こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

夫の扶養に入っています。株式の配当と譲渡益があるのですが、確定申告した方が良いでしょうか。

夫の扶養に入っている専業主婦です。

結婚前の貯蓄を使って株式投資をしているのですが、
平成21年分として
配当が約5万円
譲渡益が約31万円
ありました。

取引は全て「源泉ありの特定口座」で行っているので確定申告する
必要はないということはわかっているのですが、税金で引かれた分が
還付されるのであれば申告しようかと思っています。

申告して扶養から外れたり住民税の催促が来るのであれば申告
しない方が良さそうですが、この場合はいかがでしょうか。

また、株式を売却すればさらに譲渡益が出そうなのですが、
いくらまでの配当+譲渡益であれば扶養に影響が出ないのか
教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-10-12 15:09:16

QNo.5361451

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>夫の扶養に入っている専業主婦…

税法上、夫婦間に「扶養」はありません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。
「配偶者控除」と「配偶者特別控除」とでは、税法上の取扱が異なりますから、十把一絡げに扶養と片付けてはいけないのです。

しかも、税法上の配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 (給与収入のみなら 103) 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76 (同 141) 万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>税金で引かれた分が還付されるのであれば申告しようかと…

お書き以外に収入源が全くないのなら、申告すれば還付されます。

>配当が約5万円…
>譲渡益が約31万円…

源泉税を引く前の数字ですか、引いたあとの数字ですか。

>申告して扶養から外れたり住民税の催促が来るのであれば…

源泉徴収 10%のうち、3%は住民税として納税されています。
これを確定申告すれば、本来の課税方法で計算し直し、払いすぎであれば戻ってくるし、足りなければ追納となります。
具体的には、5万円、31万円が源泉税を引く前か引いたあとか分かりませんし、住民税の「均等割」は自治体によって違うので、確実なことは何も言えません。
ご自身でお調べください。
(某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan

>いくらまでの配当+譲渡益であれば扶養に影響が出ないのか…

だから、「所得」が 38万までなら夫は配偶者控除を、76万までなら配偶者特別控除を、今年の年末調整もしくは来年早々の確定申告で取ることができます。

もし、5万円、31万円が源泉税を引いた後の数字であって、これを確定申告するとしたら、夫は配偶者控除は取れずに、配偶者特別控除となります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2009-10-12 16:01:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

あなたの分離課税で10%程度で完結しているのですから、わざわざ表に出して主人の税率で支払う必要は無いでしょうという概算になりませんか。

控除のラインを考えて資産運用などしていると、タイミングを逸して益を減らしてしまうことになりますよ。
今は証券取引の特例延長で税率は低いのですから、自分は基礎控除で還付・主人は増税なんて事にならないよう、確定申告のページで二タイプ試算してみれば、簡単に答えは出ます。

投稿日時 - 2009-10-12 16:33:47

あなたにオススメの質問