こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遺産分割 審判はどの様に進められるのでしょうか?

現在遺産分割の調停中です。私は法定相続分よりも少なくてかまわないと申し出をしていますが、相手側が遺産の90%を相続したいと強く主張しており調停員の方も困っています。近いうちに審判に移行することが予想されますが、審判はどの様に進められるのでしょうか?相続税が多額ですので早く審判の決定をして欲しいと思っています

1、遺産の94パーセントが土地です。まず不動産鑑定をするとの調停員の方の話でしたが、鑑定の日数はどのくらいかかるのでしょうか?
土地は数箇所ありますが、素人の見方ですがいずれも複雑な土地の形状ではないと思います

2、審判は調停のように部屋に申立人、相手方と交互に入って話を詰めていくのですか?一回では決まらないのですか?
それとも、鑑定書や遺産目録を見て家裁であらかじめ取り分を決定して、あなたはこれ、あなたはここ、といゆように決めていただけたことを聞きに行くだけなのでしょうか?

投稿日時 - 2009-09-14 20:56:44

QNo.5290060

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

鑑定評価の日数ですが、一件あたり3週間程度かかるのが普通です。多数の案件がある場合、鑑定士同士で提携している業者間で協力して作業を進めるため、必ずしも大きな事務所に頼む必要もありません。評価する人物に必ず直接お会いし、能力のある、信頼のおける人物を選ぶようにしましょう。

また、素人の方は土地の形状が複雑であるほど評価が難しいと考えているようですが、完全な誤解です。その土地がどのような用途に使えるのによって、評価の手間も全然違うし、土地の価値もまた全然違うものとなります。

商業地なのでしょうか、住宅地なのでしょうか。
マンション開発が可能なのでしょうか、戸建住宅の開発用地なのでしょうか。
30坪~50坪程度の戸建て住宅サイズの敷地なのでしょうか、300坪~1000坪程度の大規模の敷地なのでしょうか。
現在農業に供されているのでしょうか、駐車場なのでしょうか。

とにかくどのような土地であるのかにより、評価技術も異なり、費用負担(つまり不動産鑑定士の技術料)も異なり、期間も異なります。

それから、このような交渉基礎資料のための評価においては、両者連名のうえ、第三者的立場の人間に評価してもらうことが必須です。さもなくば、評価額そのものが論争の種になるというどうしようもない状態へと事態が進んでいきます。

投稿日時 - 2009-09-17 16:27:37

お礼

sasa-roomさん、ありがとうございます

全くの無知でお恥ずかしいです、色々と教えてくださりありがとうございました。

審判になると鑑定士は裁判所で選任してくださるのかと思っていたのですがそうではないのでしょうか?
自分で探すとなると相手方が何を言ってくるか分からないし・・・
もし、ご存知でしたら教えてください

投稿日時 - 2009-09-17 19:44:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

審判になってしまうと、審判官が裁判鑑定人に評価を命令する、という形式になります。

できれば相続税の相談を税理士にする一方、不動産鑑定評価額決定についても、「必要な」事務手続きと捉え、早いうちに関係者全員の連名で特定の専門家(誰か全員が信頼している人間、例えば税理士さんとか、を通して、鑑定士を探すというのも一法)に依頼をして、全員の共通認識にしておくほうがいいと思います。

ところで遺産の94%が土地だ、と随分細かい数値が出ていますが、これは時価評価は済んでいるという意味ですか?

投稿日時 - 2009-09-17 22:42:31

ANo.2

自力で調停を行うなら徹底的に話し合うしかありません。
土地の価格が合意できて初めて分割案です。あくまでも法定分を前提に調整を行います。

調停員が色々とまとめる為に作戦を練って当たっていると思いますので
まとまるかもしれませんね。

投稿日時 - 2009-09-15 01:27:22

ANo.1

審判になれば原則は法定相続分です。

原則に従わず訳のわからないことをいっていると、「競売して換価分割
しろ」と審判されます。

相手に「弁護士に相談して、間違わないよう判断して欲しい」と伝え
ましょう。
もう少し強くいうなら「調停和解できないのなら、これ以降は法定相続
分を主張する。その結果あなたが大損しても和解は絶対にしない。」
と伝えなさい。
真面目に考えてくれるでしょう。

投稿日時 - 2009-09-14 21:22:26

お礼

poolisherさん、ありがとうございます

「調停和解できないのなら、これ以降は法定相続
分を主張する。その結果あなたが大損しても和解は絶対にしない。」
この言葉参考になります。

相手方にはじめ弁護士が付いていたのです。弁護士を頼めば法定相続分を何とかできるとでも思ったのでしょう。ですが法律なんて関係ないと言い張り結局、あきれたのでしょう弁護士は降りてしまったのです。
調停での話し合いでは法定相続分になってしまうのが嫌らしく、
あの手、この手で調停の申し立てを取り下げようとするのです
全く、話になりません。頭が痛いです・・・

また何か分からないことがあったら教えてくださいね

投稿日時 - 2009-09-14 21:54:09

あなたにオススメの質問