こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

衆議院議員総選挙について

政治にかなり疎いほうで、このままではよろしくないと思い、質問します。今日選挙日ですし…。

ある程度調べてみたのですが、確認のために質問します。
1、当選者数は計480名(小選挙区制300名、比例代表制選挙180名)であっていますか?
2、480名のうち、一番多かった党が与党となるのですか?
3、"私"は自分の住んでいる県の、市である選挙区に立候補した立候補者にしか投票できないのですか?
4、"私"は小選挙区に立候補した立候補者と、比例代表制選挙(党に投票)どちらに投票できるのですか?両方に投票できるのですか?
5、立候補者が立候補できる選挙区はどこでも可能なのですか?たとえば今回の選挙では、私のところにはMという立候補者が立候補していますが、このMさんは仮に遠く離れた別の県の選挙区に立候補してもよかったのでしょうか?それとも、何かによって立候補できる選挙区は縛られているのでしょうか?前者(立候補する選挙区はどこでもいい場合)の場合、その立候補者がその選挙区を選ぶ基準は何なのでしょうか?
6、全国で当選者が出るわけですが、この当選者の実際の仕事する場所は東京なのでしょうか?それとも、自分が立候補した地で仕事するのでしょうか?
7、政権があるのは与党ですが、では政権がない野党の仕事とは何なのでしょうか?与党に文句をいい、与党の考え方を変えることですか?
8、比例代表制について、比例代表制の当選者は180人です。たとえば、A、B、C、Dという党があったとして、投票により、A:40% B:30% C:20% D:10%だったとします。この場合、A:72人、B:54人 C:36人 D18人が当選者として割り当てられるのですか?そして、たとえばAで当選した72人を具体的に誰にするかは、比例代表のみに立候補した立候補者、または小選挙区と比例代表の両方に立候補し、小選挙区で落選した人のなかから、それなりのルールに基づいて選出しているということであっていますか?

以上、おばかな質問もあるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-08-30 02:45:14

QNo.5247877

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

箇条書きになってしまって申し訳ありませんが。

1:合っています。
2:与党とは、合計で過半数の241議席以上獲得した党になります。
例えばですが、一番多いのが民主党の230議席、次が自民党の200議席、となった場合、
両党とも単独では与党になれませんので、どこかと連立をして241議席以上になった党が
連立与党となる訳です。
今回の解散前ですと、自民党と公明党が連立与党でした。自民党は単独でも過半数を超えて
いましたが、公明党と連立をしていました。
このように、別に単独で過半数を超していても、どこかの党と連立をして、共に連立与党となる
ことも可能です。
3:その通りです。○○県○区といった風にお住まいの地域により、決められています。
その他の違う地域の候補者の名前を書いた場合、無効票になってしまいます。
4:両方に投票できます。
5:別に全国のどの選挙区からも立候補できます。特にその地域に住む必要もありません。
ですが、「地盤」と言われるように、全く違う地域から立候補しても当選するのはよほど
著名な人でもない限り難しいと考えます。
しかしながら、他の党の有力候補を落選させる為に、所属する党から、あそこの選挙区から
立候補して欲しい、のような打診(候補によっては強制)を受け、その選挙区から立候補する
こともままあります。誰をどの選挙区から立候補させるかは、党本部が決めることが
ほとんどです。誰に誰をぶつけてきた、のように言われることもあります。
6:国会議員の仕事は国会に出席することですので、全国すべての当選者=衆議院議員は
東京で仕事をすることになります。国会議事堂がメインの職場です。会社として例えると、
これは会社の全社集会だと思ってください。年に何度か連続して国会は開かれます。
また議員会館というものがあり(衆議院議員、参議院議員別です)、そこに1部屋もらう
ことができます。実質的にその部屋が国会議員である間の個人事務所となります。
同じように例えて、これが会社の所属する部署への出勤だと思ってください。
これらとは別に住居の問題ですが、自宅から議員会館に通勤しても構いませんが、東京以外から
選出の議員で出勤が困難な議員は、議員宿舎と呼ばれる国会議員専用の宿舎を格安で借りることが
できます。これも衆議院議員、参議院議員、建物が別になります。
これは例えまして、会社の寮だと思ってください。
7:野党でも法案を作り、国会に提出することなどができます。しかしながら可決されるかは
数で有利な与党に阻まれ、ほとんどが実現されません。
ですが、与党野党関係なく、国民の為の法案(被爆者の救済案など)は全会一致で可決される
こともあります。野党といえど、そういった法案を提出し、可決されることで国民に対して
この法案を提出したのは与党ではなく野党の○○党だ、ということは分かりますので、
次の選挙などでその党を応援しよう、などと考える人も多いでしょう。
ただ反対ばかりしているだけで永遠に野党のままです。また、与党から提出された法案で、
与党内でも反対者が出ることもあります。その場合は賛成が過半数を切って、成立しないことも
あります。この場合、極まれなケースですが、野党の一部を味方につけて成立させよう、などと
いった水面下の調整が行われることもあります。
このように、野党といえど、数によっては色々と重要な役割を果たすこともあります。
8:比例代表の議席数の確定方法は、日本では「ドント式」と呼ばれる方法で算出します。
http://jukenin21cs.blog80.fc2.com/blog-entry-187.html
こちらに詳しい解説がありますので、ご一読いただきますとお分かりになると思います。
また、小選挙区と重複立候補した議員が小選挙区で負けてしまった場合、各党の比例代表の
当選優先名簿順で同順位(大抵の党は大物以外の全ての候補者を同一順位にします)
の中から、「惜敗率」と呼ばれるものが高い順に当選になります。
例としまして、
自民党の比例名簿順1~5位がどうしても当選させたい大物で、この5位までが全て小選挙区か
比例で既に当選が決定しているとします。このあとの6位が全て同順位で並んでいると
しますと、その中で小選挙区で負けてしまった議員の中から惜敗率の高い順に人数分が当選と
なります。
惜敗率とは、ある選挙区で、当選した候補が12万票、2位の次点が9万票だったとします。
この場合の惜敗率は75%となります。名簿で同一順位の場合はこの率の高い順で当選となります。
詳しくはこちらの解説が分かりやすいと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%9C%E6%95%97%E7%8E%87

以上、分かりずらい点も多々あると思いますが、私で説明できる範囲で回答させていただき
ました。少しでも参考になりましたら幸いです。

では失礼いたします。

投稿日時 - 2009-08-30 03:40:42

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

素直なご質問なので、誰が答えても同じような回答になると思いますが、少し付け加えておきます。

2、単独で過半数に達しない場合、一番多い党でも野党になることがあります。例として1993年の総選挙後の自民党が挙げられます。

第40回衆議院議員総選挙 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC40%E5%9B%9E%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E7%B7%8F%E9%81%B8%E6%8C%99

6、国会会期中も毎日所属委員会や本会議が開かれるわけではないので、(週末などに)あわただしく選挙区に帰って仕事をこなしているようです。「猿は木から落ちても猿」ですが、議員は落ちたらタダの人なので、常日頃から選挙区民との顔つなぎが欠かせません。また、会期中以外は選挙区で仕事をすることも多いのではないでしょうか。公職選挙法に触れない範囲で選挙運動に似たこともしているわけです。

7、野党は与党と論戦するだけでなく、官僚に圧力をかけたり問いただしたりもします(いい意味でも悪い意味でも)。たとえば、野党民主党の実力者・小沢一郎は、国交省などに働きかけて、地元岩手県に公共事業を引っ張ってきたという噂があります。役所も何らかの弱みは抱えているので、「国会で暴露して追及するぞ」などと仄めかして、裏で取引したのかも知れません。
また、政府が隠していることを、国会で質問して回答させるという重要な役割があります。野党のこの働きがなければ、政府与党と官僚が結託して、国民には(最小限しか途中経過を)知らせないまま、国政を動かすことも可能になってしまうでしょう。

投稿日時 - 2009-08-30 11:44:53

あなたにオススメの質問