こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

各社のレンズマウント(レンズ互換性)について

カメラ好きの雑学として教えてください。
私は約30年キャノンを使っています。
キャノンの場合、旧レンズマウントのFDレンズと今のEFレンズがあります。
FDレンズはマニュアルフォーカス(MF)のフィルムカメラ用
EFレンズはオートフォーカス(AF)EOSのフィルム&デジタルカメラ用
EF-SレンズはEOS Kiss Digital以降のCMOSセンサーがAPS-Cサイズ用
となっていると思います。

他のメーカーではどうなっているのでしょうか?
キャノンの様に分かり易くなっていますか?
とりあえず、大手メーカーのニコン・ミノルタ・オリンパスで教えてくください。

投稿日時 - 2009-09-05 10:52:49

QNo.5264251

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

Nikon Fマウントで通しているのですが、Ai化(Ai)
電子マウント(AF)化(D) ROM内蔵(G) AFモーターの
内蔵(AF-S)などバージョンが上がり色々と制約が有りますよ
Fマウントは口径も小さく構造的に懐が深いためマントアダプ
ターは作り難いのが実情、ここに伝統が物理的に障害になって
いたりしますが、Nikonのレンズのキレは<N>クリスタのもの
がでてすばらしいですよ、値段も凄いですが(><)/

ミノルタ>コニカミノルタ>SONY アルファーシリーズ
Aマウント
基本的に明確なアップデートなしでSONYのアルファーに
ミノルタのアルファー用のレンズは使えますが、AFスピー
ドはレンズ内モーターが古いフィルム時代のレンズは機敏
では無いことを理解しておきましょう。
フィルム時代のXシリーズのマウントはMDです。

オリンパスは フィルム時代は OMシリーズ 
デジタル時代にフォーサーズ、デジタル専用設計の規格の旗ふり
となり<小型化にかなり貢献してます。

詳しくは ウィキペディア等のネット百科事典で「カメラマウント」
で検索してみてくださいね。

投稿日時 - 2009-09-06 12:09:29

ANo.12

あっ

不変のFマウントって言ってるけど

デジタルじゃ使いにくくてしょうがない

って言うか使えないよ^^;

古いレンズがあまりストレスを感じずに使えるとしたら

Kマウントだと思いますよ

って思いませんか?

キャノンでも通じように…

観音さま(カンノン)からでしたっけ?

まぁ どーでもいいけど

投稿日時 - 2009-09-06 00:43:17

お礼

>観音さま(カンノン)からでしたっけ?
言われてみれば聞いたことあります。

コマーシャルでは、キャノンと言ってましたね!
どう聞いても、キヤノンとは言ってません。
メーカーが違った発音でコマーシャルを流しているんですから、
一般人はどちらでも・・・・ですよね!

投稿日時 - 2009-09-10 16:02:39

ANo.11

雑談として聞いてください。
私の場合、昔はニコンがメインでしたが今はEOSで、ニコンMFは
趣味用にわずかに残っています。
最近のニコン・ペンタックスで危惧していることがあります。
それはレンズから絞り環がなくなってきていることです。
APS-C用のDXニッコールのみならず、フルサイズ用のレンズでもです。
ニコンのボディは頑丈で、AE機のニコマートELですら完動品が多く、
絞り環に爪を取り付けるだけで、Ai方式以前のカメラに使える
レンズが少し前までかなりありました。
しかしながら絞り環そのものが消滅しつつある今、最新のレンズは
昔のボディに使えなくなりつつあります。F4ですら絞り優先AEが使用
できません。時代的にはキヤノンでいうと、EOS-1に最新のマクロや
大口径ズームでの組み合わせでは絞り優先AEが使用できないような
ものです。
また、最新のシフトレンズはマニュアルフォーカスですが、MFの
ボディには使用できません。(本当はマウントアダプターでEOSに
つけたかった)
旧レンズは最新デジタルボディに比較的取付可能ですが、その逆の
組み合わせはこれから淘汰されていくことでしょう。
(もっとも最近はフィルムユーザーが減って自然淘汰の状況ですが)
ユーザーの資産としてはおそらくレンズがメインなのでしょうが、
絞り環を付けることさえ行ってもらえれば完全互換が保たれる
部分だけに非常に残念です。
それと入門機にはボディにレンズ駆動用のモーターが入っておらず、
単焦点レンズでのAFが不可能だったりもします。
ペンタックスは新製品でフルサイズに使えるレンズはありません。
銀塩ボディをお持ちのペンタユーザーの方々は、メーカー純正の
新製品レンズがないどころか、現行製品もかなり整理されてしまって
いるので、デジタルに移行せざるをえない感じに思えます。

投稿日時 - 2009-09-05 22:08:50

お礼

やはりどこのメーカーでも新製品のボディーには新製品のレンズで・・・と言う事になるのでしょうか?
キヤノンでもすべてが使えると言う訳ではないみたいですし・・・

私がこの質問を思いついたのも
ニコンのHPを見て但し書きの制約が細かく書いてあったからです。

フイルムのカメラもいつまで使えることやら・・・・
古き良き時代の味のあるカメラはいつまで現役で居られるか???
・・・でも便利さに負けてしまうんですね!

投稿日時 - 2009-09-10 16:17:53

ANo.10

マウントの互換性ということでは、現実にはマウントのアダプターがありますから、AFができなくてもよければ、どのマウントでもかなりの互換性があります。
私はオリンパスを使っていますが、フィルムではOMマウント、デジタル一眼レフではフォーサーズという規格です。規格は変わっても、OM用のアダプターを使うことで、デジタルでも古いレンズが使えます。
最近がさらにマイクロフォーサーズという規格も出ています。やはりアダプターを使うことで、従来のフォーサーズ用レンズを使うこともできますし、OM用を使うこともできます。

投稿日時 - 2009-09-05 21:01:22

ANo.9

ビジネスの公式資料じゃないのでキャノンでもキヤノンでも通じればどっちでもいいのですが、

キャノンだとFDマウントがメインの時代に、レンズの前半分のみを交換するヘンテコなマウント?がありました
レンズ交換はネジ式でした

検索するとヒットするんですねぇ
さすがネット時代です(笑)

http://www.hat.hi-ho.ne.jp/m-bon/camera/camera_023.html

投稿日時 - 2009-09-05 13:35:46

ANo.8

OLYMPUSはOM707以前にAF機能をレンズに内蔵させたAFズームレンズを発売していました。
ZUIKO 35-70mmF4AF
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B9OM%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88

投稿日時 - 2009-09-05 13:28:11

ANo.7

Nマウントのフィルムカメラもありましたよ

CONTAX N1とかNXとか

Nマウントは、デジタルも視野に入れてであってデジタル用ではないですよ
645でも使えますし^^;

投稿日時 - 2009-09-05 12:51:09

ANo.6

ついでに一眼レフなら

マミヤ (名前知らないけど^^;)
コニカ コニカF、AR
ヤシカ MFは、Y/Cマウント AFは、Nマウント

まぁいろいろあります^^;

レンズマウントって一眼レフ以外もあるし

いろいろ調べてみては?

投稿日時 - 2009-09-05 12:45:18

ANo.5

ニコン Fマウント(MF,AF)
ミノルタ SRマウント(MD等)、αマウント(MF SR AF α)
ペンタックス M42 Kマウント(MF M42 MF,AF Kマウント)
オリンパス OMマウント(MF,AF) オリンパスもAFありました OM707の時

投稿日時 - 2009-09-05 12:32:01

ANo.4

>オリンパスは、銀塩AFカメラの開発を行っていませんので

http://www.olympus.co.jp/jp/corc/history/camera/popup/om2_om707.cfm

投稿日時 - 2009-09-05 12:29:07

ANo.3

マウントについて語れば、それだけで本1冊で書き切れないない程のボリュームになりますので、詳細はご自身でお調べ頂くとして、ごく簡単に

AFカメラの開発に当たりマウントを変更したメーカーは、
キヤノン、ミノルタ(ソニー)
従来のマウントを踏襲したメーカーは、
ニコン、ペンタックス です。

オリンパスは、銀塩AFカメラの開発を行っていませんので、デジタルカメラでフォーサーズマウントを開発、その亜種として最近、フランジバックを短縮したマイクロフォーサーズマウントと言う規格を、Panasonicと共同で立ち上げました。

その他にも、京セラのヤシカコンタックスマウントなども有りましたが、デジタル用にNマウントの開発を終えたところで、カメラ事業から撤退しました。

一応、お調べ頂くに際し、キーワードだけ列記しておきます。
マウント嵌合径、フランジバック、バックフォーカス、絞り制御機構、AF制御機構、etc

特に知りたい事があれば、補足して下さい。

投稿日時 - 2009-09-05 11:58:03

ANo.2

ミノルタは、ソニーに身売りしましたが、
ソニーのデジイチでは、αマウントレンズであれば、オートフォーカス・手ぶれ補正が可能です。そう言った意味では、わかりやすいと思います。

投稿日時 - 2009-09-05 11:41:48

ANo.1

キャノンではなくて、キヤノンです。キヤノン愛好家なら社名の由来ぐらいは御承知下さいませ。
私は古いカメラ、所謂クラシックカメラの原稿(クラシックカメラで遊ぼう/を検索下さい)を書くのを仕事にしていますが、カメラメーカーがマウントの変更をして来た歴史と言うのは、レンズの大型化です。いわゆる大口径レンズの発達です。
キヤノンにお詳しいですから、キヤノンがその都度マウントを変更した経緯は述べませんが、ニコンはS型からFへ移行した際、FマウントというサイズでNikon-Fを発売しました。このサイズが当時のキヤノンを含めた他社より多きく、そのお陰で後々の新レンズに対応できました。
しかし、カメラがAFになって来ると、レンズとボディーの情報交換に電気接点を必要とし、キヤノンがレンズ内モーターをいち早く取り入れてもニコンは追従出来ませんでした。
しかし、ニコンの頑張りは大昔のレンズが現在の最新式一デジで使えるという驚異の結果をもたらしました。一部制約を受けるレンズもありますが、私の持っている全てのNikonレンズは、D300に装着できます。

キャノンの様に分かり易くなっていますか?
ミノルタも旧マウントからαマウントに変わっており、ミノルタンが見れば一目で解ります。私はミノルタンではありませんので、正確に型番を申しあげられません。

オリンパスはOMマウントという銀塩のマウントと、ペンのマウントがあったと思います。現在人気のペンのデジには、各種の変換アダプターが販売されており、古いペンのレンズも装着できます。

キャノンの様に分かり易く…かどうか知りませんが、私はニコンの方が不変のマウントだと思っていまして、キヤノンの方が三回も変えていますからレンズ資産が生きてきません(解り難いと思います)。この不変が、ニコン神話を生む原因ですね。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2009-09-05 11:16:38

お礼

キヤノン愛好家でも何でもありません。
たまたま、「昔キヤノンを使った。」ただそれだけです。
もし最初にニコンを手にしていたら今もニコンを使っていたでしょう。
社名の由来なんかどうでもいいんです。
写真が取れれば・・・・単なる写真好きなだけですから・・・

しかし、
恐るべしニコンFマウントですね!
でも、私みたいな「単なる写真好き」にはレンズ名を見てもピンときません。
(キヤノンの場合はレンズ名にマウント名が付いていますので・・・・)
ニコンの場合どこを見るとFマウントとわかりますか?
Fマウント以外を探す方が難しかったりして・・・・

レンズ資産は私のところでも御多分にもれず・・・・
高校生の頃、バイトして買った愛着あるレンズやカメラですので、なかなか手放せません。
ここ2年ぐらいはデジタルばかりになってしまいました。

投稿日時 - 2009-09-05 13:14:02

あなたにオススメの質問