こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

私の場合でも自己破産は出来ますか?

自己破産を考えているのですが、私の場合でも自己破産をし、免責がおりる可能性はありますか?
借金総額は600万円(消費者金融400万円、クレジットカード200万円)です。
借金をした理由は、生活費が主な理由です。
今から3年前に夫と同棲を始めたのですが、同時に旦那が無職になってしまい、3年間の間私が夫を養っていました。
現在は妊娠中で会社を退職した為に無職ですが、会社員として働いていた頃の私の手取り収入は月11万円ほどでした。
ようやく夫の就職先が決まり働き出したのですが、それで私の借金を返済しても毎月赤字で自転車操業状態です。ちなみに夫の手取りは月20万円です。
子供ももうすぐ産まれるので、自己破産をして反省し、人生をやり直したいのです。

弁護士費用もないので、出来れば自分で申し立てしたいと思っていますが、このような私の場合でも免責がおりる可能性はありますか?
また、自分で裁判所に申し立てをして免責がおりなかった場合は、再度、
弁護士に依頼すれば免責がおりるということはあるのでしょうか?

詳しい方や経験者の方、知恵をお貸しください。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2009-08-29 22:36:13

QNo.5247332

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ポイントだけ書きます。

免責が下りる可能性は非常におおきい、その点はあまり心配ありません。
但し、自ら申立てるならば”管財事件”になる可能性もあります。

管財の場合、20~50万円を(一括で)用意する必要があります。
よって、そのリスクを考えるなら弁護士・司法書士などに依頼するの
と変わりません。分割弁済で対応する事務所が大多数です。

また、破産申立てに際して、債権者から借り入れ残高は、借入先から全て取引履歴を取り寄せて利息制限法で計算し直す必要があります。
これを独力でするのも大変な労力です。

以上、結論として独力の破産申立てはお勧めできません。

ご自身の状態からも独力は疲弊するだけで申立て迄辿り着かないでしょう
ムリせず費用対効果なら、先の通りどこかに依頼されるべきと考えます。

自分でやるのは諦めなさい。

如何でしょう?

投稿日時 - 2009-09-05 09:24:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

追記です。大切なことです。

弁護士・司法書士に依頼すれば、請求・弁済は停止です。
よって、返済停止中に依頼先事務所への費用を支弁する余裕が
出てくるはずです。

ご自身でする場合、請求は止まりません。申立後の2~4週間後の
「破産開始決定」(債務者審尋・・・裁判官と面談した後に通知されます)
まで貴方は債権者の請求に対して対応しなけれけばなりません。

以上の違い・・・この違いは非常に大きいことを知って下さい

投稿日時 - 2009-09-05 12:10:37

ANo.4

>>今から3年前に夫と同棲を始めたのですが、同時に旦那が無職
>>会社員として働いていた頃の私の手取り収入は月11万円ほどでした。
収入は月11万円で600万円も借金が出来たのですか?
凄いですね!!
借り入れ審査時に偽装工作をしていなければ、自己破産出来そうですが...
皆さんが云う様に弁護士に相談した方が良さそうですね、30万位要りますが....

投稿日時 - 2009-08-30 08:09:39

ANo.3

借り方と金額が合わないと思ったら
計画的だったんですね(驚)
ど素人の私でも気付くくらいですから
プロの方が気付かないハズはないと思いますよ。
それにしても、悪質ですね。

投稿日時 - 2009-08-30 07:20:01

ANo.2

 生活費用が主な理由なら、免責が降りると思います。但し、二人合わせて30万円の月収がありながら、600万円もの債務をこしらえると言うのが疑問。その辺はちゃんと説明する必要はあるでしょう。ですが、よっぽどのことをしていない限りは免責されるでしょう。(当然、一回目ですよね?二回目なら追求も厳しくなります。尚、判事によっては100%ではなく、何%か返済した時点で免責というケースもあるようです。)
 100%確実に免責されるとは言えないですが、ほぼ間違いなく免責されるケースだと思いますが....

>弁護士費用もないので、出来れば自分で申し立てしたいと思っています
 現実問題として、これは不可能だと思いますよ。手続きは出来ますが、申請した途端に借金取りが押し寄せます。身を隠す準備をしてください。親類などの身内の所では足がつくかも知れません。ノリピー並の逃走劇が必要とは言いませんが。弁護士が介入すれば、債権者は貴方との交渉は禁じられますから、全部弁護士に行きます。自分でやれば、貴方以外に交渉相手はいないのですから、全部貴方に行きます。全部で600万円ともなれば、相手だって必死です。

>自分で裁判所に申し立てをして免責がおりなかった場合は、再度、弁護士に依頼すれば免責がおりるということはあるのでしょうか?
 ないと思ってください。上級裁判所に訴えるしかないですが覆すことは困難です。

 法テラスで相談されることをお勧めします。

参考URL:http://www.houterasu.or.jp/

投稿日時 - 2009-08-29 23:48:38

ANo.1

弁護士に相談しましょう。
法テラスにまずは電話。弁護士の無料相談を紹介してもらいます。
現状をすべて正直に話し、弁護士費用の分割を申し込みます。
今返済している金額が 弁護士費用の返済になるだけのことです。
大丈夫!!なんとかなりますよ!!
あなたが育んでいらっしゃる命が何よりも一番大切です。
強い意志でがんばってください。

投稿日時 - 2009-08-29 23:41:27

あなたにオススメの質問