こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ラグビーのラフプレーについて

今日大学ラグビーをテレビで見ていて、とても腹立たしい出来事がありました。 ○治大学の選手の一人が相手選手を思い切りぶん殴っているところを見ました。レフリーがイエローカードを出して10分の退場となりましたが、10分後にまたプレーに戻っています。
 前から不思議に思っているのですが、サッカーの場合は相手を殴るとかしたらすぐにレッドカードものですよね? なのになんでラグビーはラフプレーをした選手に甘いのでしょうか? その選手が10分後にすぐにプレーに復帰するのも「ありえないでしょう!」と思ったくらいです。しかもその選手はキャプテンだというのです。見ていてとても後味の悪い試合でした。解説者が「とっさに手が出てしまったのでしょうか」と意味不明なフォローをしていましたが、私には単に相手にキレて殴ったとしか思えません。このような暴力選手が今後も試合に出てくるのかと思うと非常に腹が立ちます。相手チームだってあんな暴力チームと試合したくないよと思われるでしょう。ラグビー協会は制裁や罰則等はこの選手に与えないのでしょうか? ラグビーのイメージがどんどん悪くなるのでこのような選手は厳しい制裁が必要だと感じました。 
そもそも、そんな奴にラグビーやる資格ないとしか思えません。それと殴った選手は相手選手に謝罪したのでしょうか?

投稿日時 - 2009-11-01 22:17:11

QNo.5414834

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ラグビーをする選手というのは冷静と興奮状態の境目のようなところで
試合をしています。ケガをするのを怖がっていたらタックルなどいけません。

そしてラグビーは接触プレーが許されているスポーツであり、また1チーム15人と
大人数が同時に行うスポーツです。なので、密集の中で何が行われているか
などをレフェリーはすべて把握しきれません。そうすると、サッカーなどで
レフェリーの死角でこっそりとする反則の類いがラグビーでは結構行われています。

そのようなことから、ペナライズされない反則を繰り返されて苛立ちから
冷静状態を超えてしまい殴ってしまうということは#1さんの言うように
良いことではありませんが、良くあることだと思います。
また解説者が言う、「とっさに手が出てしまう」というのも
意味不明ではないと思います。

> 相手チームだってあんな暴力チームと試合したくないよと思われるでしょう。

よくあることとしか捉えていないと思いますよ。それと、そういうプレーって
負けている方がよくしますし、精神的にも優位に立っているということの証ですので、
そういうプレーがあると試合中は気楽になれます。

> ラグビー協会は制裁や罰則等はこの選手に与えないのでしょうか?

必要であれば出場停止処分などが下されます。社会人ラグビーのトップリーグでは
ラフプレーによる出場停止処分を受けた選手がいます。

ついでに言えば、質問者様は以前された質問に対してお礼もなければ
締め切ってもいないのでは?
ラグビーのルールやマナーについて言うのであれば、ここのサイトの
ルールやマナーについてはどうお考えでしょうか?
人に質問して、それに対して回答があればお礼をするのはマナーだと思いますし、
疑問が解決できていないのであれば補足要求をすれば良いと思います。
また疑問が解決すれば締め切るのがここのルールだと思いますが
いかがでしょうか。

投稿日時 - 2009-11-04 13:36:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

サッカーと比べないでアメフトと比べた方が適切です。
常時激しく肉体同士がでぶつかっているのです。
ラフプレーを1度は許しても、
試合中に2度、3度続くと頭に血が上り、つい手が出てしまうのです。
スポーツマンとして問題はありますが、観客に比べ現場では意外に冷静なものです。
とっさに手がでてそれでお終いです。

投稿日時 - 2009-11-03 22:15:46

ANo.1

良いことではないと思いますが、ああいうプレーはラグビーではどのレベルでも割とあります。世界トップクラスのプレーヤーでもやってしまうことがあるし、スーパー14などでも時々あります。

で、冷静に見ると、あのプレーは、確かに殴っていますが、実際には伏線のある報復プレーとアシスタントレフリーが判断したように見えます。その前のプレーで過剰な接触があったために激高して報復したプレーということで、その伏線があるので、退場までにはしなかったようです(報復は競技規則で禁止されているのでイエローが出ました)。
なお、レフリーの処置が不十分とマッチコミッサリーが判断した場合は、後から、追加の処置(出場停止など)が課せられることもあります。ただ、多分、上記の内容が報告される(レフリーは処分について協会に報告する義務があります)でしょうから、そのままだと思いますよ。

プレーの経験からすると、ああいったケース、実際には選手間には遺恨は残らないものです。やられっぱなしの方が遺恨が残ります。
質問者様には納得できないと思いますが、ラグビーのプレー経験者としては、特に甘い処分だとは思いません。

他のスポーツを例に挙げちゃいけないけど、アイスホッケーだと、マウントしてタコ殴りなんてシーンもありますが、そういうのでもせいぜいゲーム退場くらいの処置です。ボディコンタクトの多い球技ではそういう傾向だと思います。本来コンタクトがかなり制限されているサッカーと同一視するのは無理があります。

投稿日時 - 2009-11-02 01:53:47

あなたにオススメの質問