こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アセトンによる再結晶

アセトンを使って粗結晶を再結晶する方法を教えてください

投稿日時 - 2009-08-27 12:49:40

QNo.5240730

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

少々補足を。
 アセトンの毒性は馬鹿にできないのでフラスコ上部にジムロートなどの冷却器をつけてアセトンの揮散をしっかり防ぐこと(引火の危険性も低減できる)。水ならいらないですけど。
 それから、アセトンは吸湿しやすいので冷却時はジムロート上部に乾燥剤を詰めた塩カル管をつける。

投稿日時 - 2009-08-27 23:10:00

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

#1のお答え通りですが、注意点は、
1.アセトンの沸点が低いので温度差による析出量が稼げない。
2.アセトンは有機化合物なら何でも良く溶かすので、母液に大量の目的物が残される。
3.無機合成で良く使われる手ですがアセトン溶液に少量のn-ヘキサンを加えて結晶を落とす場合、得られる結晶によっては純度が低かったり、ベタベタになる(特に水分が含まれていたりする場合)。
4.アセトンは引火性なので、当たり前だが慎重に取り扱うこと。

投稿日時 - 2009-08-27 21:12:42

水でミョウバンの再結晶をするのと同じことです。
アセトンの沸点が低いことを除けばね。

投稿日時 - 2009-08-27 13:09:43

あなたにオススメの質問