こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

役不足とか檄を飛ばすとか。

役不足  正:役者の力量に対して求められている役が劣っている。
     誤:役柄に対して役者の力量が劣っている。

檄を飛ばす 正:自分の主張や考えを広く人々に知らせる。
      誤:励ます、力づける。

なんですが、ぼくはその場に応じて分かってればいいと思うんですよ。
わざわざ、それは誤用だッて言う人が時々いて日本語の美しさがどーのこーのといい始めるわけなんですが。これぐらいの誤用は変化の範囲内だとおもうんですよね。
おそらくですが割合的に誤用の使いかたが圧倒的に上回っているとぽもわれ。そのうち「昔はこういう意味だったんだよ。」といわれかねないレベルまで来ていますし。

誤用って皆さんはどうおもいますか?
知識としてはありですが、押し付けるのは僕は反対です。

投稿日時 - 2009-10-08 15:58:53

QNo.5351631

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

誤用はあくまで誤用であって、しかもあなたが例に出した「役不足」の誤用は論外よ。教養のなさが出る点で、徹底的に追放しないといけないね。それ以上に、正しい意味の国語を守るのは当たり前のことです。

ある言葉、熟語が拡大解釈されて本来の意味が薄れることは珍しくもないし、私もある程度は許容する。だけど、例示の「役不足」は拡大などではなく、知識不足、無教養の結果の誤用、しかもまったく逆の意味を持つのだから、これは絶対にダメ。

最近の広辞苑に、正誤の用例が載っているのは「どちらも正しい」と認めているのではなく、こんな誤用があるよ、と指摘しているだけのこと。それを「広辞苑にも載っているじゃないか」なんて己の馬鹿さ加減を棚に上げて得意げにいう連中には腹が立ちます。

投稿日時 - 2009-10-09 14:25:58

ANo.11

「役不足」って正誤の意味が全く逆なので, 「これぐらいの誤用は変化の範囲内」というのは実は「何でもあり」と言ってるのと同じなんだよね.
まあそう思うのは勝手だけど, 大多数はそこまでいわないと思うよ.

投稿日時 - 2009-10-09 00:21:00

ANo.10

あなたは国語の問題に「すりかえて」いますが,問題はあなたの態度にあるような気がします。

他人がせっかく正しいことを教えてやっても,「上から目線でものをいう」とふてくされる学生は,いくらもいます。こういう学生は始末が悪いので,つい,しつこく言わざるをえません。あなたの文章表現もほめられたものではないので,しじゅう先生や親に小言を言われて頭に来た,というふうにしか読めません。

いっぽう,「あれ,そうでしたっけ?」と携帯している電子辞書をその場で引いて訂正するような,すなおな学生なら,こちらも軽くいいます。

質問の語句については,『広辞苑』では
役不足:「正」の意味のみ
檄を飛ばす:「正」「誤」両方の意味を記載しています。
役不足のほうは逆の意味になるので,話者と聞き手の理解が異なると,困ったことになります。しかし,檄のほうは,どちらも何かを熱く語ったことには違いありませんから,とりかえしのつかない誤解にはなりません(だから両方を認めているのか?)。

言葉は移り変わるというご意見も多いですが,ぼくは古典落語のことばも使いますし,古文の「をかし」などの表現もまだ生きています。これは個人的な言語・感情世界の豊かさの問題です。

投稿日時 - 2009-10-08 17:52:52

>誤用って皆さんはどうおもいますか?

言葉は生き物ですから誤用が一般的になれば、
それもありかな。という気はします。

知識としてはありなんですから、指摘はありでも、
押し付けは不愉快というのは同意できます。


>押し付けるのは僕は反対です。

そのセリフは50年くらいたってから
若い人に言ってあげてください。

昔はこれが当たり前だったのに、
それが今では逆の意味にとられてまったく通用しない
というのはさみしいもんだと思いますよ。

投稿日時 - 2009-10-08 17:28:15

ANo.8

今の時代は言葉の意味よりもニュアンスが重視されている傾向がありますから、質問者さんのような認識も広く受け入れられるのかも知れませんね。
しかし、本来の意味を知らずに言葉を扱うのって誤解を招く危険があると思います。ニュアンスだけで会話ができるほどコミュニケーションって簡単じゃないですよね?

本来の意味は知っているけど、時代に合わせて敢えて崩して使うのと、自分が使っている言葉の意味がわからないで使うのとでは、全く意味が違うし、後者が平然と行われ、それを変化だと言い張られては現代に末恐ろしささえ感じます。

何事につけても「押し付ける」という行為は私も反対ですが、自分の使っている言葉の本来の意味を知っていて欲しいですし、それで恥をかくのは本人なので私は「本来の意味を教える」と思います。
これは知識というよりは常識の範疇です。

質問者さんには是非、言葉の意味の重要性について考え直して頂きたいと思います。

投稿日時 - 2009-10-08 16:45:25

ANo.7

まあ、知識を押しつけるのは嫌いですが、「正」を知らないで誤用しているようだと国語のレベルを疑いますね。いちいち指摘はしませんから、心の中で間違っているよと思ってしまいます。
「的をえる」と言う間違いぐらいならまだしも、「役不足」は正しい使い方を知っている人からすればせっかく大役を頼んだのに「役不足」と言われた形になるので失礼ですからね。

まあ、いちいち注意しませんが、直して欲しいとは思いますよ。
分からないなら、別の言葉を使えば良いのですから。
自分の子になら、キチンと注意しますけどね。

投稿日時 - 2009-10-08 16:33:13

ANo.6

押しつけると感じるのは受ける側ですよね

まあ確かに押しつけても身にはつかないでしょう
しかしそれが仕事上で部下に対して必要で有れば指摘します。
(余りにもひどい場合/馬鹿丸出しの誤用の場合ですが・・・)

投稿日時 - 2009-10-08 16:26:00

ANo.5

こんにちは。

同様の例としては、
「情けは人のためならず」
「確信犯」
がありますね。
従来誤用とされていた意味が一部の辞書に載っています。

また、「一生懸命」は、おそらく「一所懸命」を誤ったものが定着したものです。

lionartさんが下記についてどう思われるか気になります。

読書
 正 書物を読むこと
 誤 読み書き

亡命
 正 他国へ逃れること
 誤 命を亡くすこと

米国
 正 アメリカ合衆国
 誤 米の生産が盛んな国

好色
 正 情事が好きなこと
 誤 好きな色



ご参考になりましたら。

投稿日時 - 2009-10-08 16:22:49

ANo.4

そうですね…言葉は生き物ですからね。
流動物です。
ですから、世に合わせて変わっていくのは当然かと思います。

ただ、今現在は、「役不足」や「檄を飛ばす」は、意味としては『正』のほうはまだ過去の言葉になってはいないように感じます。

>ぼくはその場に応じて分かってればいいと思うんですよ

ええ。
ただ、『正』を理解していて、その上で敢えて『最近の使い方』をするのであれば良いのですが、そもそもの『正』を全く知らずに間違った使い方をしているのはちょっと気になりますね。
そういう人は、中々、「これが正しいんだよ。それは間違いだよ」と言っても信じないので(笑

例えば、ここでも皆様よくお使いになる「性癖」
これは、「ちょっと変わった・偏ったクセ」のことです。「性格」の『性』、「性質」の『性』で、「セックスの好み」のことじゃないのです。
でも、今はもう殆ど性的嗜好の意味になっちゃってますね(笑

ま、今現在はまだ正しい言葉はこっちだよ、というような指摘は良いと思います。何事によらず正しいことを知るのは良いことですから。
ですが、正しい知識をカサに着て「お前の使い方は間違ってるぞ!」と喚くのは頂けませんよね。

尤も、ビジネスなどの場では、やはり年配者を相手にすることも考えて、きちんと『正』のほうを使うべきだとは思います。

私は一応、最近出た辞書(大辞林等)に基づいて、用語・用法を考えるようにしています。
最近出た辞書であれば、まだその言葉は「生きている」と思うからです。(古い使い方ならば、辞書にそのように書いてあることが多いですね)

投稿日時 - 2009-10-08 16:16:34

その場のインテリジェンスのレベルしだいだと思います。

投稿日時 - 2009-10-08 16:16:10

ANo.2

>それは誤用だッて言う人が…

促音の「っ」はいつから片仮名に?

>どーのこーのといい始めるわけなんですが…

オ列の長音はいつから「ー」に?

>上回っているとぽもわれ。…

「とぽもわれ」ってどこの方言ですか。

------------------------------------------

>誤用って皆さんはどうおもいますか…

上の 3点も

>これぐらいの誤用は変化の範囲内…

ですか。
役不足にしろ檄を飛ばすにしろ、正しい意味で使っていかないと、あなたの書く日本語のように、他人に意味が伝わらなくなります。
言葉はお互いに意思疎通を図るための道具なのですから、一人一人が勝手な解釈を押し通したのでは役をなしません。
誤用を安易に時代の変化などとすべきではありません。

辛口意見を失礼しました。

投稿日時 - 2009-10-08 16:14:41

ANo.1

最近では広辞苑でも、本来の意味と誤用を両方載せているくらいですから、いちいち訂正するのは私も嫌いです。
でも、私(35歳)の年代は微妙なので、同世代間の会話の中で、正しく使っていても逆に間違っていると指摘されかねないですね。
若い方が新しい言葉遣いをされている分には何も感じません。

投稿日時 - 2009-10-08 16:10:15

あなたにオススメの質問