こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

法人決算で経費を増やすのは

法人決算です。この7月締めの決算ですが、利益が2000万近くでて困っています。法人税が単純計算で800万近く払わなければなりません。利益が出ているのに、現金がありません。どうしたらいいでしょうか。遡って経費に出来るものってありませんか。(臨時ボーナスとか、役員にボーナスをだすとか)世間でよく言われる、勘定足りて銭足らずになってしまい、困っています。
家族経営の不動産業ですので、妻が社長で私と娘と3人でやっています。

投稿日時 - 2009-09-07 02:38:12

QNo.5269218

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

決算の7月末日までであれば事務備品の購入や賃貸料の年払いなどを実行し、
決算上の利益を小さくすることができたのですが、ただ、実際に現金での支払いも発生しますので、預貯金が乏しい…となると苦しいところです。
法人の利益がでたので役員に賞与を払って経費にする…なんてことができたら
世の中の黒字企業のおえらがたは みんなガッポガッポしてしまいますよ!

ただ、社員への決算賞与はできます。
期日は アウトなのですが
決算日の7月末までに各社員への賞与の金額が伝えられていること。
その賞与を翌月末(8月末)までに各社員へ支払うこと…になっています。

ご家族が社員なのであれば 賞与として経費計上をし、またあらためて個人からの借入などで会社に組み戻すことができると思います。
ただ、所得税・社会保険の算出と納税・保険料支払は発生してきます。

9月になってしまっているので、その処理ができるかどうか?ですね。

期中から試算表などで数字をチェックしていくことが大切ですよ~

投稿日時 - 2009-09-08 15:17:04

お礼

ありがとうございます。これから私が見ることにしました。

投稿日時 - 2009-09-20 21:04:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

決算ご苦労さまです。
決算前であれば、収支見込みをたてて備品を買ったりしますが、
7月決算であれば既に日が過ぎているので難しいですね。
目から鱗の名案があればと思いましたが残念です。それよりも、
勘定足りて銭足らずというところが心配です。家族経営という
事で、店主側に余力があればいいのですが。

投稿日時 - 2009-09-07 16:50:04

お礼

ありがとうございます。
決算て厄介ですね。数字を見るのは好きですので、これから私が見ていきます。

投稿日時 - 2009-09-20 21:06:07

あなたにオススメの質問