こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

前に一度創価学会の彼氏の事で相談にのって頂きました。

前に一度創価学会の彼氏の事で相談にのって頂きました。
あれから、たまにふっと悩んだりするものの付き合いは順調です。
ただ、やはり結婚の事を考えると戸惑ってしまう自分がいます。
創価学会が苦手な私は結婚した後、「あそこの旦那創価らしいよ」とか
言われるのも想像したりして嫌になることがあります。
創価は学会員も多いですが同じくらい嫌ってる人もいますよね。
彼は活動はいっさいしてないし、聖教新聞と選挙の時に公明党に入れることのみです。
両親が創価で知り合い結婚したらしいです。どれくらい活動しているかは知りませんが。

最近彼氏は友達から「信じてないんなら脱会しろよ」と言われたみたいです。
しかし、彼は私にその話をし、こういいました。
「確かに信じてないなら脱会したらいいだろうけど親が死んだ時
何にも信じるものがなくなる気がして怖い」と。
正直「は?」と思いました。結局親=創価学会なんじゃないかと。
結局信じてるんでしょ?と。直接言えませんでしたが。
創価で彼がいったい何のメリットがあるのか分かりません。
周りから非難され、部屋に仏壇をおかれ、読まない聖教新聞を新聞受けにつっこまれ。
宗教は自由なのにやめると親を裏切ることになるのでしょうか?


質問は、創価学会の方と結婚した方で上手くいってる方がいれば
教えて欲しいのです。また同じ様に悩んでる方の意見も聞きたいです。
私はいまだ1人しか聞いたことがなく、絶対離婚になると周りからも言われ
自信がなくなってきています。
彼に創価学会をやめろとはなかなかいえません。
彼の両親を否定することになるような気がし、彼を傷つけてしまうんじゃないかと思って・・。
彼がもし脱会するとなるとやはりご両親との仲が心配です。

こんな悩むくらいなら長い付き合いになる前にいっそ別れた方がいいんじゃないかとも
思ってしまいます。創価同士結婚するのがやはり一番じゃないのかと。
みなさんまたご意見頂ければ嬉しいです。

投稿日時 - 2009-11-07 04:46:34

QNo.5428009

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

創価学会の存在や活動に、個人的に思うことはたくさんあり、また現実的にも問題は山積だと思います。

が、それはさておき・・・
男女のこと、創価信者同士でもうまくいかない人もいるのではないでしょうか?

宗教問題(創価ではない)で離婚した同僚(女性)がいます。
その子は結婚した後に初めて、義両親が宗教にどっぷりつかっていて、旦那さんもあなたの彼氏同様、はっきりした信仰心は持たずとも、やはりその宗教と両親の思想の影響を多々受けていることがわかったそうです。
その時はまだ新婚半年。必死に理解して仲良くやっていこうと、自分もその宗教の教えの会に参加したりしたそうですが、どうしても理解できず、2年で離婚してしまいました。

彼女は、自分は無宗教だと思っていたけど、その宗教を知ってから、意識しないまでも持っている宗教感のようなものは、自分にもあったと言っています。
結局、それと、旦那さんとその家族が信仰している宗教との間に、大きな隔たりや違和感があったので、受け入れられなかったということです。

あなたにも、きっとご自身で人生において大切にしていることや、支えになっている考え方があると思います。
それが人生のパートナーのそれと大きく違う場合、宗教云々の問題ではなく、きっとこの先つらくなくのではないかと・・・

私は既婚なのですが、結婚生活って、本当に現実・生活です。
でも、それでも結婚って素敵だと思うのは、時々ケンカはしても、どんな苦境の中でも人間同士として理解し支えあっていこうという、お互いの共通認識というか、目標みたいなものがあるからです。
結婚=心の平安+時々曇り(けんかとか)、ですね。

あなたは、かなり苦しんでいらっしゃいますし、別れたほうが楽かなと思われているようなので、身を引くのもいいかもしれません。
なるべく不安要素は持たずに、結婚できる相手と幸せになってほしいと一人の同性として思います。

投稿日時 - 2009-11-07 10:19:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

261人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

私は創価学会員です。私は学会が大好きです!学会員でよかったとすごく感じます。辛くて落ち込んでいる時、何度もこの信心で乗り越えることができました。そしてその乗り越えた自信が信心に対する確信へと変わり、どんなに非難されようが私は創価学会員であると自信をもって言えるようになりました!この信心は難を乗り越えるための信心です。よく池田会長は宗教は宗教のためにあるのではない。宗教は私達の生活の中に常に密着しています。とおっしゃっています。悩みがあり、どうしようもないから祈る。祈りから宗教は来ています。特別なことは何もありません。学会もそうです。頭で考えても絶対にわかりません!心(命)で感じるものです。学会員もいろんな方がいます。熱心な人もいればなんとなく信心している人。ただ一つ言える事は信心でこうなった!と言える体験をしているかしていないかです。体験の無い人は何かあるとすぐ心がグラつきます。体験がある人は何を言われようが確信をもっています。あなたの彼氏は熱心ではないとおっしゃっていますが、信心の上で大きな体験をされていないのだと思います。けど、どこかで必要なものであると感じているのではないでしょうか。もちろん親がやってるからというのもあると思いますが・・・。誰でも悩みはあります。世の中には宗教に関係なく強く頑張っている人もたくさんいますが、人生生きているとどうしてもどうしようもなく行き詰まる時があります。その時こそ祈り(宗教)があるのです。その姿は人間しかできない素晴らしい姿です。まずは創価学会という前に、『宗教』という意味を知られるといいと思います。

投稿日時 - 2009-11-20 15:11:52

ANo.7

回答番号:No.6の者です。

先ほどのサイトアドレスが途中で切れていたため、正しく表示されませんでしたので、再度載せておきます。

創価学会について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A

http://www.at-do.jp/pages/souka02-04.html

日蓮正宗について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%93%AE%E6%AD%A3%E5%AE%97

http://blog.goo.ne.jp/shourinzi1972/e/df24827d1839aff3173774ffc4d2cb0f

投稿日時 - 2009-11-11 21:41:31

ANo.6

結婚となると、いろいろ考えることがでてきて気苦労も多いものとお察しいたします。
私は以前は創価学会3世でした。今は脱会して日蓮正宗の信者としてお寺に所属しております。

まず、創価学会そのもののことを知っておいたほうがよいと思います。
もともと、創価学会は、日蓮大聖人様の仏法に帰依する日蓮正宗の純粋な在家信者団体として出発いたしました。しかし、長年のあいだに組織が大きくなるにしたがって、日蓮正宗の信者として教義を逸脱するようなことが度々重なり、そのたびごとに宗門は指導してきましたが、その甲斐もなく、ついに平成2年に池田大作一人を破門、平成3年に創価学会に対して在家集団として解散するように通達し、その後、まだ創価学会に属する人たちに破門を言い渡されて、現在に至ります。
現在の創価学会に属する人の中には、純粋な信心を忘れていない方も見えますが、そうでない方もいます。
私は、今、日蓮正宗の信者として、創価学会の人たちには昔の創設時の純粋な在家としての本分に戻っていただけるように切に願うばかりです。日蓮正宗の信心は、三世における人間の宿業について考えることが出発となります。日蓮正宗の仏法は道理です。盲信、狂信の類ではなく、疑問は疑問として探求していったときに、筋道の通った教説において素直に従うことになりますので、本当に信仰心のある方ならば、決して押し付けはしないと思います。詳しいことは興味があればお調べになってください。
まずは、創価学会について詳しく調べていただいてから考えてみてはいかがでしょうか?私がお薦めするサイトは、提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

創価学会については、​http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A

http://www.at-do.jp/pages/souka02-04.html

日蓮正宗については、​http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E8%93%AE%E6%AD%A3%E5%AE%97
http://blog.goo.ne.jp/shourinzi1972/e/df24827d1839aff3173774ffc4d2cb0f

投稿日時 - 2009-11-11 21:34:30

私は妻が創価学会員です。
私は信者ではありません。
妻は私を入れたがっていますが私は断り、またそれでも妻の活動は口出ししません。

私は最初同じように、身の回りでささやかれている悪い噂やネットで書かれている創価学会を否定しました。
そしてそれを苦しみました。
貴女と同じように、彼が、妻が信じているものを全否定したくないからです。

うちも聖教新聞をとり、仏壇が段々と大きくなり・・・たまに座談会にもでて・・・
まあ一般的な差ほど熱心ではない信者の一人になりました。

子供は一人が信者で一人は拒否しました。
これは条件をつけて入れるのをOKしました。

1.子供が拒否した時点でいつでも辞めさせる。
2.子供が18歳以降になって自分で判断できるようになったら子供に判断させてくれ。

私は妻を信じています。そして愛しています。
妻の信じる気持ちを否定したくないのです。

この宗教に自由のある日本で何故、たかが創価学会くらいで別れないといけないのか?
命がとられるわけでもありません。
公然と差別されるわけでもない。
何も障害にはなってないのです。

私は今、創価学会の本(人間革命)を読んでいます。
すすめられたわけでもなく妻が信じるものを知りたいからです。

しかしながら私には全然?わかりません。
どんなに辛いときでも池田先生が偉い!というメッセージ以外にに受け取れないからです。
でも先ずは読んでみる 
私は黙々と読みます。
妻とも話をします。
枝分かれした日蓮宗の話もします

すると色んなことが見えてきます。
妻は盲目に信じているわけではないのだと。
妻の信じる部分はここなのだと。

貴女は彼にどうしてもらいたい?
信じてない創価学会を辞めてスッキリしてもらいたい?
それで彼が貴女を必要とするでしょうか。
人は改革した自分ではなく「今の自分」を大事にしてもらいたいのです。
小さな黒い仏壇1つあって何か問題ありますか?
読まない新聞を貴女が読めばいい。
読んだところで呪われたりするわけでもないでしょう?

私達夫婦はお互いに相手を思いやっている、、、と思う。
だから宗教の違う私達夫婦でも全然仲良くやっています。
仏壇も2つあります。(先祖代々の仏壇と創価の仏壇と)
同じ家に2つの仏壇は良くない、と言いますが私の家では問題ありません。
最後に勝つのは愛だからです。
これは創価学会の問題じゃなく貴女と彼の問題だと思う。
うちのような夫婦がいることもご参考に。

投稿日時 - 2009-11-07 18:02:31

ANo.4

確かに団体名から想像しますと、国内におきましては確かに好印象をお持ちでないことが伺えます。
これはあきらかに、一部の心無い人たちの中傷誹謗やマスメディアに毒されている記事の氾濫によるものだと思います。
ところが海外に置きましては立場がまるで逆転していることがあるのです。
むしろ好印象を抱いているケースが多く、その活動の規模の大きさに驚愕を覚えずにはいられません。
戦争反対運動や人道支援や学校教材の寄付など、宗教でしかできない多くの活動に多くの賛同者がいることの事実までは隠せません。
多分、社会では一番貢献度の高い団体だと思います。
支持政党の活動もそれに準じたものが多く、決して非難すべき対象ではなく、むしろそのクリーンさに感心するのです。
教義の基本は仏教であり、真面目な信仰の行為としての選挙応援や新聞の啓蒙に非難があるようですが、よく考えれば、ただ、それだけなんですね。
それぐらいのことで非難するのにはちょっと該当しない団体であるような気が致します。

投稿日時 - 2009-11-07 11:15:00

結婚後に入会を強要されるのではないですか?

創価は学会員同士では結婚しません。
結婚相手を 入信させるからです。

他の新興宗教も ほとんどそれです。

知り合いが同級生にしつこく迫られ付き合いはしてましたが
三年もすると
創価の子の 考え方がわかってきた。
自分に会わないといって付き合いをやめています。

今では 話したら創価かどうか判るくらいになってきたといってました。

それまでは毎日呼び出され 洗脳させるようなこと
ばかり言われて気が気ではあリませんでしたが・・・

恐らくかれも その洗脳がゆえにやめられないのでしょう・・・

カレが熱心でない分
カレの友達(これは青年部と行ってかなり熱心にやっています。
中学生の同級生から狙っています。)
も しつこく参加を求めるでしょう。

おそらく あなたがそのことに悩む時がくると思いますが
あなたのご両親の信仰もあわせて考えたほうがいいですよ。

投稿日時 - 2009-11-07 10:06:13

ANo.1

どちらかが、妥協しない限り必ず揉めます。
私の若い頃の例で恐縮ですが、彼女の家が創価学会員でした。勿論、彼女も学会員でしたが、熱心な信者ではありませんでした。
でも、彼女の親が私に強く入信を勧め、入信しないと交際を認めないと言われました。
私自身は、無宗教ですから心が動きましたが、それとなく私の親に話したら猛反対され酷い親子喧嘩になってしまい勘当する!と言われました。
質問者様の親御さんは、その辺はどうなのですか?
結婚まで考えているなら、当人同士だけの問題ではないですよ。
周囲から祝福されない結婚は、悲惨です。

投稿日時 - 2009-11-07 06:24:52

あなたにオススメの質問