こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

個室間のインフルエンザウィルスの移動

インフルエンザウィルスは、換気システムを通って、病院の個室間、ホテルの個室間、カラオケボックスの個室間等を移動するでしょうか。

つまり、私が個室Aに一人で居たとき、個室Bのインフルエンザ患者から、インフルエンザをうつされる可能性はあるでしょうか、ということです。

投稿日時 - 2009-08-30 15:22:07

QNo.5248875

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

無意味か、といわれれば無意味ではありませんが・・・。
当然、完全に拡大を防ぎたい、という事であれば陰圧室に入れる意味はありますが。

この勧告が出された当時は、まだウイルスの様子がわかっていなかった時点ですし、念には念をいれて、という事でしょう。

投稿日時 - 2009-09-02 01:24:18

補足

No.2のお答えとNo.3のお答えが違うように思います。

No.2のお答えは
換気システムでの感染は考えられません。

No.3は、
完全に拡大を防ぎたい、という事であれば陰圧室に入れる意味はありますが。

NO.2、3が矛盾しているように思います。

No.3のお答えの
この勧告が出された当時は、まだウイルスの様子がわかっていなかった時点ですし、念には念をいれて、という事でしょう。

ということは、URLの情報は、現在となってはもう不完全な情報で、
回答者様のお答えのほうが正しいということでしょうか。

すみませんが教えてください。

投稿日時 - 2009-09-02 07:46:00

ANo.2

感染症の原因となるウイルスなどが体内に入り、感染が成立するためにはたくさんのウイルスが必要になります。一つや二つ入ったところで体内の免疫系が退治してくれるわけです。

インフルエンザウイルスの感染は、基本的には飛沫感染です。空気を介して感染するものではない(もちろん、飛沫核という飛沫より小さなものでも感染する可能性はありますが)ですので、換気システムでの感染は考えられません。
もし、それで感染させようとしたら、大量のウイルスを意図的に流す、くらいの濃度が必要になります。

ウイルスの生存期間は数時間。
基本的に飛沫感染であることから、空気中にウイルスが漂っていることはあまりなく、個室間の移動は極めて少量です。(観測できないレベルでしょうね)

投稿日時 - 2009-08-31 13:11:49

補足

http://idsc.nih.go.jp/disease/swine_influenza/2009idsc/09idsc1.html
この記事中の陰圧室などは無意味なことなのでしょうか。

投稿日時 - 2009-08-31 15:01:39

ANo.1

大概の場合は死滅してしまいますよ。

よーく考えて御覧なさい。
そんなにも大気中でインフルエンザが生きてられるならば、今頃はもう日本中が患者さんです。

そんな心配よりも、うがいと、手洗いと、咳き込んでいる人のそばに長くいないこと…それで大丈夫ですよ。

投稿日時 - 2009-08-30 16:55:52

補足

ウィルスの大気中での生存時間は何時間ですか。
個室から個室の空気の移動は、どれくらいの時間でどの程度あるのでしょうか。

きちんとしたデータに基づいた回答を欲しています。
よーく考えてもわかりません。

投稿日時 - 2009-08-30 17:09:53

あなたにオススメの質問