こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

離婚時の財産分与について

離婚時の財産分与について、一般的な質問をさせていただきます。
サラリーマンの夫と専業主婦の妻が離婚する場合で、夫の給与が全て夫自身の名義の銀行口座に振り込こまれ、生活費は全てこの口座から出されていたとして、
質問1:結婚時の口座残高400万円が、右肩上がりに増えて、離婚時に1000万円になっていたら、離婚の際の夫の取り分は500万円ですか、それとも700万円ですか?
質問2:結婚時の口座残高400万円が、右肩下がりに減って(つまり赤字家計)、離婚時に200万円になっていたら、離婚の際の夫の取り分は100万円ですか、それとも200万円ですか?
質問3:結婚時の口座残高400万円が、右肩下がりに減って200万円になった後、次に右肩上がりに増えて、離婚時に1000万円になっていたら、離婚の際の夫の取り分は500万円ですか、600(200+400)万円ですか、それとも700(400+300)万円ですか?
ただし、他に財産分与の対象になる財産はないものとします。
法律に詳しい方、ご回答いただければ幸いです。

投稿日時 - 2009-09-02 03:57:00

QNo.5255971

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>結婚時の口座残高400万円・・・これは夫が持っていた預金ということですね。

質問1 700万

質問2 200万

質問3 700万

離婚時の財産分与では特有財産と共有財産に分けて考えます。

特有財産とは婚姻前から一方が所有していた財産であり、夫の400万はこれに相当します。

共有財産とは婚姻中に築いた財産のことで、離婚時にはこれを基本的に1/2にします。

質問1は夫婦で貯めたお金(共有財産)は600万ですから、その半分の権利が夫にあります。

質問2は家計が赤字で夫の特有財産を取り崩したわけです。
つまり夫婦で築いた共有財産は無いのですから、無いものを分けることはできません。残った200万は夫の特有財産ということです。

質問3は質問1と同じです。途中経過は関係ありません。離婚時の状態で分与します。

投稿日時 - 2009-09-02 15:53:06

お礼

早々にご回答いただき有難うございました。

投稿日時 - 2009-09-25 02:16:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

58人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

専業主婦であれば財産分与の割合は50%よりも低く算定される場合が多いですが、仮に50%とすれば...
(1)初めの400万円は夫のもの。増加分の600万円の半分も夫のもの。合計で700万円。
(2)初めの400万円は夫のもの。減少分の200万円の半分も夫のもの。合計で300万円。従って妻から100万円もらってちょうど良い。
(3)(1)と同じです。
それから当然ですが、夫婦の話し合いでこれと違う取り決めをすれば、そちらが優先です。

投稿日時 - 2009-09-02 16:05:53

お礼

ご回答有難うございました。質問2については思ってもなかったご回答でした。妻の側に分与できる財産があれば、そうすべきですね。

投稿日時 - 2009-09-25 02:23:13

あなたにオススメの質問