こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

転職活動時の年齢

29歳女性、現在派遣社員として一般事務の仕事をしています。一般事務や営業事務の経験は長く、マイクロソフトのソフトもそれなりに使いこなせますが、特別なスキルはありません。
正社員を目指し、就職活動を始めたところなのですが、不況のせいかなかなか見合う求人が無く、不安を感じているところです。手始めに転職エージェント1社に登録したのですが、現在紹介できる求人が無いという回答でした。
春になると求人が増えるという話を聞くので、いっそ興味のある語学留学に3ヶ月ほど行って、春手前くらいから就職活動を始めようかとも考えています。

ただ来年2月に30歳になることが気になっています。
29歳と30歳では、就職の難易度は変わってしまうでしょうか?
また、2月後半くらいから就職活動を始めるというのでは遅いでしょうか?

投稿日時 - 2009-10-26 00:57:39

QNo.5396957

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

29歳と30歳ということで何か違いがあるということはないでしょう。
他の方もご指摘されていた通り、転職に当たっては、年齢に見合うスキルや経験を有しているか否かが重要となります。

それと今は求人件数が激減しているだけに、一般の求人サイトを利用するにしても、人材紹介会社(エージェント)を利用するにしても、1つ、2つではなく、5つ、6つあるいはそれ以上の数のサイトや会社を同時に活用していくようにしないと、多くの企業に応募すること自体難しいものとなってしまい、必然的に転職先がなかなか決まらないということになってしまうと思います。
例えば、以下のような、複数の人材紹介会社が公開している求人案件に一括で応募可能なサイトなども非常に有用かと思われます。
(各人材紹介会社が抱えている求人案件に一括応募できるため、多くの企業に応募する機会が増えるのと同時に、多くの人材会社を同時に利用できることにも繋がります)
http://www.jinzai-bank.net/
http://www.ecareerfa.jp/

また、春先以降の転職活動についてですが、この時期は、新卒者の入社に当たっての諸々の手続きや対応などで非常に慌しくなる時期でもありますし、来年の3月は多くの企業の決算期となります。(1月下旬、2月頃からそのための準備で会社自体非常に慌しくなります)
ご存知の通り、今年はこれだけ景気が大きく悪化したため、来年の3月に発表される決算期で赤字や減収・減益となる企業が非常に増えることが予想されます。
そういった状況の中にあって、中途採用を春先から一気に活発化しようとする企業は、むしろ少ないのではないかと私は感じております。マインド的にも。

そのため、来年の春先云々ではなく、先述したようなかたちで、より積極的な転職活動を続け、一日でも早く転職先を探した方が賢明ではないかと私は思います。

3ヶ月程の語学留学というお話もありますが、その程度の留学ですと殆ど海外旅行と大差のないものとなってしまいますし、この厳しい経済環境下に自己のおかれている現況や立場を省みず、3ヶ月程の語学留学に出掛けてしまうこと自体、むしろ、現実感や緊張感がないようにも受け取られてしまうこともあるのではないでしょうか?

ですので、結論としては、やはり、一日も早く転職先を見つけることに目一杯注力した方がいいと私は思います。

投稿日時 - 2009-10-26 20:56:49

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

転職回数がたくさんあり、採用に関わった事もあります。

経験では年齢そのものは余り問題になりません。ポイントは年齢に見合うスキルと経験がある事。それがアンバランスだと不利になります。
派遣で辛いのは、本来30才前後で行っているであろう責任者的な仕事や後輩の指導などの仕事、正社員としての重要な仕事の経験がない事が多いと言う事です。
これらがないとアンバランスということで年を重ねるほど転職に不利になって行きます。

また、2月後半からとの事ですが、2月~4月くらいは企業も新卒を受け入れる準備で大忙しですし、国内企業の事務は年度末で忙しい時期ではないでしょうか?
そんな時期で、新卒が増員されるところで新たに中途を入れるような事は控えますので、案件自体は少なくなるでしょう。
動きがでるのはGW明けあたりから。辞める人が増える時期で動きがでます。
後は各企業の次年度の予算が出る時期も求人が増えます。人を雇うのも安くないですから予算で左右されるようです。
ただし、求人が増える時期は求職者(ライバル)も増える時期だと言う事をお忘れなく。

閑散期にある案件は、外資のように決算期などが違い秋口に予算が決定するところとか、即戦力が求められるような仕事で、割と急ぎの案件でしょう。そうなると正社員として働いていて特定の経験を持っている人が有利になります。特に事務は人材が多いので他の人を凌ぐものがないとその他大勢の一人になってしまいます。

ちなみに
語学学校に今から行くとなると、クリスマス休暇やイースターで学校が長期休暇に入る率が高くなり、十分に授業は受けられません。その代わり生徒も少なくなります。

個人的な意見としては、自身の転職のためのスキルが十分でない状態で、仕事のブランクを飽けるようなリスクが高いまねをするよりは閑散期でも仕事を継続させながら粘り強く転職活動したほうが勝算は上がります。
語学留学=長期海外旅行。語学留学経験者としては転職できる自信がある状態じゃないとお勧めできません。

一応、エージェントは1社じゃなくて複数登録したほうがいいですよ。
各エージェント強い分野があるから自分が希望する業種や職種に強いところを選んだほうがいいです。

投稿日時 - 2009-10-26 19:11:38

ANo.1

 私はエージェントを利用して転職しましたが、その時に言われたのは
27歳を頂点に、徐々に求人が減る。ということでした。
 ですので、質問者様も活動としては早い方が良いのは間違い無いですが
求人が無い中、闇雲に動いても疲弊するだけになってしまうので、あまり
おすすめはしません。

 仮に、質問者様が職種に強い希望が無いのであれば、エージェントに
今でも求人がある職種で、勉強すれば紹介を受けられるスキルや資格を
取ってみてはいかがでしょう。WEBデザインやCAD等のある程度
専門職に近い職種は、不況にそこまで左右されずに求人があるような
話を聞いた事があります。
 英語というスキルでも良いのかもしれませんが、一度エージェントに
相談してみるとある程度方向が見えるような気がしました。

 参考になれば幸いです。転職活動頑張ってください。

投稿日時 - 2009-10-26 09:18:08

あなたにオススメの質問