こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

会社名義の車に乗っていましたが・・・

2008年12月。車の購入を計画し、トヨタアルファードに決めましたが
当方の、名義では、過去に組んでいた自動車ローンの遅れの履歴があったため(アルファード購入時点では完済済み)後、3年ほどしなければローンは厳しいとの車屋さんの回答。
会社に相談したところ、会社名義でローンを通して頂き、給料からの天引きと言うことで寛大な配慮をしていただき購入することができました。ここまでは、なんら問題ないのですが、2009年6月、自主退社をすることになりその際、「退社はするがきちんと払ってくれていれば、会社名義であってももちろん自分の車としてどうぞ」アバウトな状態ではあったが、円満退社で昔からの知り合いと言うこともあり、ありがたい配慮をして頂きそのまま自分の車として乗っていたのです。
しかし、その会社の役員の方と、とある事が原因で大きくもめてしまいました。
その結果、車没収、ローンはお前が払え逃げたら困るので念書を書け!と言うありさま。
不仲になる原因は当方に100%あります。それ自体は頭を下げお詫びもしました。(許してはもらえず)
車の件に関しては、けじめとしてローンは払え。と言う状態です。
当方は、もう車はいらないです。乗ってもいない車のローンをやはり最後まで支払わなければいけないのでしょうか。
原因は当方にあるので仕方ないことなのでしょうか?
ちなみに、没収されるまでの間、車税、ローンの支払い、ガソリン代、小さな修理etc・・・会社に1円もお世話にはなっていません。

ローンの支払いは回避できますでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-08-23 16:00:45

QNo.5230278

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

車の名義が会社なので、車は会社が占有したのですよね。

使用する事ができなくなった車のローン残債を貴方が支払うことが、なぜ「けじめをつける」事になるのか不思議です。

仮に退社後に会社に損害を与えたとします。
その損害を支払う代わりに車のローンだけは払えということなら、債権債務関係の取り違えがされてるように感じます。
損害は損害として払う、ローンの支払は会社で、、というのが筋ではないでしょうか。

「それはそれ、これはこれ」と分けるべきではないでしょうか。

私ならですが、、
支払わないでおいて、請求されても無視。
ワイワイ言ってきたら「裁判所から支払命令が出たら支払う」と主張する。
そうした場合に、債務名義を取るのに苦労するのは会社でしょう。

投稿日時 - 2009-08-24 00:14:02

車を売った金は、支払いに回さねばならないと思いますが、制裁金というのは、何か別なことで、会社に金銭的な損害を与えたのでしょうか?他に賠償する必要が無いのなら、そのような勝手な制裁金は許されないと思います。

投稿日時 - 2009-08-23 17:26:04

補足

結果としては、会社にとって金銭的な損害はないかと思います。
損害はないが、やってしまった行為に対して立腹しているようです。
単純に、相手方の感情の問題が大きく含まれると思います。言葉は少々乱暴な例えになりますが「裏切りやがって」的な感情ですね。

投稿日時 - 2009-08-23 17:31:04

ANo.2

会社名義の車で、ローンの名義も会社なんでしょ?
「車は返します。お世話になりました。」で終わりです。

会社があなたにローンの残債を請求する根拠はありません。

投稿日時 - 2009-08-23 16:46:34

補足

アドバイスありがとう御座います。
その通りです。ローンも会社名義です。
ですので、私が、その会社に現金をお持ちするかたちです。

投稿日時 - 2009-08-23 16:56:00

ANo.1

出来ませんよ。

車が没収されているということですので、車を処分して頂き残りのローンを精算するしかありません、それでも精算出来ない場合は、残金を現金で支払うべきです。

他に選択肢は無いのでは?
ちなみに、会社で許可してくださった方は相談に乗って頂けないですか?
無理な場合は、上記の対処がベストではないでしょうか。

ただでも迷惑を掛けて許して頂けない状況なんですから。誠意を示すしかないと思います。

投稿日時 - 2009-08-23 16:32:36

補足

早速の回答ありがとうございます。
会社の方では処分(誰かにそのまま売るとの事名義等はそのままで、俗に言う闇的な状態でです)そこで得た現金は、ローンに当てず、私の制裁金的な扱いにするそうです。

許可して下さった方が、トラブルの当事者になります。
結局のところ、その会社にとって実害的なものはなかったのですが。
こちらも非があるので実害がないように直ぐに対処しました。

投稿日時 - 2009-08-23 16:42:47

あなたにオススメの質問