こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

筋トレ

中3男子です。
いま筋トレを
腹筋、スクワット×50
腕立て×25(このくらいが限界です;)
をやっています。
太ももの脂肪を落としたくてスクワット、
六つに割りたくて腹筋、
ソフトテニスをやってるので腕立て
という感じです。
腹筋は効果が見えているし、腕立ては正直やった後かなりつらいので
効いてると思うのですが、スクワットだけ効果?が実感できません。
なにか、より良い方法(こうすると効果的!)などありますか?

また、腹筋だけやるとヘルニアになるから背筋もやった方がいいと聞いたのですが本当ですか?

投稿日時 - 2009-10-20 17:50:47

QNo.5382585

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

腹筋割れてる位だと脂肪もだいぶ少ないから体重も軽くて負荷が足りないんでしょう。腕立ては25回で限界だけどスクワットは50回やってもまだ余裕有りそうだし。

まずは正しいフォームの確認。お尻しっかり落としてますか。太ももが床と水平になるまでしっかり落としてやってください。落とし方が少し違うだけで結構きつさが変わります。落としきったところで少し停止。やってなかったらまずはこれを試してみてください。

これでも全然きつくないよって時は次の対策。
体重が軽過ぎるので重さを追加。ナップサックとかまだ持ってればランドセルとかに教科書辺りをガーンと全部詰め込んでそれを背負ってやってみましょう。当然重いほうが効果抜群ですがあんまり重過ぎるとかばんが破けたりして危ないのでほどほどな感じで。

さあ、これも楽勝だとなったら足の力が強過ぎる。足を減らしてみましょう。片足でスクワット。バランス感覚なんかも鍛えられて一石二鳥。似たものに片足を低い台の上に乗せてやるブルガリアンスクワットなんてのもあります。興味があったらググって見て下さい。

他にも足に力を入れたままゆ~~~~~っくりスクワットをやっていくスロースクワットなんてのもあってこれも地味に効きます。

上の対策は組み合わせたりも出来るので色々試して見て下さい。太ももの脂肪落とすのにスクワットが一番いいか?というとちょっと疑問ですが、かっこいい足にはなると思いますよ。

で、ヘルニアのお話。筋肉というのは自分で縮むことは出来ても伸びることは出来ません。腹筋が縮まったら反対側の背筋で伸ばしてやらないといけません。なので体の反対側の筋肉(拮抗筋といいます)も同じように鍛えないと体のバランスが悪くなります。ヘルニアになっちゃうほどかは分かりませんが、体に良くないのは確かです。出来れば背筋もしたほうが良いですね。

投稿日時 - 2009-10-20 23:12:56

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

腕立て伏せと腹筋運動に関しては効果が出てるようですので継続されて下さい。

スクワットに関しては効果が感じられないようですが、自重では負荷が軽い為だと思われますので何か負荷を掛ける必要があります、例えば自重でしたらゆっくり行ってみる、回数を増やす方向で考えてみる、又、バーベルやダンベルが無い場合はそれに代わる物で代用して行ってみる。
しかしながら、太腿の脂肪を落としたいのでしたら有酸素運動を行う必要があります。

腹筋運動とヘルニアは無関係です、寧ろ腹筋運動を行う事で腹筋が肥大して腰部の負担を軽減します。
背筋も行った方が良いと思いますが、反らし過ぎに注意して下さい、腰部を痛める原因となります。

投稿日時 - 2009-10-21 18:59:53

ANo.1

はじめに断っておきますが、
筋肉の速筋(強い力)、遅筋(持続性のある力)の細胞比率は先天的なものですので、トレーニングを積んでいっても、変化には限界があります。
男性でも、女性でも、痩せているのに下半身だけはガッチリしている人はいます。これらの人は、努力をしても、モデルのような脚には、なかなかなれません。

さて、本題ですが、
脂肪を燃焼させるためには、筋肉トレーニングだけでは不十分です。
それに加えて有酸素運動が必要です。というよりむしろ、有酸素運動だけでも脚は痩せられます。
有酸素運動であれば、30分~60分は続けないと効果は出にくいので、筋トレより、別の意味の努力が必要です。

何をすべきか。毎日30~60分(1)~(3)のいずれかをする。
(1)走る
(2)歩く
(3)自転車をこぎ続ける
これらは、軽度な脚力トレーニングと有酸素運動を兼ねているので、
脚を痩せるのには効果的です。サウナスーツを着れば、より一層効果があります。

腹筋とヘルニアの関係について、
スポーツ選手やボディービルダーがするような過度なウエイトトレーニングを積まない限り、ヘルニアの心配はないと思われます。
もし、過度にやらずヘルニアになったら、それは遺伝か何かで、遅かれ速かれ、ヘルニアになります。

投稿日時 - 2009-10-20 18:51:50

あなたにオススメの質問