こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「新ハチロク、開発目標はドリフト性能世界一」…トヨタの開発リーダー

 「開発目標は、ドリフト性能世界一です。ゴルフのスコアで100を切れるくらいの運動能力がある人ならドリフトが決められる、そんなクルマを目指しているんですよ」。「FT-86 Concept(エフティー・ハチロク・コンセプト)」の開発リーダーを務めるトヨタ自動車BRスポーツ車両企画室の多田哲哉チーフエンジニアは、そう語る。

 FT-86 Conceptは、トヨタと富士重工業が共同開発する小型FRスポーツカーのコンセプトモデルで、市販モデルは2011年末に発売と発表されている。
ネーミングの「ハチロク」は、83年にトヨタが発売した小型FRスポーツカー「カローラ・レビン」「スプリンター・トレノ」の愛称にちなんだもの。
比較的低価格でスポーツドライビングを楽しめるクルマとして、当時の若者たちの人気を集めたクルマだ。

 コンセプトや企画、デザインはトヨタが行い、設計と実験、そして生産は富士重工業が担当。市販モデルはトヨタとスバルの両ブランドで販売する。
エンジンはスバル伝統の、水平対向4気筒エンジンを搭載している。

 スバル「レガシィ」や「インプレッサ」の駆動方式は、FFまたは4WDだ。4WDのフロント駆動部分を取り除けばFRになるが、
FT-86 Conceptではそうした安易な方法はとっていない。FR専用にトランスミッションを新開発して、エンジン搭載位置も見直しているという。

前後重量配分にこだわってエンジンはフロントミッドシップ方式

 多田氏によれば、「水平対向エンジンのメリットである低重心を確実に生かすために、エンジンの搭載位置をかなり低くしています」とのこと。
残念ながら今回はボンネットの中を見せてもらえなかったが、「何ミリ低くしたという具体的な数値は言えませんが、
レガシィやインプレッサのエンジンルームを見慣れている人なら、きっとその低さに驚くはずです」という。

 エンジン重心を前車軸よりも後方に搭載するフロントミッドシップ方式にして、運動性能に大きく影響する前後の重量配分にもこだわった。
「スポーツカーといえば、前後重量配分50:50が理想的という意見がありますが、それは必ずしもベストではない。バランスをいろいろ変えて、
テストコースで走り込みと検証を繰り返して、車両の理想的な挙動を追求しています」(多田氏)。

 水平対向エンジンは、自然吸気4気筒という以外の詳細スペックは未公表だ。
だがもちろん、21世紀のスポーツカーにふさわしい環境性能と高出力を達成するために、トヨタとスバルが持つ最新技術を投入する。

スポーツカーらしい馬力と低燃費をレギュラーガソリン仕様で両立

 「排気量は2Lか、2.5Lにするかなどまだ検討中ですが、同じ排気量の実用車向けエンジンと遜色ない燃費を達成する。
そして経済性を考えれば当然レギュラーガソリン仕様で、スポーツカーに求められる馬力を実現するのが目標です。
そのためにはガソリン直噴システムはもちろん必須で、バルブタイミング制御にも最新の技術を投入します」(多田氏)とのこと。
燃費性能向上のために、アイドリングストップ機構の採用も考えているそうだ。

 ショーモデルのトランスミッションは6速MTだが、イージードライブを望む人たちのためにオートマも用意する。
「個人的な気持ちとしてはMTだけでいいとも思いますが、市場を考えるとそうもいかない。CVTにするか、通常のATにするか、
一番気持ちいいのは何かを考えて決めていきます」(多田氏)。

ターゲットは40~50代の男性、価格は250万円くらい?

 自らレースに参戦する豊田章男社長の意向もあるのか、最近のトヨタは「走る喜び」を積極的にアピールする姿勢が目立つ。
今回の東京モーターショーでは、3750万円のスーパースポーツカー「レクサスLFA」を披露したが、その対局にある身近なスポーツカーがFT-86 Conseptだ。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091026-00000301-trendy-ind

なにかと話題のFT-86ですが、
このトヨタ開発リーダーの考えはどう思いますか?
このまま製品化されたらどんな車になると思いますか?
この車は魅力的で購入するしたいと思いますか?
それともこのようなとではなく別のほうがいいならば、
それはどういったことでしょうか?
この内容はトヨタのものですが、
スバルならどう考えどんな車にしたいと思いますか?
トヨタ版スバル版二者択一あなたならどちらを選びますか?
その他FT-86に関してなにかあれば教えてください。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-10-26 20:15:20

QNo.5398863

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

某漫画のモデルとなった場所でお土産にいろいろ並んでいるのを見ると「経済効果」という言葉が頭をよぎります。
ただ,もし本当に某漫画に影響を受けるならもっと「小型軽量コンパクト」な趣向じゃないのかなぁ?という気がしますけどね。

やはりあまり制約なくいろいろなものを詰め込めると結局商品臭さというのか「売らんかな」が前面に出てしまう気がします。たとえば,外形のデザインは変えても縦横高さの最大寸法は当時のままとか排気量は1.6L以下でNAに限る,いっそ車重も当時のまま(さすがに無理か(笑))・・などの「無駄なこだわり」があったほうが面白い物に仕上がったんじゃないかな?当時と同じ制約の中で今の技術ならここまでいける!っていうのを見てみたいですし,乗り比べてみたい,並べて写真を撮ってみたい気がします。

投稿日時 - 2009-10-30 14:41:00

ANo.8

世の中のエコ エコですし、ドリフト=社会悪と言うのは、
御もっとも だと思いますが、
私個人的には、新86 期待しています。
私も、AE86ユーザーでした。アクセルで、曲がるなど、ドライビングの楽しい
車でした。ロードスターは、2シーター オープンは、ちょっとね。
現在はDC2に、乗っていますが、確かに早い エンジンもさすがホンダですが
乗って、楽しかったのは、86です。
値段 乗って楽しいか ディーラーとの愛称が良ければ、ぜひ、欲しいです
個人的に言わせて頂ければ、電子装置は、最小限で、4人乗りで、3ペダル
格好は、余り気にしませんね、AE86もそれほど、かっこいいとは、思いません
でしたから、

投稿日時 - 2009-10-27 22:55:32

ANo.7

>ターゲットは40~50代の男性、価格は250万円くらい?
買いません。
そんな金あるならロータス買います。
ハチロクは金がない若者が腕を磨くのに選んだ車
これでドリフトやれ言われてもソッポ向かれるは見えてる
トヨタもそこまでバカじゃないだろ。

投稿日時 - 2009-10-27 19:33:24

お礼

価格と内容が釣り合わないので買わないということでしょうか。
ロータスはもっと高くありませんか。
開発リーダーを務めるトヨタ自動車BRスポーツ車両企画室の多田哲哉チーフエンジニアさんが語っているのですが、
そこまでバカじゃないと言えるのか言えないのかどうなんでしょう。

投稿日時 - 2009-10-27 19:41:12

ANo.6

レガシーやインプよりも遥かに重心が下がるので、良い車になるんでは?。

投稿日時 - 2009-10-27 13:12:35

お礼

重心が下がるのは良いことでしょうね。
その他の部分についてもよろしければご回答ください。

投稿日時 - 2009-10-27 19:30:32

ANo.5

まずハチロクってアニメの影響で人気が出ただけで、当時でもちょっとスポーティな普通のカローラ(スプリンター)クーペでした。今では当たり前のツインカムエンジンというだけで、ごく普通の乗用車なので、それがGTRやFD相手に勝つという、ありえないテーマなのでアニメとして成立しています。

それをいまさらリバイバルといっても、外見は似ても似つかないものですし、マスタングやカマロなど当時の面影を残しながらリバイバルさせたものと全く違いますよね。

結局、デザイン一つとっても、トヨタの開発陣は根っからの車好きの集団ではないということでしょう。企業として安定しているから入社した程度の優等生の集まりなので、工業製品としてはいい方かもしれませんが、この手の車は感情に訴える「何か」が必要だと思います。

投稿日時 - 2009-10-27 09:11:02

お礼

頭文字Dをメーカーが意識して販売するのには無理があるということですか。
そうですね確かにスカイラインでも歴代丸テールというようなものがありあましたよね。
好きでもないスタッフが作るのでは魂が入っていないハリボテになってしまうということでしょうか。

投稿日時 - 2009-10-27 19:29:46

ANo.4

>>開発リーダーがドリフトと言うことはおかしなことなんですね。

 それはモータースポーツではなく、見せ物の世界、K-1ではなく、プロレスです。
 86自体、ノーマルでは、お話にならない性能の車です。漫画の読み過ぎとしか思えません。
 この車の企画をした人間が、スポーツ走行や、モータースポーツに対して、いかに疎いかがうかがい知れます。
 本気で走る人間なんてほとんどいないんだから、雰囲気だけで十分、てなところです。

>>トヨタは今スポーツカーも無くてスポーツということがとても苦手なのでしょうかね。

 企画、設計している人間が、大学の成績が良くて、別に車が好でもないけど就職したのがたまたま自動車会社で、シートバックを倒して体を横っちょ向けて運転するのがスポーティーです、くらいにしか思っていない人間が寄り集まっているのですから、作る車の程度も知れます。

 既に、車としての性能は、韓国に抜かれ、走りさえすれば良い白物家電的なジャンルの車は、中国に太刀打ちできない。パーツを寄せ集めれば、技術の蓄積が無くても車が作れるEVの時代もすぐそこです。終わりは既に始まっています。

投稿日時 - 2009-10-27 09:08:27

お礼

見世物とはトヨタ的と言えばトヨタ的なのでしょうかね。
こういった意味のある車はメーカーの中でも車好き車を愛する人が作るのかと思っていましたが違うのですね。
FT-86は発売以前に既に終わっているということですか。

投稿日時 - 2009-10-27 19:25:40

ANo.3

> 4WDのフロント駆動部分を取り除けばFRになるが、FT-86 Conceptではそうした安易な方法はとっていない。FR専用にトランスミッションを新開発して、エンジン搭載位置も見直しているという。
前後重量配分にこだわってエンジンはフロントミッドシップ方式。

これをまともにやると、とても300万円以下では開発できないでしょう、エンジン位置を後退させる→トランスミッションが室内に出っ張りフットスペースが狭くなる→この対策と重量バランス上から日産GT-R同様なトランスアクスル方式を開発する。
・・・少量生産限定の車に こんなに金のかかることを大トヨタが許すわけがない。

投稿日時 - 2009-10-27 08:54:31

お礼

専用に新開発するというのは出まかせだというのですね。
しかしながらそれを言っているのはトヨタの開発リーダーですから矛盾していませんか。
コストパフォーマンス激良な車を作るわけではないのでしょうか。

投稿日時 - 2009-10-27 19:22:31

ANo.2

勘違いも甚だしい・・・

元は単なるカローラクーペ。
名前だけ頂いて、40~50代にドリ車を250万で売りつける???
なんじゃそりゃ?といった感じです。


>このトヨタ開発リーダーの考えはどう思いますか?
ダメでしょ。
誰でもドリフトできる車って・・・

>このまま製品化されたらどんな車になると思いますか?
危ない。

>この車は魅力的で購入するしたいと思いますか?
流石に買う気はしません・・・

>ターゲットは40~50代の男性、価格は250万円くらい?
・・・って


まあ、あくまでも”コンセプトカー”なので。
”開発”も何もあったものではないです。

単に反応を見るだけのもの。

>4WDのフロント駆動部分を取り除けばFRになるが、
>FT-86 Conceptではそうした安易な方法はとっていない。
>FR専用にトランスミッションを新開発して、エンジン搭載位置も見直しているという。

まずやってないです。そういう”体”ですね。

>残念ながら今回はボンネットの中を見せてもらえなかったが~
>レガシィやインプレッサのエンジンルームを見慣れている人なら、きっとその低さに驚くはずです」という。

まずやってないですね。確実に(苦笑)
見せないって時点で。
現行インプにボディを被せただけでしょう。

>水平対向エンジンは、自然吸気4気筒という以外の詳細スペックは未公表だ。
>だがもちろん、21世紀のスポーツカーにふさわしい環境性能と高出力を達成するために、トヨタとスバルが持つ最新技術を投入する。
>スポーツカーらしい馬力と低燃費をレギュラーガソリン仕様で両立
>「排気量は2Lか、2.5Lにするかなどまだ検討中ですが、同じ排気量の実用車向けエンジンと遜色ない燃費を達成する。
>そして経済性を考えれば当然レギュラーガソリン仕様で、スポーツカーに求められる馬力を実現するのが目標です。
>そのためにはガソリン直噴システムはもちろん必須で、バルブタイミング制御にも最新の技術を投入します」(多田氏)とのこと。
>燃費性能向上のために、アイドリングストップ機構の採用も考えているそうだ。


もう・・・言っていることが支離滅裂です(苦笑)


> ショーモデルのトランスミッションは6速MTだが、イージードライブを望む人たちのためにオートマも用意する。
>「個人的な気持ちとしてはMTだけでいいとも思いますが、市場を考えるとそうもいかない。CVTにするか、通常のATにするか、
>一番気持ちいいのは何かを考えて決めていきます」(多田氏)。

・・・・・・・・


もう、確信犯としか思えません。
反応が欲しいだけだと思います。

投稿日時 - 2009-10-26 20:49:10

お礼

内容と価格が釣り合わないのですね。
誰でもドリフトできるような車は危険なのですね。
コンセプトだけでなくトヨタスバル双方から実際に発売が決定していますよ。
>まずやってないです。そういう”体”ですね。
>現行インプにボディを被せただけでしょう。
たとえ今は完成していなくともそういう設計ということではありませんか。
支離滅裂というのは相反する内容で実現不可能ということでしょうか。
この厳しいご時世反応だけでは売れなければ困るのでは。

投稿日時 - 2009-10-26 21:08:42

ANo.1

ドリフトなんて言っている時点で、何か頓珍漢ですね。
単に、トラクションが掛からずに、テールハッピーな車を作るつもりなのでしょうか?
言っている本人は、週末に時々ミニバンを運転するサンデードライバーで、リアタイヤを滑らせるのがスポーツ走行だと思っているのでしょう。
こんな人間が集まっているのですから、このーメーカに、スポーツカーなんか作れません。

とは言うものの、開発は富士重工ですから、トヨタが余計な口出しをしなければ、けっこうまともな車になるはずです。

投稿日時 - 2009-10-26 20:35:07

お礼

開発リーダーがドリフトと言うことはおかしなことなんですね。
確かにノーマルでドリフトしやすい車は不安定なものかもしれませんね。
トヨタは今スポーツカーも無くてスポーツということがとても苦手なのでしょうかね。
富士重とはどういった関係環境で共同開発しているのか気になりますね。

投稿日時 - 2009-10-26 21:02:42

あなたにオススメの質問