こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

生命保険の見直しについてご意見お願いします。

45歳、独身女性、会社員世帯主(マンションローン支払い中:団体保険加入)、両親扶養の必要なしという状況です。
担当営業員に勧められるまま、42歳時より、転換制度を利用して、従来の保険から「最低保証利率付き3年ごと利率変動積立終身保険 特別保障更新型 ライブワン」という保険に切り替え加入しています。
「今までの掛け金がもったいないから」の一言で、死亡保障が不要では?とは思いつつも保険に対する無知さも手伝って、安易に契約し今に至っています。
最近、定年後の生活設計をいろいろと考えるうちに、10年単位でほぼ倍額更新されていく保険料の支払いへの不安が、私の中でとてつもなく大きくなってきています。
今、この保険を解約して医療保障が充実している他社の終身タイプの保険(できれば60歳または65歳払込満了)にした場合、担当営業員が言われるようにもったいないことなのでしょうか?また、私のような境遇でも死亡保障はあったほうがよいのでしょうか?
以下に保険内容と私の希望を記載いたしますので、よろしくアドバイスをお願いいたします。

【保険料】
現在、月額保険料1.3万円(主契約1,000円含む)・・・52歳まで
更新後、月額保険料2.2万円(主契約1,000円含む)・・・65歳までの13年間
 主契約:65歳払込満了
 特約:更新タイプ(次回更新時52歳)

【保険内容】
  主契約部分(保険ファンド):積立・終身(65歳払込満了)
  特約部分:死亡・高度渉外に関する特約
 <一時金による保障>
 定期保険特約408万・・・65歳まで自動更新
 特定疾病保障定期保険特約300万・・・80歳まで自動更新
 重度慢性疾患保障保険特約300万・・・80歳まで自動更新
 <災害・疾病に関する保障>・・・傷害特約以外は80歳まで自動更新
 傷害特約:200万・・・80歳まで
 傷害損傷特約:運動器損傷給付金額5万
 顔面損傷給付金額50万
 入院治療重点保障特約(本人型):一時金4万
 災害入院特約(本人型):災害入院給付日額1万
 疾病医療特約(本人型):疾病入院給付日額1万 一時金max40万
*成人病医療特約(本人型):成人病入院給付日額0.5万 一時金max20万
*女性疾病医療特約:女性疾病入院給付日額 0.5万 一時金max20万
   *印の日額は加算されるもののようです。

【希望の内容】
(1)上記保険内容のうち死亡保障をはずした終身タイプの医療保障
(2)保険料の払込みは60歳満了となるもので月額1万程度(Max 1.5万)
(3)一定期間給付金を受け取らなければキャッシュバックのような制度有
   *(3)の条件はあったらいいな程度の希望です。

投稿日時 - 2009-09-17 00:29:19

QNo.5296438

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

はじめまして 二児の母です。

数年前生命保険にドップリと悩まされた一人です。

死亡保障を外してしまうと 葬式代が無いのですが、、、それでも宜しいのでしょうか?
ご両親の扶養義務は無いと言う事は、御兄弟がいらっしゃるのかしら?
保険の事ですから 嫌な言葉も発してしまうので その辺りはごめんなさいね。
貴女が死んだ場合 死亡保険があれば、御兄弟の負担はありませんが 死亡保険が無い場合には 御兄弟に負担が掛かります。
葬式代程度は あった方が良いと思います。

それと これは全てにおいて言える事ですが、特約に関しては 60歳以降も保険料を支払わなければ 保険の効力はありません。
80歳まで自動更新とありますが、主契約を65歳まで支払って、66歳、67歳 と年払いしない限りは 特約は消滅します。

保険屋さんに言われるがまま 加入してしまったのが間違いの発端だと思います。
自分で様々調べて加入する/更新しないと 払った年数だけ損です。
60歳払込済で毎月1万円~15,000円となると 厳しいでしょうけど
郵便局はどうでしょうか?
終身のみを加入して 予算が限られているので 県民共済を併用する(年一度還付がありますから3割~4割程度)
年齢的に45歳で 終身に加入すれば 1万では入れません。
というか、、、昔から加入していた保険って 結構な割合で加入側はお得だったりするんですけどね。

保険会社等に試算してもらうと 加入の催促ばかりでしょうから
郵便局に行けばパンフもあるし、ショッピングセンターに行けばパンフもあちこちありますから 参考にはなると思います。

投稿日時 - 2009-09-17 00:50:58

お礼

早々にご回答いただきまして有難うございます。
死亡保障がいらない理由は、葬式代は貯金等で確保できるからです。

おっしゃるとおり、解約すると、わずかな解約金は戻ってきますが、明らかに損ですよね。
この保険は、老後というよりも働き盛りの30代、40代に何かあったときのための保険という思いでしたので、深く考えなかったのですが、どう考えても老後まで維持するのは無理ですよね。

郵便局ですか。
全く視野に入っていませんでした。
有難うございます。
今の保険は解約し、医療保障が充実している保険を
郵便局の商品とも比較しならがら調べてみます。

投稿日時 - 2009-09-18 08:54:56

あなたにオススメの質問