こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

離婚時の財産分与について

この度離婚を切り出され、今の段階で財産分与がどれくらいになるのか計算しているのですが、いまいち分かりません。
詳しい方がおられましたら、私の今の試算が間違っているかどうか教えて下さい。

離婚後、分譲マンションには主人が住み続けます。
住宅ローンは共働きだったので1/2で契約してます。
今の段階では主人がローンを組み直す方向で考えています。

主人は財産分与で下記の1/2と考えてるようです
・現在の夫婦二人の通帳の残高(カード差し引き分を抜く)
・貯金額

ですが、私は分譲マンションの返済額と家財道具で使った分も分与されるのだと考えています。

・主人の考えてる分与額(200万)
プラス
・住宅ローン返済額(300万)の1/2(150万)
・家財道具(90万)の1/2(45万)

合計395万が分与額と私は考えたのですが、間違ってますか?

投稿日時 - 2009-10-17 11:01:19

QNo.5373624

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

あなたのいう住宅ローン返済額と家財道具については,いずれもあなたの考えは正しくない可能性が高いです。

 分譲マンションは,現在の処分価額からローンの残高を引いた額が財産分与の対象額になります。この現在の処分価額とは,現状のまま不動産会社などが買ってくれる場合の金額です。業者に査定してもらったらどうですか。同様のマンションで販売されている価額も参考にはなりますが,販売されているのは金をかけてリフォームをして,直ぐにでも引渡してくれる状態のものですから,あなたのマンションはそれよりかなり安くなります。現在の経済状況だと相当安く買いたたかれるでしょう。ローンの残高はいくらですか?これまでの返済額が300万円だとすると,ほとんどは利息の支払いになっているでしょうから,元金はあまり減っていないでしょうね。そうすると買った金額よりかなり安くなる可能性のある処分価額からローンの残高を引くとマイナスになるかもしれませんね。あなた方のような離婚しようというご夫婦の場合,マイナスになる場合が圧倒的に多いのが現状です。そうすると財産分与の対象額はゼロです。仮にいくらか余りが出れば,その半額をあなたがもらえることになるだけです。むしろご主人にローンの残額を財産分与として負担しろなどと言われるかもしれませんよ(これも認められませんが,言う人は多いです。)。
 ローンの返済額は財産分与の対象にはなりません。あなたが半分支払っていたとしても,その分は,これまでそこに住めていたわけで,住めていた分の利益を得ていた以上,それで支払った分はペイしているわけです(簡単に言えば家賃がわり)。だいたい支払った分はほとんど利息でしょう。元金の減額にはほとんど寄与していませんよね。

 家財道具は,半分もらえます。ただあなたの言っている数字はおそらく買ったときの金額ではありませんか?財産分与の対象となる金額は,現在の中古品としての金額です。普通はリサイクルショップなどの業者等に買いとってもらう価額から引き取りの手数料など経費等を引いた金額がそれです。おそらく買ったときの金額の1割にもならないと思いますよ。それで納得できなければ,頑張って高く買い取ってくれる人をあなたが探し,最終的に売上がでたら,そこから手間賃を引いた残額を半分ずつ分けるか,それがいやなら処分しないで現物を分け合って持って行くしかないでしょう。

 もし預金以外に財産がないのなら,ご主人が言っていることが正しい可能性が高いと思われます。

投稿日時 - 2009-10-17 16:43:15

お礼

詳しいご回答ありがとうございます。
主人に強く出る前に色々分かって助かりました。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-10-17 18:14:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

最初に、最終的には二人が合意さえすれば以下に書いた内容でなくてもいい、ということを断っておきます。ただどうしても合意できず、それこそ裁判判決で法的な判断を仰ごうとするつもりならこういう結果になるだろう、という意味でコメントします。

まずご主人の考えている分は間違いなく財産分与の対象になります。

質問者様の主張されているうち、住宅ローン返済額(のうちの質問者様が払ったぶん、という意味ですよね?)は対象になりません。また家財道具については結婚後に購入したものだけが対象になり、結婚前のものは所有者のものです。ただ仮に財産分与対象の家財道具が90万円ぶんであったとしても、45万円を現金でもらえる、という意味ではありません。単純に「二人で分ける」ことだけが決まっています。どう分けるかは(実際には公平でなくても)二人が納得する内容であればかまいません。

更にもう1つ財産分与の対象があります。マンションです。仮にマンションを今売却したとした場合の売値(不動産屋に見積もっていただく必要があります)から、支払いが残っているローンの額を引いた差がマンションの価値であり、これも分与する必要があります。もしもマンションの価値がゼロ以下(いわゆる「負の財産」です、借金と同じ扱い)の場合は借金を二人で分けることになりますので注意が必要です。


もう1つ。質問文に書かれた内容は二人で「こうしよう」と決めたことだと思いますが、ご主人一人にローンを組みなおせるという保証はないはずです(お二人ではなく、銀行が判断することです)。銀行がローンの組み換えを認めない限り、離婚しようが、出て行こうが、ローンを支払う義務は変わらないことになるので注意が必要です。

というわけで、まずはローンの組み換えが可能かどうかを銀行に相談・確認すべきだと思います。その結果によって、方向転換が必要になるかもしれないので。

投稿日時 - 2009-10-17 16:20:29

お礼

そうですね・・・
住宅ローンの組み直しが出来ないだろうな~。
とは思っています。
これは人生の中でも高い授業です。

分かりやすいご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-10-17 18:16:01

あなたにオススメの質問