こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ビールの味の違いについて

最近ビールが美味しいと思い始めた初心者です。基本的で申し訳ありませんが、ビールについて教えて下さい。アサヒ“ザ・マスター”、キリン“一番搾り”、サッポロ“エビス”、サントリー“プレミアムモルツ”…。同じ麦芽とホップのみの原材料なのに、これほど味が違うのが不思議で仕方ありません。これは、単に原材料の違いだけなのでしょうか?
ざっくりとした質問ですみません。。。わかりやくす教えていただけるとありがたいです。
ちなみに、個人的にはザ・マスターが一番美味しいと感じて好きです。

投稿日時 - 2009-10-25 19:23:51

QNo.5395974

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

No.5さんと同じ意見です。
No.4さんの回答の中で苦みと甘みの材料は逆だと思います。
材料はラベルや缶の側面に詳しく書いてあります。

味とかのど越しとか人間は科学的な測定ではまだ十分理解されていない感覚を持っています。

好きなものを楽しめばいいと思います。

投稿日時 - 2009-10-27 17:12:43

ANo.5

 発酵するときの酵母がメーカで異なります。水も異なります。醸造方法も異なります。材料も当然違います。
 一度ビール工場へ見学へ行ってみると良いですよ。いろんなメーカを見比べても楽しいです。
 まぁ、試飲もありますので、できたてを味わってみて下さい。

投稿日時 - 2009-10-27 16:21:20

ANo.4

いろいろと要因があるので、
原材料だけの違いなのか?と言えば、答えはNoとなります。

とはいえ、
素朴な疑問として「麦芽とホップのみの原材料なのに」何故?
というお気持はよくわかります。

そこで、話を簡単にするために、
麦芽とホップの出す味わいに焦点を当ててみます。
非常にざっくりですが、次のような味わいを狙って使われます。
麦芽→コク、苦味
ホップ→香り、甘み

ビールを作るときは、どのような味を作るかを
最初に狙って麦芽とホップの分量を決めるわけです。
(香りを強くしたいからホップを多めとか)
このため、原材料が同じでも作り手の違いによって
味の違いを作ることができます。

分量の違いだけでも何通りもあるわけですから
ここに、原材料品種、産地、生産者、水、製法
その他もろもろの要素が絡むことを考えると
世界中に何百種類もビールがあることも
ご納得いただけるかと思います。

投稿日時 - 2009-10-26 01:44:05

ANo.3

 A,B,Cの3人に、ジャガイモ・にんじん・タマネギ・鶏肉を使ったカレーを作ってもらいました。3人の作ったカレーは同じ味でしょうか?
 答え:違う味になります。仮に同じ産地のジャガイモ・にんじん・タマネギ・鶏肉を使ってもらっても違う味になるはずです。
 
 例えば、日本酒。同じ杜氏(とうじorとじ:お酒を造る責任者)が同一銘柄の為に仕込んだお酒でもタンクによって味が違います。ましてや競合関係にあるビール会社(製造方法は企業機密事項)が造ったビールの味が同じなるわけがありません。

投稿日時 - 2009-10-25 23:32:02

ANo.2

酵母や行程、もっと違う部分はありますよ。出来れば工場見学に行かれると色々勉強出来きて良いですよ。ついでに、日本酒の勉強もされると奥が深いので理解がし易いと思います(製造体験やその他色々した経験より)。

投稿日時 - 2009-10-25 19:37:45

ANo.1

全く専門ではありませんが、材料の品種も違うでしょうし、水も違うでしょうし、酵母も違うでしょう。
酵母が違えば全く別物ですし、そもそも、発酵期間も同じだとは思えません。

それに原料にしても麦やホップの加工の仕方だけでもいろいろあると思いますので・・・・

それに、麦芽とホップだけとも限りませんよ。

投稿日時 - 2009-10-25 19:28:42

あなたにオススメの質問