こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

個人事業の経理何を勉強すればいい?

個人事業をしている人と結婚することになりました。
昔、経理の仕事をしていたこともり、期待を持って「お金のやりくりは任せる」と言われているのですが、
実際にやっていたのは仕分けの部分で、決算だとかバランスシートだとか、申告、税金などはサッパリわかりません。

今現在は計算センターに申告などは任せているようなので、とりあえずは資金繰りをすることになるのかと思うのですが、
先々は自分でやって行きたいと思っています。

会計ソフトを使えば簡単かも知れませんが、どういった知識を身につければよいのかアドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2009-10-31 00:58:57

QNo.5410104

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

会計ソフトを使用するのであり、簿記(仕訳)が理解出来ているのであれば決算書の作成は可能かと思います。
最近は個人事業主用に青色決算書まで作成してくれる市販ソフトもあるでしょうし。
ただ、ソフトに付随している可能性もありますが、減価償却計算については法人と個人は異なるので、学ぶ必要があるかと思います。(特に、家事用資産の転用など)
また、事業主勘定(事業用資金と家事用資金の出入り、事業用経費と家事費の出入りなど)の処理も少々学ぶ必要があると思います。

申告に関しては、個人は特例がそれなりに多いため、全て自分で行うのであれば多少気合を入れる必要があると思います。
特に届出関連など、一定期間を過ぎると適用を受けられないものなどがあります(消費税関連・青色申告関連etc)

もし勉強されるのであれば、毎年「確定申告の手引」という書籍が出版されるため、関連する部分を精読されることをお薦めします。
もし多少中を読まれて「???」という感じであれば、よりやさしい確定申告(事業主用)の書籍も数多く出版されているので、そちらをまず参照されるのがよろしいかと思います。

ある程度税務の知識がある!という方であれば、国税庁のホームページの所得税関連部分を読み漁るのも有用と思います。

投稿日時 - 2009-11-01 02:02:14

お礼

専門家の方からアドバイスいただけて光栄です。
事業用と家庭用との区別をつける必要もあるんですよね。
申告は難しそうなので、すぐにとは行かないと思いますが、
徐々に勉強して行きたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-04 19:34:59

あなたにオススメの質問