こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

夫婦の問題にアドバイスお願いします

私は結婚10年目で、妻は専業主婦、子供が3人います(小学生1人と幼稚園2人)。
もともと仲の良い夫婦だったと思うのですが、2年ほど前から夫婦仲に亀裂が入り、今では話し合いもろくにできない状況です。
私はこれからも家族5人で仲良くやっていくことを願っていますが、妻は離婚したがっています。
長文で申し訳ないですが、何かアドバイスがあればお願いいたします。

妻はもともと父親が母親に暴力する家庭に育ったせいか幸せ願望が人一倍強い人です。また、明るくて元気な性格で話し好き、綺麗好き、気配り上手な性格です。しかし、猜疑心が強く、気性が荒く暴力的です。
出会う前は、気性が荒く今どきの感じの人だったのですが、私と出会ってからは女の子らしくなり結婚後も家庭に良く尽くしてくれました。子供が3人いるので子育ては想像以上に大変で、妻の実家は離婚して皆仕事をしているので頼れず、私の実家も遠く頼れない中、良く頑張ってきたなと私も思っています。
私もこの状況は分かっていたので、協力できるところはしようと心がけてきました。妻にも尽くしてもらいましたが、私も妻に尽くしてきたつもりでした。
(しかし、今思えば仕事を一生懸命やる、子供のことや家事を手伝う、マッサージをやってあげるなどやることばかりで精神的なフォローや夫婦間の話し合いが欠けていたのだと思ってます)

私は楽観的で細かいことを気にしない性格ですが、逆に言うと気配りがへたで人付き合いが苦手、自分の思っていることを表現するのがへたなタイプです。

なので、お互い全然違うタイプだったのですが、妻は暴力的な父親とは正反対の私のようなタイプに惹かれ結婚して幸せになろうと思ったみたいです。

このような中、2年前から妻がストレスを爆発させるようになり、私に対しても厳しい目で見てくるようになり細かいことでもめるようになりました。
小学生の長女は私に外観も性格も似ているのと、成長が遅く状況を見るのがへたで(たぶん広汎性発達障害)、気配り上手な妻からは信じられないことが多いらしく妻にいじめられるようになりました。今では子供に対し「死ね」だとか「生きてちゃ駄目だよ」とか「食事は作ってやっているんだからマッサージをやれ」だとかよく言います。
もちろん私も止めたりするのですが口論になるだけで効果なしです。逆に妻にいじめられないように私が子供に厳しく言ってしまうといった悪循環に陥っています。
今は夫婦間での会話はなく、子供に対しても良い状況ではありません。
また、妻はこの家族に対しての愛情は尽きたみたいで離婚を望んでいます。
(離婚というか新しい人を見つけたいみたいで離婚後は子供も見たくないみたいです)

私も何回も離婚を考えましたが、できれば皆で仲良くやっていきたいと願っています。

私は人の気持ちを察するのが下手で、妻も抽象的な表現が多く本当の気持ち、本音を言うのが苦手なので、妻の私に対する不満や離婚したがっている理由は以下の妻のよく言う言葉から察っして頂けたらと思います。

・これまでずっと孤独だった。一人ぼっちだった。
・これまであなたに尽くしてきたが報われない
・今まで幸せじゃない。楽しくない(幸せな時もあったはずですが、今が幸せではないのでと思っています)
・あなたは何もやらないですべて私がやっている(最近は子供達にも言っています)
・子供は幸せになるために作ったのであって他の人みたいに子供のためとは思わない。子供は私にとっては重荷
・この家庭はいらない
・離婚しても周りに迷惑かけるだけのでいっそのこと一家心中しよう
・あなたといるとイライラする
・あなたとは話にならない。他人の方が話ができる。もう既にあなたと話し合うことは何もない
・他の素敵な人を見つけてその人とやっていきたい(とは言っても浮気を実際にするなどは一回もないです)
・あなたはこれからのことばかり。私は今が大切
・あなたはいつも思ってた、思ってるばかり。私はやっている
・あなたはいつも私をどん底におとしいれる。救ってくれたことは一度もない
・あなたと私は釣り合わない。私にあなたはもったいない。なんで私の相手はあなたなの?
といった感じです。

お互い一生懸命頑張ってきたのですが、夫婦の話し合いが少なく、すれ違うようになってしまったのかなと今は考えています。

以上、長くなってしまい申し訳ないですが、何かいいアドバイスがあれば是非お願い致します。

投稿日時 - 2009-10-08 12:43:41

QNo.5351202

ag5

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ご質問を読んで典型的な潜在意識が表出してきた例だと思いました。
これは大きな試練でもありますが、ご夫婦、そしてご家族の絆をさらに深めるチャンスでもありますので、何よりも質問者様がしっかりと気持ちを引き締めて
>できれば皆で仲良くやっていきたいと願っています。
この気持ちを忘れないよう、事に当たられてください。今こそご質問者様がご家族を守るときです。

まず、ご質問者様はDVの環境で育った子供のことを、知識としてでも結構です、どれだけご存知ですか? これを知らねば奥様のことは本当の意味で理解できません。
奥様の心の中には、平安な環境で育ってきた者には想像もつかないような、幼い頃のとてつもない恐怖、怒り、緊張、寂しさ、不信感、絶望といった意識がトラウマとして潜在していることでしょう。今、奥様ご本人が最も苦しいはずです。奥様が質問者様に言っている言葉は、むしろお父様に言いたかった言葉であり、お父様やお母様にぶつけられなかった感情を、今、質問者様やご家族にぶつけている(投影)のです。

このトラウマを癒さない限り、たとえ離婚し再婚なさったとしても、奥様はまた離婚を繰り返すことになるでしょう。

2年前の夫婦仲に亀裂がはいる出来事は何だったのでしょうか。
女性の体は非常にデリケートです。ちょっとしたことで自律神経やホルモンバランスが崩れます。そういうときに、潜在意識が蘇るような、つまり過去の嫌な体験を彷彿させるような出来事があると、本人も無自覚のうちに潜在していたマイナス感情がこみ上げてきて、そうなると、ものの見方・考え方全てが破滅的な方向へと変化していきます。ひどい人は人が変わってしまったようになる人もいます。

>明るくて元気な性格で話し好き、綺麗好き、気配り上手な性格です
これが本来の奥様です。猜疑心が強く、気性が荒く暴力的なのはトラウマの影響です。トラウマが癒されれば本来の明るい奥様が戻ってこられます。

一日も早く、「心理療法」を受けさせてあげることを心からお勧めします。放置すればするほど、トラウマはお鍋の頑固な焦げ付きのように取れにくくなってきます。

これらの問題に対処していかれる過程で、癒されてくると、奥様も少しづつ本音を語ってくれるようになり、ご質問者様も以前よりも気持ちを察することができるようになってくることと思います。ぜひ、これをきっかけにして、ご夫婦のゆるぎない信頼関係を築かれてください。

奥様は心に大きなトラウマを抱えながらも、これまで頑張って3人のお子さんを育ててこられました。それは、愛情あふれる家庭で育った人の子育てとは比べものにならないほどの重労働です。何故なら、本来誰よりも奥様ご本人が愛情を欲している、必要としている、そんな愛の枯渇した心の状態でありながら、これまでお子さん方に愛情を注いできた。今はもう頑張りの限界がきて、心が悲鳴をあげているのです。

ご質問者様も、この妻の気持ちを理解し、ぜひ頑張りを認め感謝し、ねぎらいの気持ちを伝えていただきたいと願います。

長くなり恐縮ですが、
質問文を読む限り、お子様もすでにひどく傷ついているはずです。このようなことは連鎖していきますので本当に注意が必要です。お子様はまだ幼いのでご両親の言葉で癒されることもありますし、カウンセリングで対応できるのではと思われます。
>「死ね」だとか「生きてちゃ駄目だよ」
これはとんでもない言葉の暴力です。このようなことがあったときには、お父様がしっかりと、これはお母様の本心ではないことや生まれてきてくれてよかったありがとうといったことを何度も何度も伝え、フォローなさってください。
お子様と将来のお孫さんの幸せのためにも、すみやかに行動なさってください。

まずは、奥様の癒しが最優先です。
すべてはかならずご質問者様の幸せとして返ってまいります。元気をだされてください。

長文となり失礼致しました。参考になれば幸いです。
ご家族の幸せを心よりお祈りいたします。

投稿日時 - 2009-10-11 12:52:49

補足

ご回答と励ましのお言葉をありがとうございます。

「今こそ家族を守るときです」のお言葉にハッとしました。
その通りです。とても勇気付けられました。ありがとうございます。
今後、DVに関する理解を深め、カウンセリングも家族で是非受けたいと思います。

以下、長くなりますが補足説明です。

私のDVの知識に関してですが、DVを受けた子供は大人になり家庭を持ったときDVを繰り返す割合が多いという位しかありません。
ご回答を読んでいるうちに、今までDVに関して深く理解しようという意識に欠けていたと思いました。

また、妻の育った環境についてもう少し詳しく書かせて頂きます。
妻の両親は小さな飲食店を経営していた。妻の父親は酒癖が悪く、殆ど母親が働いていた。
父親はよく母親に暴力をふるった。目が腫れてしまいサングラスをしないと外に出れない程ひどいものだった。
母親はそういう状況の中、自分を責めながらも子供に愛情を注いだ。
小学生だった妻は体を張って母親を守った。
父親は子供への暴力はなかった(とはいってもお叱りのげんこつはあたりまえだったみたいです)。
また、習い事や部活をやったり、学校からの帰りに道草したりなど家になるべくいないようにしていた。
苦しい状況の中、それでも離婚しない母親に苛立ちを感じていた。
高校生になった妻は家から出ることばかりを考えていた。高校を卒業して就職すると同時に家を出た。その後も母親に離婚すべきと言い続け、最終的には離婚してしまった。

次に、2年前の夫婦仲に亀裂がはいる出来事は転職の時かなと思います。
前職は忙しく帰りが午前過ぎることはざらにありました。そのような中、妻は食事をなるべくいっしょにとるために寝ないで待っていました。逆に、私は仕事疲れですぐ寝てしまうことが多く、妻が心に秘めた悩みで(多分、自分が思い描いていた家庭の理想と現実のギャップ)苦しんでいたときに私は寝ていて気づいてあげられなかった。
また、夫婦の会話は少なくなり、夫は私に関心がないのではと感じていた。
これが、次第に恨みに変わってきたみたいです。
そして、会社を辞めるとき私は会社の人達と飲みに行きましたが、「おまえも行っておいで」の一言がないことにかなり落胆したみたいです。
これが、きっかけかなと思います。

また、子供に対し暴力的になったきっかけもあります。
母親が子供に虐待する「ITと呼ばれた子」という本を読んでからだと思います。読んでいるときは虐待される子供に同情し、涙まで流していたのですが・・

あと、カウンセリングを受けるにあたって問題があります。
以前、妻の精神状態が悪かった時に、妻は子育ての疲れから、うつになってしまったのでは?と本気で思った時期があり、病院を進めた時がありました。その時の感じから、「ふざけるな!」と絶対に行く気はなく、信念は曲げない性格なので、カウンセリングを受けるにしても連れて行く術がありません。
また、私とはやっていくつもりがない妻を連れて行くには至難の業のように感じます。
このように病院に行きたがらない人を連れていった経験談などご存知でしたらアドバイスをお願い致します。

また、長文になってしまいすいませんでした。

投稿日時 - 2009-10-15 12:40:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

No.9です。
先日とり急ぎ書き込ませて頂いたこともありまして、度々となり申し訳ございませんが少しNo.10の補足をさせて頂きます。

>病院に行きたがらない人を連れていった経験談
各ご家族によって状況が違いますので、残念ですが参考にしていただける事例はございませんでした。直接面談やお電話などで詳しくお話を伺うことで、ご質問者様のご家族にとって適切かつ的確なアドバイスが可能となりますので、重複しますが、ぜひご質問者様お一人でも専門の門を叩き、相談なさることをお勧めいたします。

ご質問なさってから10日ほどが経ちますので、すでに何か行動を起こしていらっしゃるかもしれませんが、参考までに、現在実績のある心理療法家を紹介した書籍をご紹介いたします。

『新・頼れる「心の治療家」12人―あなたを魂から救ってくれる 療法の予備知識からプロフィール・相談者の体験談まで  現代書林 定価:1200円(税別)』
『心を癒し、悩みを解決する頼れる「心の治療家」12人―いきいきと前向きに生きる自分に変身する! 現代書林 定価:1200円(税別)』

このほか「アダルトチルドレンまたはAC」で検索しますと、参考になるサイトが多数ヒットいたします。AC専門でカウンセリングや各種セラピーを行っているクリニックがありますのでこちらも力強い味方になってくれることと思います。ぜひ、参考になさってください。

カウンセラー・セラピストとの「相性」が最も重要です。かならず「この方なら信頼できる」と思える方につかれてください。
お住まいの近くにこれらクリニックがあるとよいのですが・・
ご質問者様そしてご家族が、安心して心から信頼できる善きカウンセラー・セラピストとの出逢いがありますよう心よりお祈りしております。




 

投稿日時 - 2009-10-18 19:30:41

お礼

再度ご回答頂きありがとうございます。
そうですね。心理療法やカウンセリングを受けるにしても本人に自覚がないと難しいですね。まずは、私1人からでも受けてみようと思います。
あと、書籍や検索方法などご親切に教えて頂き本当にありがとうございます。早速、調べてみます。

また、いろいろなアドバイスを頂き本当にありがとうございました。farfalla39様のアドバイスを1つずつ実行して、少しずつ妻の心をほぐし、また、子供が将来DVを繰り返さないよう全力でフォローしていきたいと思います。

最後に、このQ&Aに相談して、前向きに頑張ろうと勇気付けられました。皆様本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2009-10-19 12:11:00

ANo.10

#9です。補足文、拝見いたしました。
>家庭を守っているつもりで全然守れていない自分が愚かだと思いました。
これまでご質問者様はご家族の為に一生懸命働いて、生活を支えてこられました。ご自身も転職をなさる変化の時期でもあり、大変なことも多々おありだったこととお察しいたします。この度のことは起こるべくして起こったことのようにお見受けします。ご質問者様は愚かでもなんでもありません。どうか、ご自分を責めないでいただきたいと願います。

>このように病院に行きたがらない人を連れていった経験談などご存知でしたらアドバイスをお願い致します。
本人が行きたがらない場合、それを押してでも勧めるのは逆に反発を招き、益々頑なになるばかりで逆効果です。
また、心理療法やカウンセリングを受けるにしても、本人に「このままではいけない!」「何としてでも変わりたい!」「なんとかしなければ!」といったような意思、自主性がなければ良好な結果は得られません。

以前からうつ症状が出ていたことや、それからすでに2年以上たっていること、質問文・補足文の内容から、現在の奥様の精神状態は深刻ですし、このままですと肉体の方にも害がおよびかねません。
現在ご本人は悪感情に振り回されていますし、完全に自分を見失っている状態ですから、今の自分がどれだけ深刻な状態かも把握できていないのではないでしょうか。
まずは少しでも本来のご自分を取り戻して、ご自分の現在の状態に気づくことが優先かと思います。
このQ&Aサイトでは限りがありますので、まずはご質問者様お一人でも専門の門を叩き、相談なさることをお勧めいたします。

余談ですが、うつ状態に陥った専業主婦の方の心理の一つに、「わかってくれない」というのがあります。逆に自分の心の痛みをわかってくれる人、気持ちを汲んでくれる人が一人でもそばにいれば、うつにはなりにくいのです。

ここでいま一度、質問文に書かれた奥様の言葉を、ご質問者様に言っているのではなく、両親、特に実父に言っているのだという視点でもう一度読んでみてください。奥様がこれまで積み重ねてきた苦しい思い、その胸のうちが見えてきませんでしょうか。

これからご質問者様が奥様の一番の良き理解者となり、味方となってあげる! その決意をもって、言動・行動でそれを示してゆけば、頑なに閉ざした心も少しづつ開いてくるでしょう。

イソップ童話の「北風と太陽」の太陽になることです。反省も教訓にして活かし、無関心・否定・拒否・非難・誤解などより、受容・共感・感謝・理解といった愛を優先しましょう。そうすれば、現状はかならず好転してまいります。

時間はかかるかもしれません。長期戦の構えでのぞまれる事をお勧めします。しかし、この試練を乗り越えたときには、苦労の倍の幸せがかならず訪れます。あきらめずにベストを尽くされてください。

まずは、奥様に「これまで苦しい気持ちをわかってあげられなくて悪かった。ごめんなさい(わかってあげられなかったことを詫びるのはとても大切です)。」「これからも家族5人で仲良く歩んで生きたい。」といったご質問者様のありのままの気持ちを、心をこめて伝えていかれてみてください。

再び長文となり失礼致しました。
ご家族のお幸せを心よりお祈りいたしております。

投稿日時 - 2009-10-16 20:06:34

ANo.8

大変ですね。
 女の人は、結婚前は経済的にも時間にも余裕があって好きなことができていたのに、育児は本当に大変で、自分のことまで手が回らなくなります。
 誰の手も借りずに、ご夫婦お二人でお子様3人を育てていくのがどれだけ大変かは、想像に難くありません。
 奥様は今やっと、一番下のお子様が幼稚園に通うようになり、一人になる時間ができて、ご自分のことを少し考える余裕ができたのだと思います。
 そして、これからの自分のことを考えて、少し焦りを感じていると思います。
 子供が四六時中家にいて、世話をしなければならない状態から解放されたのですから、奥様に外に出る機会を差し上げてください。
 そして、少しだけ自由になるお金を手渡してあげてください。しばしの休息です。
 それから、奥様にお仕事をなさるように提案なさってみてはいかがでしょうか。
 外の空気を吸えば、また気分も違いますし、質問者様の有り難みも身に浸みると思います。奥様も、ご自分の収入があれば、結婚前のようにおしゃれをしたり、趣味の時間を作ったりもできます。
 子供も手を離れたし、楽しい仕事でも探してみたらどうか、稼いだお金は好きにしたらいいと提案してみてください。専業主婦は、意外に我慢の多い立場のようです。

投稿日時 - 2009-10-09 13:32:07

お礼

貴重なご意見ありがとうございました
私も妻が外に出て気分転換することに同感です。
軽く働きに出たり、習い事とかもいいと思いますが、やる気が出ず殻にこもってしまい、なかなかうまくいかないです。
他に夫としてやれることがあればアドバイスお願い致します

投稿日時 - 2009-10-15 12:40:29

ANo.7

今の人は我が儘ですね。
子育てが大変 大変!!って言うけど、(私も誰も頼らず3人育てました)、子育てってホンの10年ですよ。

お子さんができたら、「自分の人生」とかを考えるのでなく、
子供のことを第一に考えるべきです。

子供を虐待する母親とは、直ぐに離してください。

ご実家のご両親には頼れませんか?

せめて下の幼稚園のお子さんが小学校を卒業するまでの10年ほど、貴男のお母さんに来て貰うということはできないのでしょうか?

今は、とにかく母親からお子さんを離して、落ち着いた生活をさせることを考えるのが一番重要なことです。

投稿日時 - 2009-10-08 17:30:18

お礼

貴重なご意見ありがとうございました
morinosa11様は誰にも頼らず3人育てあげて立派ですね。
パートナーからはどのような協力を得て、どのようなことが心の支えになりましたか?
以前、離婚を考えたときに実家の両親に相談したことがあります。
両親には離婚は反対だが最悪の場合は頼っていいよと言われ、そのことにはとても感謝しています。
ただ、実際には場所も遠く難しいでしょうが・・・

投稿日時 - 2009-10-15 12:37:39

ANo.6

 まず、あなたと一緒になるについて、奥さんは、本性を隠し、あなたに合わせた・・・、これは、愛しているからこそ、出来ることで、好きな相手に合わせた気持ちは誰でも持つものですが、本質は、今の奥さんが本質なのでしょう。

 そして、自分の家庭が辛かったこそ、いい家庭を築こうと、これまた、自分を押し殺した・・・。

 でも、育児って、自分の本性を曝け出し、そして、一緒に成長していくものであって、思い描くようには行かないんです。

 ここで、自分が爆発したのでしょう。

 そして、そうなると、自分の過去の記憶が蘇ってしまう。叩かれて育った子は、叩いてしまうか、叩かないか・・・、その二つの大きく分かれますが、奥さんは、叩かないまでも、我が子を自分と同じ思いをさせてしまっている。

 ほんと、これが、性(さが)というものでしょうね。

 もし、神様が居るとして、そんな,カッコばっかりの生きかたじゃ、どうしようもないよって・・・、神様が、与えた試練が、長女の方で、この子に添えたとき、奥さんは大きく成長するのでしょうが、その手前で、否定ばかり・・・。

 でも、多分、他の男を見つけても、一時はいいかもしれないけど、心の葛藤は、自分を乗り越えない限り、続いていくのだとおもいます。

 まず、一番に、長女を叱るのを止めてください。長女は、あなたと奥さんの全てを背負い、心では、一番気を遣い、自分がいい子になれば…と苦しんでいるでしょう。

 生まれてきたことを、否定させてはいけません。

 あなたは、奥さんの家族と同じことを、してしまっています。暴力はしないまでも、あなたのしていることは、言葉と心の暴力です。

 夫婦が、成長するために、与えてくださった子供の意義を、あなたも奥さんも気がついていません。

 生きているってなんなのか、、、、教えてくれるのが、その子なのです。

 離婚前に、どうぞ、子供とともに、いろいろな門を叩いてください。

子供のためのカウンセリングでも、子供病院でも、子供の育て方のスクールでも、。

 長女を如何育てるが、長女のためか、いろいろな手段をこうじてください。

 私の息子は、学校について行けず、ドンくさく、みんなに馬鹿にされていた息子です。

 でも、息子は、捨て犬を捨てたままに出来ず、学校中、捨て犬要りませんか?と連れて歩き、学校に捨て犬持ってきたと、怒られた息子です。

 クラスでは足を引っ張り、先生からは、多動だと言われ、児童相談所に行けと、言われた息子です。

 大きな体罰に学校で会い、苦しんだ息子です。

その子を何とかしようと、子供の電話相談から、いろいろありとあらゆる手段を使い、子供を何とかしようとしました。
 
 最終的に、子供病院まで行き、他動ではない・・・と、そして、親子そろって、カウンセリングを、半年にわたり受けました。

 息子が、私と夫の垢を全て、持ってくれていたのです。

 そして、今、息子は、高校卒業し、専門職につき、堂々と社会にでていますが、その息子のおかげで、私と夫は、親とは・・・と言うものに、気がつけたのです。

 あなた方ご夫婦も、長女が、その役目を担っているのです。

離婚前に、子供の為に、ありとあらゆることをしましょう。それは、あなたの父親としての役目です。そして、親子してカウンセリング受けましょう。

 その中で、奥さんの過去、今の気持ち、みんな現れるでしょう。

 子供は、親の鏡なのです。

 あなたと奥さんの関係が、全て、長女に出ているのです。

 それを、改善してから、未来を見ることです。

 そのとき、奥さんは、本物の母になっているでしょう。

投稿日時 - 2009-10-08 16:05:06

お礼

貴重なご意見ありがとうございました
自分を押し殺し続けていた妻と、言葉と心の暴力を受けている子供に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
家庭を守っているつもりで全然守れていない自分が愚かだと思いました。
苦しい経験をあらゆる手段を使い実際に乗り越えられてきたkohune様の経験談は心に響きます。
私たち夫婦もいつかkohune様のように同じ方向を向いて親の意義に気づけるよう頑張っていきたいです。

投稿日時 - 2009-10-15 12:35:37

ANo.5

ag5さん、こんにちは。
板挟みでお辛い状況ですね。


まず、DVと言うのは、直接肉体に暴力を受けないとしても、
言葉による暴力、目撃者としての被害があります。
つまり奥さまも子供のころ、お母様が殴られる・罵られる場面を見聞きしていたわけです。
奥さまの子供時代は、常に緊張と恐怖にあふれた状態で過ごしてきた、と言う訳です。
それは大人になってもトラウマ・PTSDとして性格や行動に表れてきます。

もしかすると、長女さんはag5さんと似ているのと同時に、お祖母さま(奥さまの母親)と性格や雰囲気が似ているのかもしれません。
もしかすると、DVがひどかった時期は奥さまが長女と同年代の時かもしれません。
2年前から、という事は何かしら子供時代を思い出させるようなキッカケがあったのかもしれませんね。

私は専門家ではないので詳しくは分かりませんが、お子さんへの言葉の虐待はag5さんとの家庭内問題だけではないと思います。
マッサージなど、ボディタッチをしているのであれば、
多少会話が少なくてもここまでひどくはならないように思うのです。
女性は触れ合い(手をつなぐ・軽いキスやハグ・マッサージなど)にも強い愛を感じますので。
もちろん、男性であるag5さんが対話が少ない、と感じているのであれば、
女性である奥さまは『会話は皆無』と思っていてもおかしくはないので、
原因の一つとしては考えられますが…。

私としては、家庭問題よりも奥さまの心の問題の方が重要に思いました。
お子さんの為にも話し合いと同時に、早めのカウンセリングをお勧めします。

参考URL:http://www.kokoro-sodan.com/

投稿日時 - 2009-10-08 15:06:26

お礼

貴重なご意見ありがとうございました。
妻のDVに関して理解しようという意識に欠けていたと感じました。
今後はDVについて深く考え、妻への理解を深めていきたいと思います。

投稿日時 - 2009-10-15 12:33:09

ANo.4

子供3人を誰の助けもなく育てるのは、すごく大変です。
それこそ、旦那が帰ってきたら、全部任せたい、と思うほど、
追い詰められている状態だと思います。
死にたいぐらいになってるので、本当に今まで辛かったんだと思います。
肉体的にも精神的にも限界がきてるので、
これをなんとかしないと、今の生活をよくすることは
難しいかもしれません。

昔のように、子供は近所で勝手に遊ばせて、近所の助けがあり、
愚痴をいいあうような環境ではないので、
だんだん追い詰められていくのです。

それを全部旦那さんが背負う、というのも、無理な話ですので、
外部からの協力があったりするといいのですが・・・

保健機関に家族で相談するのも、解決にはならないかもしれませんが、
ストレス発散になるかもしれません。

奥さんが他の人と結婚して、精神が安定するなら、
その道もいいかと思います。
ひとつの家庭で子供3人みれる環境ではないので、
誰かの助けが必要・・・ということです。

投稿日時 - 2009-10-08 14:15:08

お礼

貴重なご意見ありがとうございました
そうですね。今は外部の協力が必要なのかもしれません。
今後、積極的にカウンセリングなど外部の力を利用していきたいと思いました。

投稿日時 - 2009-10-15 12:32:20

ANo.3

夫婦の問題ですから、ご主人片方の話のみを聞いてもわからないことなんですよね。
文章を読んでいると穏和そうで、よく気のつきそうなご主人で、
奥さんのこと助けてきたんだなぁって感じがするんですが
奥さんの方から見れば、そうは見えないのかもしれませんね。

ただ、これだけは言えるんですが、
子どもさんは明らかに被害者ですよ。
まだ小学生や幼児に向かって「死ね」なんて虐待そのものですし、
そんな精神状態の母親と子供を家に置いておいて心配ではないのですか?
夫婦うんぬんの前に、そちらの方を一番に考えられませんか。

投稿日時 - 2009-10-08 13:42:31

お礼

貴重なご意見ありがとうございました
確かに子供が一番の被害者ですね。申し訳なく思っています。
とにかく今は私が加害者にならないよう、またフォローできるように気をつけます

投稿日時 - 2009-10-15 12:31:30

ANo.2

あなた自身が大変かと思いますが、お子さんにも協力を得て、
奥様を一人(別居とか)にしてみたらいかがでしょうか。
結局、あなたに甘えているだけなような気がします。夫婦はお互い足らないものを支えあい、時には、譲りあいがなければ成立しません。なぜならならば元は他人だから。
だから、孤独にさせて頭を冷やしてもらうべきですよ。
一人で生きる、って本当に淋しいですよ。
当然、一人にする以上は生活の援助もなしで自分稼ぎで過ごしてもらうんですよ。
世の中、そんなに甘くないですよ。

投稿日時 - 2009-10-08 13:28:46

お礼

貴重なご意見ありがとうございました
何回も別居・離婚ということは考えているんですが・・なかなか決断できないです

投稿日時 - 2009-10-15 12:30:56

ANo.1

お子さんが7歳ぐらいだと、まだ40歳前だと推測しますが、結局一番の被害者に
なるのは子供なんですよ。新しい相手を見つけたいのは男女のエゴですね、ただ
嫌な雰囲気の中で生活は仕事にも影響しますし、暫く間をおくか別居もいいかと
しかしまだ10年でしょ、これからもっと大変なことがありますよ、しかし二人なら
やっていけるんですよ。お互いの思いやりが足りないのかと思うし子育ては
大変なストレスになる。子供がもう少し大きくなったら奥さんも外へ出てパートでもしてみたら。だけど、どうしても自分に落ち度も無く一方的であれば決断も
必要だと思いますよ。もともと他人ですから、他人が一緒に暮らしているんだから
我慢も大変、どちらかが折れないと、それでもダメなら子供のために法律的に相談も止む終えないのでは。

投稿日時 - 2009-10-08 13:08:17

お礼

貴重なご意見ありがとうございました
確かに子供が一番の被害者ですね。
とにかく今は私が加害者にならないよう、またフォローできるように気をつけます

投稿日時 - 2009-10-15 12:30:10

あなたにオススメの質問