こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

道路交通報違反 警察とのやり取り

違反に納得できなかった私は警察官と言い争っていました。なかなか決着がつかない中で警察官はまず免許提示をしろと要求してきました。免許提示はさすがに断れないので、言うとおりにしました。
警察官は私が納得していないのにもかかわらず、違反通告書を作成しだしました。思わず取り上げてしまおうかと考えましたが、結局何もできず書類を作成された後、減点と反則金を取られて終わりました。そこで質問です。免許提示は義務付けけられていますが、警察官はそれと同時に違反通告書などのような書類作成を行う権利はあるのでしょうか(本人は納得していなくとも)?また免許提示の義務を果たした私はそのとき警察官から自分の免許を取り上げてもよかったのでしょうか(公務執行妨害にかからないように)?長くなりましたがアドバイスの方よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-09-21 16:49:12

QNo.5307639

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

違反通告書は交通反則通告制度に基づくもので、軽微で定型的な交通違反事件について行政措置として反則金と呼ばれる一定の金額の納付を命じ、これをおさめた者にいは刑事処分を免除するというものです。
道交法126条1項では警察官が反則行為を現認した場合には現場でただちに反則者を取り調べたうえ、その場で反則者に反則行為の事実、種別、反則金額等を記入した交通反則告知書を交付し、反則行為の告知が行うとされています。この規定をみると反則者の同意の有無とは関係なく反則行為を確認した場合には告知書を作成・交付することになっています。これは権利とかではなくて業務(公務)の内容として作成・交付するということになります。

次に警察官から免許証を取り上げる行為ですが、公務執行妨害罪にあたらないように取り上げるということが難しいと思われます。公務執行妨害罪(刑法95条1項)は暴行又は脅迫を要件としており、免許証を警察官の意に反して取り上げることは少なからず有形力を行使することになるので、暴行があったとされてしまうでしょう。公務執行妨害罪はその場で現認して現行犯逮捕できる犯罪の最たるものです。抗議したい気持ちは理解できますが、そのためにかえって身柄拘束されてしまっては元も子もないのでそのような行動は差し控えたほうがよろしいかと思います。

http://www.atombengo.com/2watashi/watashi1-4.html

投稿日時 - 2009-09-22 16:57:41

お礼

参考になりました。
みなさんありがとうございました。

投稿日時 - 2009-09-30 15:19:51

ついでに経験者として一言いえば、2番さんが言われる裁判は制度としてはあっても、機能はしておらず、実際問題は不可能です。
現状司法制度のキャパを超えており、飲酒運転で死亡事故を起こしたとか、100キロくらいのスピード違反をやったとか、こういった連中は起訴せざる得ませんから、一旦停止を怠ったとか、5~6キロのスピード違反だといった連中を裁く余裕など全くない。
この状況は年々悪化しており、どうするかというと、さっさと行政処分を執行してお灸を据え、後は知らん顔をする。
クレームが来ても、無罪だという証拠を出せと言い張る訳ですけど、世の中、罪人以外は善良な市民というのが建前ですから、自分が善良な人間という証明書を持っている人など存在しません。
そこで行政不服訴訟ですけど、これは行政の誤りにより、実害を蒙った方が被害の回復を目的に起こすもので、交通違反は実害がないので、書き替えに行ったら免許の色が違って格好が悪いとか、そんな理由では受け付けてくれない。
裁判で身の潔白を証明する術はありません。
私も警察には言いたいことは多々ありますけど、うまく国民を丸めこむようにできています。

投稿日時 - 2009-09-21 20:35:10

警察官が書いたのは単なる報告書ですから、サインをしなければそれだけのことです。
その後ですけど、しつこく電話が来ますけど、支払いませんと、呼びだしが来て、警察に出頭して調書を書かれます。
これはご質問者の言い分を書くもので、注意しないと勝手に作文されるので、言ってない部分は訂正させて、読み上げさせてサインして帰宅。
その後、反則金通告センターから電話があるものの、払う気がない訳ですから、「冤罪という考えなので、支払いません」と通告。
1か月ほどで検察から呼びだしが来て、出頭すると列に並んで事情を聞かれ、99%の人間はそのままサインして後ろの裁判所書記官が調書を見て罰金を決めてそのまま支払って帰りますけど、納得いかなければその旨を伝えると、再び調書を書いて、9割の人間はこれで終わり、後は何もないです。
刑事事件としては起訴しませんから無罪、反則金はなし、払いません、世間の常識では起訴できない事案ですから真っ白の人間ということですけど、警察は「疑わしきは罰する」という組織なので、しっかり減点(分かりやすい表現とします)されます。
これですべてが終わり、おかしいと言っても何もできなくなります。
私も裁判で身の潔白を晴らすつもりが塩漬けされて、時効を迎えたため、もうどうしようもなくなりました。
おかしな書類にはサインはしない、冷静な対応をする、これにつきます。

さて、ご質問者はなぜ反則金を支払ったのでしょうか?
支払ったということは納得したということで、開封したソフト、身につけてしまった下着などと同様、どうしようもない話です。

投稿日時 - 2009-09-21 20:18:58

ANo.3

R48

>警察官は私が納得していないのにもかかわらず、違反通告書を作成しだしました。思わず取り上げてしまおうかと考えましたが

取り上げなくてよかったですね、強盗の現行犯で逮捕されたところです。
不服ならばサイン拒否すればいいだけですよ。

>減点と反則金を取られて終わりました。

既にあるように減点ではなく加点です。
その場で加点と反則金の支払いはないはずですが、その経緯は?

そもそもの違反とされた内容から書いていただいた方が判断しやすいです。

投稿日時 - 2009-09-21 17:10:29

ANo.2

 
交通違反かそうで無いかの判断を警察官に求める事が間違い。
合法か違法かの判断は司法でしか出来ません、反則金を支払わずに裁判で争いましょう。

>警察官はそれと同時に違反通告書などのような書類作成を行う権利はあるのでしょうか
権利ではありません、警察官の義務(職務)です。
交通反則通告制度において、警察官は、反則があると認めるときはその者に対し交通反則告知書により反則行為の告知を行う

>反則金を取られて終わりました
普通は警察官は反則金を受け取りません
でも貴方が払ったのなら、自分で違反を認めた証です。
 

投稿日時 - 2009-09-21 17:07:20

ANo.1

通告書ではなく、告知書ではないですか?
告知書に不服がなければ、反則金を払えば終わりです。
不服があれば通告書が送られて来ます。反則金を払えば終わり、出頭場所に出頭して不服を言う事もできます。
何の違反をされたか(疑われた)判りませんが、逮捕される様な違反でもなければ、提示義務はあっても提出の義務はありません。
あと点数は加点であって、減点ではありません。

投稿日時 - 2009-09-21 17:03:16

あなたにオススメの質問