こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遺族年金と国民年金

お世話になります。
友人の相談なので曖昧な質問になってしまいますが、よろしくお願いいたします。補足します。

「離婚した夫がかけていた妻の年金の資格」と「再婚した夫の遺族年金」があり、現在はその女性は遺族年金をもらい、国民年金の支払いは免除されています。年齢は55歳です。

年金はどちらか一方だと思いますので、このままずっと遺族年金をもらうことになるでしょうか?
遺族年金の額は、このまま変わらないでしょうか。増えたり減ったりするでしょうか?

社会保険事務所のアドバイスで遺族年金をもらうことになりましたが、離婚後に払っていた国民年金は掛け捨てでしょうか?

投稿日時 - 2009-08-31 18:59:40

QNo.5252002

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

詳細が不明のため断定はできませんが、年齢的に下記のケースでしょうか?

妻 ご自分の厚生年金はなしか期間数年、「離婚した夫がかけていた妻の年金の資格」=第3号被保険者の期間が何年かある、再婚した夫は長年(20年以上)勤務していて、亡くなったとき妻は40歳以上、18歳未満の子供はなし。

この場合なら、遺族厚生年金+中高齢の寡婦加算(594,200円)がついています。中高齢の寡婦加算(594,200円)は65歳までで、そこからは、妻本人の老齢基礎年金となります。すなわち、長年免除していると、
遺族厚生年金+中高齢の寡婦加算(594,200円)に対し
>65歳から遺族厚生年金+老齢基礎年金(約60万より少ないと・・) が少なくなる場合がありますので、要注意です。

上記のケースでない場合は、また、ご質問ください。

投稿日時 - 2009-08-31 21:11:06

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-09-23 17:58:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

遺族厚生年金と老齢基礎年金は併給されます。掛け捨てにはなりません。自分で働いた期間の老齢厚生年金がある場合は遺族年金が一部(老齢厚生年金額同額)停止になる場合があります。(基本的に自分の老齢厚生年金が優先されます)

投稿日時 - 2009-08-31 19:56:17

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-09-23 17:58:12

あなたにオススメの質問