こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

この先の日本はどういう立ち位置?

この先、日本の経済的な位置関係はどうなるのでしょうか?

今は世界に誇る技術などだと思っているのですが、中国などの
経済大国が現れた今、この先の日本の存在意義って何なんでしょうか?

どんな魅力があって、どんな国が日本と取引をしてくれるんでしょうか?

日進月歩な技術な上に、販路を世界に広めている現在において
内需を拡大させようとしている訳ですから、あまり世間を知らない自分は
この先の日本の立ち位置って何なんだろう?と疑問に思いました。

お願いします。教えてください。

投稿日時 - 2009-10-10 17:18:33

QNo.5356736

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

今後の日本の経済的な位置づけは、そこそこ上位に踏みとどまれるか、2流国に落ちぶれていくのか、今ちょうどその分岐点にいるように思います。

これまでは、日本が高品質なものを比較的安価に生産することによって輸出が伸び、輸出産業を育てるために公共事業で道路などのインフラを整備することによって内需も拡大し、世界でも稀に見る成功を実現してきました。

ところが、現在は一部の分野における技術やブランド力は強いものがあるものの、国民全体の所得を押し上げるほどの規模ではありません。大量生産品では中国などにコスト面で勝てず、インフラは整備されつくしたので既に経済効果の高い公共事業も激減し、少子高齢化と人口の減少によって労働力も落ちてゆくので、輸出力、内需ともに衰えていく傾向に歯止めがかけられないのが現状です。

逆に、中国やインドの台頭と西ヨーロッパがEUとして復活してきたので、先進国内では水をあけられ、中国・インドには追い越されるという現実が目の前まで来ています。

取り急ぎ、中期的には日本が規模の経済でアメリカ・EU・中国・インドに勝てる見込みが全くないので、経済大国と小さい経済優等国(北欧諸国やシンガポール・香港のような)の間の経済準大国を目指して、アメリカ・中国の間をしたたかに取り持つような位置を確保する必要があると思います。

一番現実的なのは、中国を含めた東・東南アジアが世界で最も経済成長している地域ですので、ここの経済成長にうまく便乗することだと考えます。

中国とガチンコ勝負しては勝てないので、むしろ中国と組んで通信・交通・金融取引など、あらゆる産業で「アジア規格」を作る。そこで、日本が蓄積した技術力と運用実績を背景に設計とメンテナンスなどのサービスを担当し、製造は中国に譲る。そうして、アジア諸国がアジア規格を採用すればアメリカとEUとの競争から一歩抜け出して安定的な収益が生み出せるし、技術とサービスでアジアにおける「日本ブランド」を確固たるものにできるのではないでしょうか。

もちろん、中国は中国で日本を追い落として唯一のアジアの覇権国家を目指しているので、基本的には中国と協業するにしても、肝心なところはアメリカ・オーストラリア・インドの影をちらつかせて日本が完全に中国の従属下におかれないようにしておくことも重要です。

投稿日時 - 2009-10-13 12:13:02

お礼

インドと中国は来ていますよね。
違う意味で僕の中でもインドがかなり来ています。
バターカリーっていうのが非常に美味しくて、、、

中国は不透明な部分が大きくて、友好的に出来ればいいですが
敵にだけは回したくない存在な気がします。

投稿日時 - 2009-10-13 16:22:35

ANo.4

技術は日進月歩します。日本が他の新興国よりも
先に進んでいた分だけ日本の技術が有利です。

逆立ちしても、日進月歩で得たものは、お金では
買えない。

日進月歩を怠ると、米国のビッグスリーのような
末路を迎えることになります。

日本のブランド力も外国で健闘しています。
これも日進月歩の努力によるものです。

日常用品では、食品メーカーや化粧品メーカーが
崇拝に近い存在でいる。

日本で売れるものは、海外でも売れる。東アジア、
東南アジアでの日本の位置は高いです。中国でも
例外ではない。

日本で住んでいる私はもっと頑張らないといけない。

投稿日時 - 2009-10-13 07:39:58

お礼

僕も頑張ります。日本の皆で盛り上げていきましょう。

投稿日時 - 2009-10-13 16:19:57

ANo.3

http://www.infochina.jp/jp/2009/0805/2MMDAwMDAwMjg2MA.html
確かに中国は経済大国ですが、先端技術では遅れています。
「中国企業にはオリジナルの中核技術が不足しており、国際市場で立ち位置を見つけることが難しい。」と、上のサイトにあるように、世界的なブランドが中国にはありません。
日本は車のハイブリッド、ロボット、水処理技術をはじめ、先端分野がいくつもあります。
この技術立国の立ち位置があります。

投稿日時 - 2009-10-13 00:38:38

お礼

技術力はこのまま維持出来ると良いですよね。
ホンダのロボット技術には本当に驚きました。

投稿日時 - 2009-10-13 16:18:16

ANo.2

>>この先、日本の経済的な位置関係はどうなるのでしょうか?

追加です。

8月の選挙で、自民党政権から、民主党政権に変わったわけです。これは、一部の方には、「一種の革命が起きた」と受け止められているようです。ニュースに「八ッ場ダムをはじめとする143ぐらいのダム建設中止」「CO2の25%削減」「時給千円に底上げ」など、流されています。
なんとなく感じられている方もいるでしょうが、これは日本の政治が「自由主義」から「社会主義・全体主義」に変わったわけですね。
その結果、企業は経済活動の自由が大きく制限され、これから先、さらに不況がひどくなり、企業内失業者(公務員も?)が大量解雇に向かうと思えます(1千万人くらい?)。また、マスコミも放送局の赤字がニュースで流れていますが、2011年の地デジ完全切り替えのあたりに、大手マスコミも倒産しはじめるのではないでしょうか。

そして、多くの国民が「もう民主党にはまかしておけない。これならまだ麻生・自民党のほうがましだった。」と考えるようになるでしょうね。でも、そのころには、自民党は再起不能になっていて、2つの政党が政権を競い合う『二大政党制』ではなく、『民主党だけが政権担当可能な政党』という独裁体制になり、新たに作った法律で企業や国民を締め付けていることでしょう。

ただ、お坊ちゃんの鳩山氏では、いくら法律を作っても、経済の状況を改善する手腕は無いので、以前の自民がやったように政権を放り出すと思えます。
(もしかすると、この段階でヒトラーのような指導者が登場するかも?)

その後の日本経済は、2流国・3流国のポジションになり、それからの回復は大変だと思えます。

投稿日時 - 2009-10-12 21:01:33

お礼

鳩山氏には頑張ってほしいですね。

投稿日時 - 2009-10-13 15:52:22

ANo.1

>>この先、日本の経済的な位置関係はどうなるのでしょうか?

予想ですが、

鳩山政権では、経済成長戦略が無いので、多くの国民が悲観的になり、この先、日本の経済的な地位は低下してゆくと思えます。実際に、すでに海外ブランドショップは、日本の店をどんどん閉店させていますからね。
そして、子供手当て、高校授業料無償化に代表されるように「国などに自分の生活の面倒を見てもらおう」と考える依存体質、つまり「英国病」にかかる企業・人間が増加して、労働意欲の低下、経済活力低下の結果、日本は経済二流国、あるいは三流国になるかもしれません。

緊急避難的に、現在の雇用維持助成金など、国がばら撒きをするのはしかたないとしても、その後の経済再建策が無ければ、その助成金の期限である3年後が大変になるでしょうね。まあ、それ以前に、増税・増税となって、一般庶民は生活が鳩山政権下で、どんどん生活が苦しくなるでしょう。

投稿日時 - 2009-10-11 07:54:00

お礼

それは困りましたね。

投稿日時 - 2009-10-13 15:48:29

あなたにオススメの質問