こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ジェイゾロフトを飲んでいるのですが・・・

抗欝薬のジェイゾロフうトを飲んで2週間経ちますが、神経過敏やいらいらします。

飲んで見た感想としては、テレビを見られるようになったとか、集中できたり、ずっと起きていられるようになった etc..など良い面もあったのですが、副作用として、精神が不安定になったりします。

ちょっと、この副作用には、絶えずらいので、医師に内緒で同じSSRIのパキシルを夕食後飲むようになり、ちょっとましになったようです。

ジェイゾロフトで精神が不安定になった方いらしゃるでしょうか??

また、同じ系統の薬を飲んでもいいものなのでしょうか??

教えてもらえないでしょうか?
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2009-10-24 12:07:46

QNo.5392345

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

過去の筆問でこんなのがありましたよ。

SSRIの1種、似た製品に、パキシルがある。効果がある、ないは、個人差による。質問者さんは、ちょうど、合ったので、良かったですね。
肝機能障害の注意が必要なので、定期的に血液検査をすることをお勧めします。SSRIなので、リタリンのような、覚醒、高揚効果は、ないと思われます。以下、薬の説明書きです。

*************************

成分(一般名) : 塩酸セルトラリン
製品例 : ジェイゾロフト錠25mg~50mg ・・その他製品 & 薬価比較
区分 : 神経系用剤(含む別用途)/抗うつ剤(SSRI)/選択的セロトニン再取り込み阻害剤

概説 憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病やパニック障害の治療に用います。
作用

【働き】
気分が晴れずに落ち込んだり、悲観的になったり、やる気がでない、集中できない、眠れない・・そんなこじれた心の症状を改善し、気持ちが前向きになるのを助けます。また、不安や緊張した気分をほぐして、気持ちを楽にします。うつ病のほか、いろいろな心の不具合に応用されます。
【薬理】
脳内セロトニン神経は、気分にかかわる神経です。このお薬は、その神経に存在するセロトニンという神経伝達物の再取り込みを阻害します。これにより、脳内シナプス間隙のセロトニン濃度が高まり、神経の伝達がよくなります。結果として、うつ状態が改善され、気分が楽になると考えられます。
特徴 国内3番目の選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)です。セロトニン系の神経にだけ選択的に働くのが特徴です。この特性により、従来の抗うつ薬に多い口の乾きや便秘、心毒性などの副作用が軽減されています。第3世代の抗うつ薬で、世界的にも広く使われています。
セロトニン再取り込み阻害作用は、他の同類薬より強力です。また、血中濃度半減期(約23~24 時間)が長く、1日1回の服用ですみます。飲み合わせに関係する性質として、他のSSRIが関与する肝薬物代謝酵素CYP2D6に対する阻害作用が弱いとされます。

注意
【診察で】
持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。病気によっては症状を悪化させるおそれがあります。
飲み合わせの悪い薬があります。2週間前から今現在までに飲んでいた薬を、医師に報告しておいてください。
妊娠中もしくはその可能性のある人は、医師に申し出てください。
服用後の注意事項や副作用について、ご本人、できたらご家族も含め、事前によく説明を受けておきましょう。
【注意する人】
肝臓の悪い人、てんかん、躁病の既往歴のある人などは慎重に用います。また、若い人に適用する場合は、治療上の有益性だけでなく、不利益についても十分検討する必要があります。症状によっては処方を控えなければなりません。この薬を含む複数の抗うつ薬の臨床試験を分析したところ、24歳以下では かえって悪い衝動を引き起こすおそれがあるとの報告があるためです。高齢の人ではそのようなことはないのですが、少量で開始するなど服用量については配慮が必要です。


注意が必要なケース..肝臓病、躁病の既往、てんかん、出血性疾患、妊娠中、高齢、24歳以下、いのちを絶ちたいという思いのある人など。
【飲み合わせ・食べ合わせ】
パーキンソン病の治療に用いる塩酸セレギリン(エフピー)との併用は禁止されています。「セロトニン症候群」という重い副作用を起こすおそれがあるためです。また、安定剤のピモジド(オーラップ)との併用により、重い不整脈を起こす危険性があります。ほかにも飲み合わせに注意する薬がたくさんあります。服用中の薬を必ず医師に報告してください。


飲み合わせの悪い薬..セレギリン(エフピー)、ピモジド(オーラップ)。
飲み合わせに注意..炭酸リチウム(リーマス)、トリプタン系片頭痛治療薬(イミグラン等)、L-トリプトファン含有製剤(アミノ酸製剤、経腸成分栄養剤等)、三環系抗うつ剤(トリプタノール等)、ワルファリン(ワーファリン)、出血傾向が増強する薬剤など。
アルコールといっしょに飲むと副作用がでやすくなります。飲酒はできるだけ控えましょう。

【使用にあたり】
服用量は個人差が大きいです。ふつう、少量より開始し、よい効果のでる量まで徐々に増やしていきます。とくに、肝臓の悪い人、若い人、高齢の人は慎重に増量します。なお、よく効いてくるまでに、2~3週間以上かかることがあります。
飲み始めの吐き気は、たいてい2週間くらいで軽くなってきます。ひどいときは医師に相談してみてください。吐き気止めなどで対応可能です。
飲み始めや増量時に、かえって気分が不安定になるときは、医師と連絡をとってください。できましたら、ご家族など付き添いの方も、気分変動や不穏な行動に注意するなど、服用後の様子を見守るようにしましょう。
自分だけの判断で止めてはいけません。急に飲むのを中止すると反動で症状が悪化したり、体の具合が悪くなることがあります。中止する際は、医師の判断で徐々に減量しなければなりません。
うつ病では、症状がよくなってからも、しばらく少量を続けることが多いです。いわゆる「揺りもどし」による再発を防ぐためです。症状や環境にもよりますが、半年~2年くらいは続けることになると思います。再発を繰り返しているときは、更に長期の服用となります。指示された期間、続けるようにしてください。
【妊娠・授乳】
妊娠中は、治療上の有益性を十分考慮するなど、慎重に適用しなければなりません。もし、服用中に妊娠した場合には、継続の可否について医師とよく相談してください。自分だけの判断で急に止めてはいけません。

【食生活】
とくに飲み始めに、眠気やめまいを起こすことがあります。車の運転、危険な仕事、高所での作業には十分注意してください。
うつ病は、ストレスなど脳の疲れのサイン。まずは、がんばらないでゆっくり休養することが第一です。脳の疲れがとれてくれば、少しずつ良くなってきます。すぐに治らないからと悲観することはないでしょう。長引くことがあっても、いつかきっと時間が解決してくれると思います。
抗うつ薬は、症状の回復を早めますが、うつ病の原因そのものは治せません。落ち着いてきたら、生活や職場の環境調整、さらに認知療法などを合わせておこなうとよいでしょう。今はつらいかもしれませんが、あせらずに、ゆっくりと治療なさってください。

うつ病・うつ状態、パニック障害。
【応用】
摂食障害、過食嘔吐、月経前不快気分障害、強迫性障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害など、いろいろな心の不具合に応用されることがあります。
用法 通常、成人はセルトラリンとして1日25mgを初期用量とし、1日100mgまで漸増し、1日1回経口服用する。なお、年齢、症状により1日100mgを超えない範囲で適宜増減する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。

副作用 比較的安全性の高い抗うつ薬です。従来の薬に多くみられる口の乾きや便秘などの不快な副作用も少なくなっています。飲み始めの吐き気はたいてい2週間くらいで軽くなりますが、ひどいときは医師に相談して対策を考えてもらうとよいでしょう。その後の副作用はわりと少なく、長期の維持療法にも適します。

多くはありませんが、人によってはかえって神経過敏になり、不安感を生じたりイライラ・そわそわ落ち着かない気分になることがあります。さらに衝動的な行動につながるおそれもあるようです。このような精神的変調も服用開始時に多くみられる症状ですので、あまり心配せず医師とよく相談してください。

重い副作用は頻度的にほとんどありませんが、この系統(SSRI)の特異な副作用として「セロトニン症候群」があります。万一のことですが、念のため頭に入れておいたほうがよいでしょう。混乱状態、発汗、体のぴくつき、ふるえ、けいれん、発熱といった症状があらわれます。なにか普段と違う「おかしいな」と感じたら、すぐに医師に連絡してください。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
セロトニン症候群..不安、焦燥、興奮・混乱・もうろう状態、取り乱す、幻覚、発汗、体のぴくつき、ふるえ、けいれん。
悪性症候群(Syndrome malin)..急激な体温上昇、筋肉のこわばり、体の硬直、発汗、ふるえ、意識がはっきりしない。
けいれん、昏睡..筋肉のぴくつき、筋肉の硬直、手足けいれん、全身けいれん(ふるえ、白目、硬直)、混乱・もうろう状態、意識がなくなる。
肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)..だるい、のどが渇く、頭痛、吐き気、けいれん、意識もうろう、気を失う。
重い皮膚症状..高熱、ひどい発疹・発赤、唇や口内のただれ、のどが痛い、水ぶくれ、皮がむける、強い痛み、目の充血。
アナフィラキシー様症状..じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、息苦しい(ゼーゼー)。

【その他】
吐き気、食欲不振、口の渇き、便秘、下痢
眠気、めまい、頭痛、だるい、ふるえ
不安感、イライラ感、混乱、不眠
尿が出にくい、動悸、目がかすむ・まぶしい
発疹、性機能異常

投稿日時 - 2009-10-24 12:20:26

お礼

そうだったんですね。

主治医に相談したいと思います。

イライラ、不安定は、2週間を過ぎてから、収まってきたと思います。

パキシルがあっていたのでしょうね。

アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2009-10-25 14:56:49

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問