こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

固定資産税と扶養控除について

初めまして! 宜しくお願い致します! この度念願の子を授かり 現在住んでる家が狭いので マンションを購入しようかと思い 不動産の事で詳しい方がおられましたら回答の方宜しくお願い致します! 現在 主人が6人を扶養しており 所得税 市県民税等が かなり安いのですが マンションを購入する場合 固定資産税が年払いで8万円掛かるのですが 確定申告で戻って来る金額が分かりません 多分 全額返金される事はないと思いますが 不動産屋の方が言うには 6人も扶養してるし ほとんど返金される事はないでしょうとの事でしたが 本当でしょうか?

投稿日時 - 2009-10-31 11:50:20

QNo.5410766

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

49人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

手付金ですが、業者との間で、どんな形で手付金を交わしたかによって扱いも変わってくる思います。
まずは、業者に確認されるといいと思いますが、一般的には「解約手付」といわける形態になっていると思います。
ローン否決の際に戻ってくるかどうかは要確認だと思いますが、契約履行に着手する前なら手付金を放棄(つまり戻ってこない)して契約の解除ができるというものです。

投稿日時 - 2009-11-02 09:14:01

ANo.9

>では 逆に 扶養人数を減らした場合は もちろん 所得税も
>上がりますよね その場合 確定申告に行った場合 住宅ロ
>ーン控除は どおなりますでしょうか? どちらにしても
>期待しない方が良いのでしょうか? 一応 アドバイスし
>て頂いた様に 確定申告には 行こうと思います!

住宅ローン減税の制度は、減税を受ける期間などによって率が変わってきますが、ローン残高に一定の割合(1%から0.4%程度)を乗じた額を税額控除するというものです。

たとえば、ローン残高が2000万円で割合が1%だとすると20万円まで税額控除できることになります。

このとき、住宅ローン減税を適用する前の税額が20万円を超えていれば
税額-控除額が納税額になりますし、20万円以下であれば税額0となります。

将来的に税額が上がれば、控除額の範囲で控除できる額も増えますから、有利になると思いますよ。

なお、扶養家族は常に旦那さんにつけないといけないということではありませんので、扶養家族の付け替えなどで節税ができる場合もあります。

投稿日時 - 2009-10-31 17:00:42

補足

なんとなくですが 理解出来ました! ありがとうございました! 現時点で 手付金を払い 今 銀行ローンの審査にかけてる途中なんですが 例えば 銀行の審査がとおらなかった場合は 手付金は戻ってきますよね?では 審査がとおって こちらから キャンセルする場合は 手付金は もちろん戻る事は ないんですよね? キャンセル料とかも 又払わないといけないでしょうか?

投稿日時 - 2009-11-02 08:29:01

ANo.8

>所得税が 1000円~3000円なんですが ...

その1000円から3000円が還付の対象になってきますね。

>確定申告に行っても 住宅ローン控除は あまり期待しない方が
>いいって事ですよね?

まぁ、金額的にはそういう受け取り方になるかもしれませんが、減税の制度があるのですから使われたらどうでしょう?

子ども手当と引き換えに扶養控除の縮小なんていうことになると、将来的に所得税額が増えてくることも考えられますし、無駄にはならないと思いますよ。

投稿日時 - 2009-10-31 15:59:41

補足

では 逆に 扶養人数を減らした場合は もちろん 所得税も上がりますよね その場合 確定申告に行った場合 住宅ローン控除は どおなりますでしょうか? どちらにしても 期待しない方が良いのでしょうか? 一応 アドバイスして頂いた様に 確定申告には 行こうと思います!

投稿日時 - 2009-10-31 16:39:05

ANo.7

>住宅ローン控除っていうので 返金されるのでは

これが所得税の減税です。
固定資産税は関係ありません。

源泉徴収されていて、職場に住宅購入やローン残高を知らせてなければ、年末調整に反映されていないので、確定申告→還付

自分で確定申告をしている自営業者であれば、通常の所得税額から減税が受けられるという制度です。

住宅ローン減税は10年か15年間にわたり受けられる制度ですが、適用の初年度に住宅購入の事実のわかる登記簿や住民票などの提出が必要ですし、住宅ローンの残高証明も毎年必要になります。初年度はいろいろ提出するものが多くなるのでちょっと大変ですね。

もし、現在の持ち家などを処分してということになると譲渡所得の関係の出てくるかもしれませんのでご注意を。

投稿日時 - 2009-10-31 15:20:42

補足

又々すみませんが 教えて下さい!では うちの主人の場合 派遣社員なんですが 6人を扶養してるので 所得税が 1000円~3000円なんですが かなり減税されてるので 毎年3月にある 確定申告に行っても 住宅ローン控除は あまり期待しない方がいいって事ですよね?

投稿日時 - 2009-10-31 15:41:39

お礼

大変勉強になりました!ありがとうございました!

投稿日時 - 2009-10-31 15:29:44

ANo.6

TARUTO747さんもおっしゃっていますが、
繰り返しになりますが、確定申告は固定資産税には無関係です。

ところで、住宅購入にはいろいろと税金がかかります。
「おうちが欲しいっ!」という気持ちはわかりますが、
これらの税金の理解がないままの住宅購入はお勧めできないです。
試しに、去年の源泉徴収票で確定申告書を作成してみてください。
そうすれば、他の回答者の方々の意味や、
今回の質問の回答がはっきりと理解できるのではないでしょうか。


いろいろ忙しいとは思いますが、
大事なことですので頑張ってみてくださいね。

投稿日時 - 2009-10-31 14:19:04

補足

又々すみません! 住宅ローン控除っていうので 返金されるのでは?マンションを購入の場合ですね!

投稿日時 - 2009-10-31 14:47:58

お礼

ご回答ありがとうございました!本当 大切な事ですよね!少し勉強して見ますありがとうございました!

投稿日時 - 2009-10-31 14:35:18

ANo.5

#1です。
子供がもう 1人生まれたことによって、確定申告により返ってくるのは、「所得税」を前払いしてある場合です。
固定資産税ではありません。

夫が会社員等なら、夫の今年の「年末調整」(まだですが) 後に発行される『源泉徴収票』で
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100051-2.pdf
[源泉徴収税額] 欄に数字が入っているなら、確定申告でその一部が還付されます。
還付額は、38万円に「税率」を掛け算しただけです。
「税率」は、やはり源泉徴収票で
[給与所得控除後の金額] - [所得控除の額の合計額] = 「課税所得」
により決まってきます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

なお、年末調整前に、会社に『扶養控除等異動申告書』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h21_01.pdf
を提出すれば、年末調整に子供が 1り増えたことが反映され、確定申告の必要はなくなります。

夫が自営業等なら、年末調整は関係なく、やはり確定申告です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2009-10-31 14:15:18

お礼

ご回答ありがとうございました!少し勉強して見ます ありがとうございました!

投稿日時 - 2009-10-31 14:36:38

ANo.4

>確定申告で 支払った固定資産税に対して 返金される金額は
>いくら位でしょうか? かなり勉強不足で申し訳ありませんが
>宜しくお願い致します!

繰り返しますが、確定申告は「所得税・住民税」の話です。確定申告をして固定資産税が返金されることはありません。

不動産取得税であれば、不動産取得時に課税され、その後、きまった期限以内に自己の居住用に住宅を建てた場合などに還付されるケースがあります。

そういうところが混乱しているのではないですか?

投稿日時 - 2009-10-31 13:35:09

お礼

ご回答ありがとうございました!私には 難し過ぎて 今一理解できません 知り合いの方の話では 確定申告でいくらか返金されると言ってましたので...ありがとうございました!

投稿日時 - 2009-10-31 14:01:56

ANo.3

質問者様はもう少し税金の種類等について勉強された方が良いかもしれませんね(^_^;)
すでに回答されているとおり、固定資産税は
「土地や建物などの資産評価に対しての課税」であり収入には関係ありません。
勘違いをしているとしたら、「住宅ローン減税」あたりでは?
こちらは借入額に対して一定割合控除されるので、所得税・住民税に関係してきます。

投稿日時 - 2009-10-31 12:06:48

補足

ご回答 ありがとうございます!後 一つ分からない事が! 知り合いが 家を購入したのですが 確か10年間は 確定申告の際に 所得税が返金されると聞きましたが!ちなみに その方は 子供を一人扶養しており 固定資産税の払ってる金額に対して 全額じゃないと思いますが いくらか返金されると聞きましたが...ちなみに 扶養してる人が居なければ もちろん 所得税 市県民税等は 多く引かれるはずですが 確定申告で 支払った固定資産税に対して 返金される金額は いくら位でしょうか? かなり勉強不足で申し訳ありませんが 宜しくお願い致します!

投稿日時 - 2009-10-31 12:40:14

お礼

ご回答ありがとうございました!かなり勉強不足で申し訳ありませんでした!

投稿日時 - 2009-10-31 13:36:19

ANo.2

まず、大きな誤解をされていると思いますが、固定資産税と確定申告はまったく関係ありませんし、還付されることもありませんし、固定資産税が扶養家族等で安くなるということもありません。
あくまでも土地や建物などの資産評価に対しての課税です。

固定資産税の性格をあなたも不動産屋も誤解をされています。

投稿日時 - 2009-10-31 11:56:13

お礼

ご回答ありがとうございました!かなり勉強不足で申し訳ありませんでした!

投稿日時 - 2009-10-31 13:34:16

ANo.1

>固定資産税が年払いで8万円掛かるのですが 確定申告で戻って来る金額…

固定資産税が確定申告で還付されるなどのことは、通常ありません。

>6人も扶養してるし ほとんど返金される事はないでしょうとの事でしたが …

扶養控除は「所得税」と「市県民税」に関わることであって、固定資産税には全く関係ありません。

投稿日時 - 2009-10-31 11:53:37

お礼

ご回答ありがとうございました!かなり 勉強不足で申し訳ありませんでした

投稿日時 - 2009-10-31 13:33:06

あなたにオススメの質問