こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ハローワークを使って転職を考えていますが、困ってます・・・

小さな会社で事務員として働いています。
今年いっぱいでの退職を考えています。

転職はハローワークを活用し、
11月末(退職1ヶ月前くらい)から転職活動しようかなと考えているのですが、

転職先を決めてから在職中の会社に退職を申し出たいのですが、それはどうですかね?

在職中の転職活動をしてるの方は、やはり転職先決定して退職を申し出てるのでしょうか?

在職中の転職は面接日、時間を調整するのが大変そうなので心配です。。
就業時間終わってから面接してくれる会社があったら嬉しいのですが、そんな会社はめったにないようですし、
ハローワークの方に「仕事休んで行った方がいい」と言われました・・・
今の会社は体調不良以外休みをとれない会社なので、そんな頻繁に休めません。。

在職中で、ちゃんと転職活動できるのかすごく心配です・・・

みなさんはどうしてらっしゃるのでしょうか?

無料転職エージェントとかの利用以外で、、
基本はハローワークを利用したいので・・・

相談お願いします。

投稿日時 - 2009-10-18 03:03:49

QNo.5375738

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

転職経験もあり、現在また転職活動中の者です。

まずは企業に最も遅い面接スタート時間を聞いてみてはどうでしょう。
19:00~、20:00~の面接でも間に合いませんか?
私の場合はこの遅い時間で対応頂いています。
私も残業が多く、普段は21:30くらいまで仕事をしていますが、
たまに残業ナシで帰るくらいなら出来るのではないでしょうか。

投稿日時 - 2009-10-19 21:08:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

この人余り時代に わざわざ時間外に面接時間を設けている会社があると思いますか、あると思うなら聞いてみたらよいでしょう。#3さんの回答が、実際に仕事しているだけに現実だと思うよ。今は事務職なら一人の採用に50人以上は応募するそうだよ、そんな状況のなかで1人だけ特別扱いしてくれると思ますか。そんなことをしてくれる会社は、労働条件の悪く定着率の低い、常時人を募集しなければならない会社くらいだけですよ。

投稿日時 - 2009-10-20 10:39:32

ANo.5

辞めてから転職活動を行うのは絶対に避けるべきです。(超経験者ですww)食べれない期間が必ず出てきます。
求人を出している会社は、「本当に人を求めてる会社」なら
「在職中ですので」と言えば面接の日時について何らかの便宜は図ってくれますよ。(実際そうでした)
まあ、せかせかして挑むよりは前後に余裕をもって挑んだ方がいいと思うので
休めれば休んだ方がいいかも知れませんが。
ですが就業時間外ならまだしも休日夜間に及ぶ場合はあまりないかも。
休めない会社とのことですが、もう辞める会社ですよね。
あまり気にしなくていいのでは?(ヒトゴトですいません)

ハロワで、とご希望されているようですが、注意すべきことがあります。
それは「それほど人を求めていない会社」からの求人です。
人事ではなかったのであまり詳しくないのですが、確かハロワを通して
人材を採用するとナニカの給付金が会社に出ます。
それをもらうためだけに求人を出しているところも中にはあります。
(前の会社がそういう悪質な会社でした)

このご時勢、面接までこぎつけることができる会社ばかりでもないし、
一度や二度の応募で就職先が見つかる場合は少ないです。
技術を持っていても、若くても、実務経験が十分にあっても、です。
これから探されるとのことですので、何度面接に行っても不採用だからと
めげないで頑張ってください。

投稿日時 - 2009-10-19 19:54:42

ANo.4

働かなくても食べるのに困らないのであれば大丈夫と思いますが、そうでなければ、次の働き口を決めてから現職の退職手続きに入るのが普通の順番でしょう。
となると、必然的に面接時間は業後の時間帯になりますが、それも普通です。仕事を休んで面接に行け(または来い)なんて、現職で責任を持って頑張って働いている人への言葉とは思えませんね。

人というのは最も基本的かつ重要な企業のリソースです。これを充足するのに何ら計画性を持ち合わせていない先は、個人的には即辞退です。
選考に際して、応募者のスキル・経験・実績・仕事に対する責任感よりも、「明日からでも来れる」とか「業務時間中に面接に来れる」とか、そんなしょうもないことを評価するような組織で働いても決して幸せになれないとおもうからです。

投稿日時 - 2009-10-19 11:04:39

ANo.3

会社で採用を担当している者です。
希望論でなく現実論で言えば、面接時間を 就業時間外にしてくれる会社は、よほどの人手不足の会社で無い限りありえません。特に応募者が殺到する今の時代では。そして、今の会社と天秤にかけていると思われます、そんな人に余計な時間や手間は掛けません。丁重に断られるだけです。あなた1人に時間外に面接するためには、面接者2人・補助の女子社員が居残り・残業しなければならないのですよ、それをしてくれると思いますか?
本当に転職したいなら、退職してからか、今の会社にウソをついてでも半日休暇を取って対応すべきだと思います。

投稿日時 - 2009-10-18 16:18:55

ANo.2

こんにちは。一度退職してから転職活動をした者です。
在職中/離職後どちらで活動するかは一長一短だと思います。
[在職中]
長所…活動中も収入はあるので焦りがでない
   採用時、待遇などで足元を見られにくい
短所…面接の都合が折り合わない
  (本当に入りたい会社であれば、休んででも行くべきと思います。それができないなら、そこまでの縁だったということです。)
   面接の準備の時間が取りづらい
   入社日の希望が採用側と折り合わない
[離職後]
長所…腰を据えてじっくり活動できる
   入社日の融通がきく
短所…なかなか決まらないと焦りがでてくる。
   待遇面で足元を見られる
   雇用保険の給付制限期間中は無収入になるので蓄えが必要

以上を踏まえたうえで検討すればよいかと思います。
ただし、個人的にはしんどくても在職中に活動すればよかったと今でも思います。
このご時世ですし、転職は大変でしょうが、いい転職先に出会えるといいですね。
   

投稿日時 - 2009-10-18 15:42:54

ANo.1

今のご時世、転職先を決めてから退職を申し出るのは珍しくないです。

現在転職活動中だというのがばれないようにするには就業後に
転職活動するのが堅いですし、
今いる会社の決まりや仕事の都合でどうしても就業時間後になってしまうことを伝えれば、一般的には応じてくれると思いますよ。
むしろ仕事に対する姿勢を評価されるかもしれません。

もし渋るようなら、自社の都合を一方的に押し付けようとすることがまかりとおる会社(あるいは風土)なのかもしれません。

投稿日時 - 2009-10-18 07:10:38

あなたにオススメの質問