こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

医薬品の添付文書について

医薬品の添付文書には医療用と一般用の2種類があるのでしょうか。
一般用は薬を買ったその人が読むためだと思うのですが、医療用の添付文書とは一体誰がどのような目的で使うのでしょうか。

投稿日時 - 2009-09-27 03:10:50

QNo.5321987

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ドクターや薬剤師・医薬品卸の薬剤師が見ます。
メーカーは自社製品の添付文書集(本にしてある)を依頼があれば、診療所・病院・調剤薬局等へ届けます。
頻繁に改定版が出ます。

投稿日時 - 2009-09-27 03:44:25

補足

ありがとうございます。
もう1つ質問なのですが以下のURLに記載されている医療用・一般用医薬品集とは医師や薬剤師などが見る医薬品添付文書と一般人が見る医薬品添付文書が混在している形となるのでしょうか。
http://www.japic.or.jp/service/cd/iyakuhinsyuu.html

投稿日時 - 2009-09-27 15:23:08

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

何か勘違いされてるように思います。

 「添付文書」に「医療用添付文書」と「一般用添付文書」があるわけではありません。あるのは「医療用医薬品の添付文書」と「一般用医薬品の添付文書」です。

 「一般用医薬品の添付文書」は「一般用医薬品」に添付されますので,薬を買った人が読みますが,それ以外にも薬を販売している店の薬剤師なども見ている筈です。一方,「医療用医薬品の添付文書」は「医療用医薬品」に添付されていますので,「医療用医薬品」を扱う人(医師,薬剤師,看護師など)が見る可能性があります。通常は,病院薬剤部などの薬剤師か,御自分で調剤される医師でしょう。

> 以下のURLに記載されている医療用・一般用医薬品集とは医師や薬剤師などが見る医薬品添付文書と一般人が見る医薬品添付文書が混在している形となるのでしょうか。

 上記の回答でおわかりになると思いますが,「医療用・一般用医薬品集」とは,「医療用医薬品」と「一般用医薬品」の添付文書が収められているという事です。

投稿日時 - 2009-09-28 16:16:40

お礼

ありがとうございます。
やっと区別がつきました。
丁寧な解説をどうもありがとうございました。

投稿日時 - 2009-09-29 00:58:57

あなたにオススメの質問