こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

何故ここにhad?(完了形?):He has not had much experience.

こんにちは、いつもお世話になります。

ちょっとスランプ気味です。

徹底例解ロイヤル英文法で、英語の勉強をしていたら、下記の例文に出会いました。

~~~~~上記の本より引用~~~~~~~~~~~~~~
He has not had much experience.(彼はあまり経験がない)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは、抽象名詞には量を表すmuch等がつくという説明の後に出てきた例文なんですが、、

問題は、muchではなくて、hadです。

一見した所、現在完了形のようですが、日本語訳は、どうも完了形ぽくありません。

これは、現在完了形の「経験」の用法で、「彼は、いままで沢山の経験を持ったことがない。」をこなれた文にしたところ、

~~~上記本より引用~~~~
(彼はあまり経験がない)
~~~~~~~~~~~~~~

に、なったのでしょうか?

それとも、have gotが、完了形の形をとるものの単に、have(~を所有する)の意味で使われるようにhave hadも、have(所有する)の意味で使われる事があるのでしょうか?

スランプなのか、こんな簡単な事が分かりません。

教えてください、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2009-08-24 19:11:23

QNo.5233445

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> He has not had much experience.

 この「現在完了形」の英文は簡単そうに見えて実はなかなか訳しづらい英文です。しかし、決して「完了」の用法を表しているわけでないことだけは確かなことです。

 お尋ねの英文で用いられている「現在完了形」の正確な用法(意味)を考えるためには、まず一般動詞の「had(=have)」が「動作」を表すのか「状態」を表すのかを判断してみると良いでしょう。

 もし「had(=have)」が「状態」を表す動詞であれば、「完了」という選択肢が消えることになります。「状態」を表す動詞が用いられた英文は、たとえば、下の英文から分かるように「完了」の意味を持つことはないからです。

(1) She has been kind to me.
(2) I have known her.
(3) I have belonged to the soccer team.

 お尋ねの英文の「had(=have)」が「動作」を表すのか「状態」を表すのかを考えるためには「experience」という名詞との関係を知る必要があります。

「experience」には2つの意味があります。ひとつは「具体的な体験」、二つ目は「その体験によって得られた知識や技能」です。

 英々辞典では、前者を「something that happens to you or something you do」と説明して「countable(可算)」と、後者を「knowledge or skill that you gain from doing a job or activity, or the process of doing this」と説明して「uncountable(不可算)」としています。

 すなわち、簡単に言えば「have a experience/exeriences」とすれば「具体的な経験(体験)をする」という「動作」を表し、「have (no/some/much) experience」とすれば「経験(知識・技能)がある」という「状態」を表す表現になります。

(4) I had a similar experience last year.(動作)
(5) I had some experience in fashion design.(状態)

 お尋ねの英文では「much experience」という「数えられない名詞」として使われていますので、その前の「had」は「動作」ではなく「状態」を表す一般動詞だと考えられます。

 「He doesn't have much experience.」とすれば「彼には経験(知識・技能)がない。」という意味になり、「He didn't have much experience.」とすれば「彼には経験(知識・技能)がなかった。」という意味になります。(決して「経験しない」とか「経験した」という「動作」を表すわけではありません。)

 したがって、現在完了形の「He has not had much experience.」という英文は、「過去」から「現在」までを通して「彼にはあまり経験(知識・技能)がない。」という「状態の継続」を表す意味になります。

 日本語訳だけを見たら、単なる「現在」を表す「He doesn't have much knowledge.」という英文と同じように感じられますが、「現在」の英文が「今だけ」を表すのに対し、「現在完了形」の方は「今だけではなく、過去も含めて」、もっと具体的に言えば「過去にはそのような知識や技能を持っていたかもしれないが今は忘れてしまった」という可能性さえも否定してしまうような表現になります。

(6) He doesn't have a car.(過去に持っていた可能性はある。)
(7) He has not had a car.(過去に持っていた可能性もない。)

 なお、(7)の英文は「継続」だと理解するのが普通ですが、「経験」だと理解できる場合もあるでしょう。ただし、決して「完了」ではありません。お尋ねの英文も「継続(または経験)」で理解して良いと思います。

 最後に、もう一度日本語訳についての確認をしておきます。前述したように、「have much experience」は「状態」を表すと考えられます。

 したがって、お尋ねの英文は「彼はあまり経験(体験)をしてこなかった。」という「動作」の訳ではなくて、「ロイヤル英文法」のような「彼にはあまり経験(知識や技能)がない。」か、または「彼にはこれまであまり経験(知識や技能)がなかった。」という「状態」を前面に出した訳が良いということになります。

 ご参考になれば・・・。



 

投稿日時 - 2009-08-25 06:40:14

補足

締め切る寸前に、、書き忘れていた御礼、、、。

御回答を拝読してから、不加算の「経験」について、小1時間は考えてしまいました。

本当にややっこしーです。

英語には毎日接して、、数年なんですが、加算、不加算、について考えると未だに頭がグルグルと、、、。

本当に御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-08-25 12:15:43

お礼

大達人、お久しぶりです、御回答ありがとうございます。

「半身」での質問以来ですね。 Sarah Watersの作品は、慣れてきたせいか最近は辞書すらも使わずに、The Night Watchという小説を読んでいます。かなり、英語が上達したと思っていたのですが、、、、、

こんな、簡単な事が分からずに質問してしまいました、、、。

御回答を拝読して、experienceの不加算とした場合の訳し方について、大変感銘を受けました。

また、現在形にした場合、haven'tじゃなくて、doesn't haveでしたね(これも、僕の基本レベルの間違いでした)。御指摘ありがとうございます。

「He doesn't have much experience.」と、「He has not had much experience.」の違いがやっと分かりました。

それまでは、日本語では特にそうなんですが、「彼はあまり経験がない」も、「彼にはこれまであまり経験がなかった。」も一緒に聞こえてしまうので、わざわざ現在完了形にする必要があるのか分かりませんでした。

御回答を拝読して英語圏の人の考え方というのを感じたような気もしました。

改めて、御回答に御礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-25 11:54:02

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

1. He has not had much experience.
2. He has not much experience.
の違いですね。
2 は単純にあまり経験がないと言っています。1 はこれまで経験を積む機会があまりなかったと聞こえます。

私の独断的解釈ですが、過去の経歴などはおかまいなしに頭ごなしに否定するか、経験の機会が少なかった(これからでも経験を積めばよい)と言うか、みたいな微妙な差を感じますね。ロイヤル英文法はニュアンスの差などは構わず訳しているようですが。

投稿日時 - 2009-08-25 12:17:55

お礼

達人、御回答ありがとうございます。

>He has not much experience.

僕も間違えてしまったのですが、正しくは、He doesn't have much experience.です。

一般動詞のhaveは、don't haveでした。

完了形に使うときのhaveは、haven'tなので、紛らわしいですね。達人の場合は、単なる『Typo』だと思いますが。

>ロイヤル英文法はニュアンスの差などは構わず訳しているようですが。

そうなんです、学習書にしてはちょっと珍しい訳ですね。

>微妙な差を感じますね。

そうなんです、微妙に違う筈なんです。

>過去の経歴などはおかまいなしに頭ごなしに否定するか、経験の機会が少なかった(これからでも経験を積めばよい)

そういう解釈もありますね! なるほど!

改めて、御回答に御礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-25 12:36:23

experience という名詞の「経験」と,現在完了の経験でごっちゃになってわかりにくいことと思います。

まず,have experience は,通常の「所有している」というより,「感情などを抱く」の部類で,これで「経験する」という意味合いになります。

そして,already なら完了とか,before なら経験というようなキーワードがないと,とたんに意味がわからなくなるのではないかと思います。

このようなキーワードを含めて,完了・経験・継続という区別も大切ですが,それを超越して現在完了の意味するところを理解することも必要になってきます。

たとえば
Have you seen the movie?
だと,今公開中の映画なら,
「もう見た?」という完了になるし,
昔の映画なら
「見たことある?」
となるような感じで,
「その映画見た?」
という現在完了なのです。

一つ覚えておくといいのはキーワードがないときに
「~してきた」という訳し方をすることが多いということです。

過去から現在にかけての断続的な継続とも,経験とも言えそうですが,あえて区分すると完了になります。

今回の文では,過去から現在にかけて,
「あまり多くの経験をしてきていない」

投稿日時 - 2009-08-24 19:33:38

補足

締め切る前に、御礼の追加です。

No3様の御回答を拝読して、日本語のややっこしさに気が付きました。

正直なところ、不加算のexperienceの訳し方で、どちらの大達人が正しいのか確実な事は良く分かりません。

そもそも、不加算と加算のexperienceの違いを上手く表現しつつ訳す事など、、、今の僕には、、、、。

今回はスランプ気味で、こんな基本事項で、大達人を煩わせてしまって、申し訳ありません。

本当に御回答ありがとうございました。、

投稿日時 - 2009-08-25 12:41:47

お礼

大達人、御回答ありがとうございます。

>experience という名詞の「経験」と,現在完了の経験でごっちゃになってわかりにくいことと思います。

いや、今回一番悩んだのは、日本語訳が、どうしても現在完了形に見えなかった事です。

こういった事は、洋書の原本と翻訳本を見比べた時には良くある事なんですが、学習書では、意味を重視した日本語訳が普通書いてありますので。

参考書の日本語訳、(彼はあまり経験がない)では、he hasn't much experience.と書いた場合の訳の様にに感じました。

>今回の文では,過去から現在にかけて,
>「あまり多くの経験をしてきていない」

大達人のような訳だったら、僕にも普通に「現在完了形だな!」と分かったのですが、、、。

改めて、御回答に御礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-24 19:52:39

ANo.1

仰るように、現在完了の経験用法の解釈で良いと思われます。

ちなみに、否定文でmuchを使う場合は「余り」と訳すのが一般的です。

have experience は「経験する」と考えた方がわかりやすいかもしれませんね。

直訳すると「彼はあまり経験したことが無い」というところでしょう。
「彼はあまり経験がない」という訳とそう大差は無いはずですが。

投稿日時 - 2009-08-24 19:24:45

お礼

御回答ありがとうございます。

なるほど、やっぱり現在完了の経験用法を「こなれた文」にしただけだったんですか。

小説の翻訳ならともかく、参考書ならもうちっと分かりやすい日本語にして欲しかったと思いました。

>have experience は「経験する」と考えた方がわかりやすいかもしれませんね。

確かに質問文では、haveを「所有する」と書いたのは、ちょっと不適切でした。この文のhaveは「経験する」ですからね。

>直訳すると「彼はあまり経験したことが無い」というところでしょう。
>「彼はあまり経験がない」という訳とそう大差は無いはずですが。

別に小説の翻訳ならこれで良いのです、、、。 ただ、、、、。

改めて、御回答に御礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-24 19:37:04

あなたにオススメの質問