こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

お願いします

日本の食文化において、主食とされる米飯や雑穀飯の副食として、主要な位置を占める。
料亭で出されることもあるが、たいていは家庭で作られる家庭料理の代表である。
鰹節や煮干しなどで出汁をとり、食材と味噌で味を作るという、調理法としては単純な料理であるといえる。
一汁一菜として粗食の代表とされる食生活でも、欠かせないものとされている。
とりわけ味噌汁は、主食を食べるに際しての食欲増進の役割をおかずと共に果たすと同時に、味噌に含まれる大豆の蛋白質は、かつての低蛋白の日本食における主要な蛋白源であったし、労働で汗とともに消耗する塩分の補給に大きな役割を果たしていた。



歴史

味噌汁が庶民の食卓に登場したのは室町時代の頃と言われている。
元々は田舎料理で主に農家などで作られていたものであったが、時期が経つにつれ様々な階層にも次第に普及し、やがて日本人の食卓に欠かせないものになる。調理が簡単で大量に作れるみそ汁は戦国時代に陣中食として考案されたとする説がある。



調理

調理時間も10分ほどと、食事をする少し前でも作ることが出来る。
おふくろの味と称されるように作る家庭によって十人十色の味となる非常に特徴的な料理でもある。

調理に際しては、味噌を加えた後に強く煮立たせると、味噌の香りが揮発して風味が減じることに気を配る必要がある。
一般的には日本の一般家庭の朝食時にご飯と共に供される感も強いが、
近年は朝食にご飯を食べない人が多くなったため、夕食時に味噌汁を飲む人が増えた。


朝食に限らず食事の時の白米のご飯の付け合せの汁物として飲まれている。日本人の食に一番密接している料理ともいえ、欠かすことの出来ない存在である。


これを英訳していただきたいです。

投稿日時 - 2009-10-06 20:31:06

QNo.5347030

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

あなたが丸写ししたwikipediaのページアドレスの「ja」を「en」に変更すれば幸せになれますよ。

但し、今後はこういった丸投げの質問はお控えください。

投稿日時 - 2009-10-06 21:16:55

あなたにオススメの質問