こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

夫婦共有財産について

はじめまして。私は今年の6月から主人の浮気が原因で別居中です。別居直後、私は主人名義での通帳で貯めていた貯金260万を全額引き下ろし、自身の固定給収入がありますが今は引き下ろした方のお金から生活費を捻出しています。
現在離婚に向けての話し合いが始まっているのですが、私が慰謝料200万の要求を提示したら主人側が弁護士を雇い、先日弁護士事務所より通達がきたのですが、その内容は「(主人)の預金払い戻しをした上で慰謝料の請求をされても応じかねます」というものでした。
そこで質問させていただきたいのですが、これまで夫婦貯金と慰謝料は別物と理解していたのですが、これは間違いなのでしょうか?また夫婦貯金だったということを立証する手だてはあるのでしょうか?(入金はいつも私がしていました)
先に主人の分の金額を返してからでなければ慰謝料の請求はできないものなのでしょうか?
夫婦共有財産は本来相手の承諾を得ずに使ったり、名義の変更・現金(貯金)の移動をしてはいけないものなのなのですか?
自分の収入はあるのに共有財産を使った場合法律上何かしらの裁きがあるのでしょうか?
これまでに使ったお金の用途明細を主人に提出しなければいけないのでしょうか?
主人名義の通帳とカードは今現在も私の手元にあるのですが直ちに返還すべきなのでしょうか?
離婚が成立した時点での財産分与額は元金の260万が基本となるのでしょうか?
話し合いの折りがつかない場合共有財産が慰謝料がわりとなってしまうことはあるのでしょうか?
6月から別居してこれまで1度も生活費はもらっていません。  
子供はいませんが年金収入のみの両親と同居しているため今後の生活が不安なので慰謝料はできればいただきたいのです。
たくさんの質問で恐縮ですがどうぞご返答、アドバイスいただけますよう、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-10-06 02:14:28

QNo.5345266

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 連続投稿、失礼いたします。
 通帳の入出金の証拠という点については、仮に通帳を返還しなければならなくなった場合に、渡す前にコピーを取っておけばよいと思います。
 ご主人が通帳の返還を求めてきているならば、この貯金がないと生活していけないので返す代わりに月々生活費を○○円負担せよ、とご主人に訴えていきましょう。預金額がそこそこあるようですので、ご主人もこの協議には乗らざるを得ないと思います。
 ただ、通帳・印鑑がなくても、ご主人名義の貯金なので、ご主人は改印届・(紛失したとして)通帳再発行ができますし、また口座自体の解約も可能です(ただ、手続には多少時間がかかります)。
 弁護士へのご相談は、なるべく早めがよろしいかと存じます。
 
 また、夫婦の財産には婚姻後に加入した保険も含まれます。今のうちにできる限り結婚後に得た財産の内容を調べておいてください。

投稿日時 - 2009-10-07 01:00:09

お礼

大変親身にご回答いただき、ありがとうございます。保険も財産分与の対象なのですか?それは盲点でした!主人はガン保険と年金型に加入していました。加入番号を控えていなかったのですが・・・調べてみます。 先日偶然空きがあり、市の相談所に行くことができました。通帳は返還した方がいいとのことでしたのでコピー等何らかの形で手元に残して本体は返すことにしました。今更ながら離婚は大変だと痛感しております。 Q-Luv様のアドバイスを参考にさせていただきがんばります。お礼が遅くなり申し訳ありません。本当にありがとうございます

投稿日時 - 2009-10-12 10:40:08

ANo.1

>夫婦貯金と慰謝料は別物と理解していたのですが、これは間違い?
>主人の分の金額を返してからでなければ慰謝料の請求はできない?
 夫婦貯金=婚姻後の夫婦どちらかの名義の預貯金の財産分与と、慰謝料は、厳密に言うと全く別物です。しかし、協議・調停・裁判で慰謝料の金額が決まったとしても、「ない袖は振れない」ので、「空手形」になってしまうことがままあります。そのため、結局は今手元にあるお金をどのように分けるかという話に収束していくことになります。
 夫婦の協議で財産分与・慰謝料の折り合いがつかない場合は、調停で協議し、さらに調停が不調になれば離婚裁判をするという流れになります。

>夫婦貯金だったということを立証する手だては?
 これは、ご主人側から自分個人の(婚姻前からの)貯金だったと主張があったらということになりますが、口座開設の時期などで証明できるのでは?
 ご主人の給与口座を生活費の口座にすることは普通にあることですので、この点はそれほど気にされなくても良いのではないでしょうか?

>夫婦共有財産は本来相手の承諾を得ずに使ったり、名義の変更・現金(貯金)の移動をしてはいけないもの?
 ご主人は、たまたまこの貯金がご主人名義だったということを奇貨として、別居後にminmin11様が勝手に貯金を取り崩したと主張しているわけです。しかし、別居後の生活費の負担をしていないのですから、そのことはこちらから主張していきましょう。さらに今後の生活費の負担をするように協議を申し出ることもご検討されるべきだと思います。
 ご主人が生活費負担について協議に応じないなら、婚姻費用分担請求の調停を申し立てることになります。調停では、両者の収入・支出の状況を勘案して月々の負担を決めます。念のため、調停に備えるべく別居後の支出の状況をメモにまとめておかれることをお勧めします。
 以下に、裁判所の調停手続を説明するページと、婚姻費用の算出例のページのURLをあげておきましたので、ご参照ください。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_03_2.html
http://www.rikon-navi.jp/shiryou/santeihyou/koninhiyou/index.html

 質問内容を拝見するに、この時点で対応を弁護士に依頼しているご主人はなるべくminmin11様にお金を払いたくないというお気持ちだと推察します。これからの協議にあたって、相当の根気と冷静な判断が不可欠です。
 しかし、これ以上の質問をここで行うのは、minmin11様のプライバシーを不特定多数にさらすことになりますし、さらにご主人がこの質問を見つけてしまうと手の内をさらすことになります。
 財産分与・慰謝料はどの程度取れそうか、また婚姻費用分担請求の調停を行うべきかどうかについては、別居に至る簡単な経緯、夫婦の預貯金・保険・有価証券・不動産などの財産、夫婦の収入などの資料を揃えて、一度弁護士にご相談なさってみてください。 

投稿日時 - 2009-10-06 14:26:19

お礼

早速のご返信ありがとうございます。親切丁寧なご説明にお気遣いまでしていただきとてもうれしかったです。。。預金してあった銀行は主人の給与振り込み先銀行と異なっており、婚姻中生活費は常に主人から手渡しで受け取っていた次第であります。貯金は一定金額・定期的に入金していたので共有財産と認めて貰えるとは思いますが、通帳の返還をしてしまうと証拠?が無くなってしまうのではと・・・Q-Luv様のおっしゃる通り弁護士に相談してみようと思います。

投稿日時 - 2009-10-06 23:50:50

あなたにオススメの質問