議院・・・2~6名中選挙区(個人)
参議院・・・全国区(政党比例代表)、地方区(全都道府県格各二名ずつ個人)

昔の方が良かった気が(^^♪
zzzzzzzzzzzzzzzzzzz

投稿日時 - 2009-08-21 19:14:18

あなたにオススメの質問