こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

両替と外貨預金の引き出し

今度アメリカに行くのでドル紙幣を入手したいと考えています。

マネーパートナーズのコンバージョンで外貨預金の口座に入れれることはわかっているのですが、その後がわかりません。

現在、ソニー銀行の外貨預金口座を外貨引き出し口座に設定しています。
でもソニー銀行だと口座からドル紙幣を手に入れられない気がしています。可能ですか?

無理な場合、どうすればいいのでしょうか?
どこかの都市銀行の外貨預金口座を開いてそこを外貨引き出し口座にしたら窓口でドル紙幣を受け取れますか?

マネーパートナーズのコンヴァージョンは手数料が20銭ということですが、窓口で受け取る時に更に手数料がかかったりしますか?

また、帰ってきたときにドルで自分の口座に入れて、またマネーパートナーズで日本円に換える時も同様ですか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-11-14 21:28:38

QNo.5448124

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 最初に質問中の4つのお尋ねに端的に回答し、引き続いて米ドル現金調達の手順と手数料について述べます。
Q1: ソニー銀行で米ドル紙幣を入手できるか。
A1: できない。「MONEYkitグローバル」という特別のキャッシュカードを使い、現地のATMから引き出すことならできる。

Q2: 他の銀行に外貨預金口座を開いたら米ドル紙幣で受け取れるか。
A2: 受け取れる。銀行の選択には注意が必要。

Q3: 窓口で米ドル紙幣を受け取る際に手数料がかかるか。
A3: かかる。標準的には1米ドルあたり2円。ただしこれより安く済ませる方法はある。

Q4: 余った米ドルを銀行口座に入れ、FX業者で円転できるか。
A4: できるが、多くの場合はかえって手数料が高くつく。

 外国為替証拠金取引(以下FX)を使って外貨現金を入手する手順は以下の通りです。
(1) FX業者内のに開設してある自分の口座で、コンバージョンまたはデリバリーにより、日本円資金を希望の外貨に振り替える。
(2) 振り替えた外貨の資金を、銀行に開設した自分の外貨預金口座に国内外貨送金するようFX業者に指示を出す。
(3) 自分の銀行口座(外貨預金口座)に着金したらその銀行の窓口に行き、外貨預金口座の資金を外貨現金で受け取る。

 (1)については既にご存じとのことですので説明は省略します。(2)では受け取り先の銀行の選択に注意が必要です。外貨現金での出金に対応していない銀行、対応していても出金時の手数料が高い銀行、外貨送金の着金時にも手数料を徴収する銀行などがあるからです。(3)では扱いは外国為替取扱支店に限られることに留意ください。また外国為替取扱支店でも外貨現金の在庫には限りがありますから、まとまった額を引き出すなら数日前に連絡しておくことを勧めます。

1. 米ドル現金を外貨預金口座から出金できる銀行
 たまたま先般、その点に特化した質問に回答いたしましたのでそちらをご覧ください[1]。米ドルはさすがに取扱い銀行が多いのですが、それでも外貨現金での出金に対応していない銀行もあるので、それら以外の銀行を選択ください。
 ソニー銀行はそもそもが無店舗銀行であり窓口で米ドル現金を受け取ることはできません。「MONEYkitグローバル」という特別のキャッシュカード[2]を作ると、米国内の現金自動預払機(以下ATM)で外貨預金口座から米ドルを引き出せるようになりますが、手数料が高いのでお勧めしません[3](*1)。

2. 国内外貨送金に伴う手数料
 国内外貨送金の手数料は1回4,000円前後と高いので、FXを使った両替ではこの点に特に注意が必要です(*2)。幸いにマネーパートナーズはどの銀行に国内外貨送金しても月5回まで送金手数料を負担してくれますが[4]、特定の銀行宛てに限って業者側負担とするFX業者もあり、その場合は銀行の選択が自ずと絞られます。
 また受け取り銀行によっては外貨送金の着金時に手数料を徴収します。例えばソニー銀行は「被仕向け送金手数料」として25ドルかかります[3]。名目は銀行によってさまざまですが、徴収する場合の相場は1,500~2,500円です。

3. 外貨での出金に際しての手数料
 円貨と違って外貨は、銀行の外貨預金口座から出し入れするだけで手数料がかかるものです。具体的な額は参考ページ[1]を再度ご覧ください。手数料が安く利用価値のある銀行についてもその中で触れています。
 米ドルでは三井住友銀行が有力候補です。外貨預金口座の残高が1万米ドルあれば、無手数料で米ドル現金を出し入れできるからです[5]。
 シティバンク銀行でトラベラーズチェック(以下TC)で出金する場合の手数料は[1]の記述から変更があり、預金額(月間平均総取引残高)1,000万円未満の顧客は1%のTC発行手数料がかかるようになりました[6]。預金額1,000万円以上なら引き続きTC発行手数料免除です。
 またシティバンク銀行では「外貨キャッシュカード」[7]という特別のキャッシュカード(*3)を作ると、ソニー銀行のMONEYkitグローバルと同様に米国内のATMで外貨預金口座の米ドルを直接引き出せます。発行手数料はかかりませんが利用手数料が1回2米ドルかかります(*4)。
 なおシティバンク銀行では月間平均総取引残高が一定基準を下回ると、月2,100円の口座維持手数料を徴収されます。月間平均総取引残高が50万円以上、月間平均総取引残高のうち外貨部分が20万円以上、などが免除基準です[6]。(いずれか一つの条件を満たせばよい)

4. 外貨現金の円転
 FX業者を使って外貨現金を円転することは上記(1)~(3)の逆順で可能です。まず適宜の銀行の外貨預金口座に現金を預け、その資金をFX業者に国内外貨送金しさらにFX業者内で円転するわけです。
 しかし手数料は全般に高めです。まず銀行で米ドル紙幣を預ける際に外貨現金取扱手数料が引かれます(標準的には1ドルあたり2円)。その外貨をFX業者に国内外貨送金するのに4,000円程度かかり、また銀行によってはリフティングチャージ(標準的には「送金額の0.05%、ただし最低2,500円」)を徴収します。これに対し銀行で米ドル現金を直接両替する際の手数料は1ドルあたり3円(両替レートとしては公示仲値マイナス3円)です。
 ですから外貨現金取扱手数料を安く済ませる手段、例えば三井住友銀行で1万ドル以上を継続保有、シティバンク銀行で6か月以上の定期預金として預ける[6]、といった方策を用意しておくのでない限りFX業者を使って円転するのは不利です。特に昨今は金券ショップなどで銀行より有利なレートで両替できますから(公示仲値マイナス2円程度)、FXでの円転はなおさら不利です。
 ソニー銀行は窓口がないため米ドル現金を預けること自体が不可能です。またソニー銀行の外貨預金は送金の受け取り(被仕向け送金)は可能ですが、他の銀行への外貨建て送金(仕向け送金)はできません。

5. まとめ
 FXを使った「両替」はうまくやらないと手数料が高くついてしまいます。米ドル現金の調達で有利な方法(銀行の選択含む)は以下が挙げられます。
(1) FX業者から三井住友銀行に1万米ドル以上を送金し、米ドル現金で引き出す
 FX業者からの外貨送金着金時に1,500円の手数料がかかりますが、残高が1万米ドルあれば米ドル現金での出し入れは手数料なしにできます。
(2) シティバンク銀行に送金し米ドル建てTCで引き出す、または「外貨キャッシュカード」で引き出す
 外貨送金着金時の手数料はありません。TCでの引き出しではTC発行手数料1%がかかります。行き先が米国なら「外貨キャッシュカード」という手もあります。

参考ページ
[1] http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5322405.html
[2] http://moneykit.net/visitor/mkgl/mkgl03.html
[3] http://moneykit.net/visitor/fee/fee02.html
[4] http://www.moneypartners.co.jp/faq/deli_con.html
[5] http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/list/futsu/index.html
[6] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/servicecharges/index.html
[7] http://www.citibank.co.jp/ja/fcy/fcy_citibank_overseas/fcy_usd_savings.html

*1 米ドルの資金を最初からソニー銀行での外貨預金(ソニー銀行でのFX含む)で調達するなら、MONEYkitグローバルにもまだ利用価値があります。
*2 「FXの両替はお得」と謳うWebサイトは多いのですが、デリバリーやコンバージョンの先の手順との手数料について触れていないWebサイトが大半です。回答中に記したように実はデリバリーやコンバージョンの先で少なからぬ手数料がかかります。それを伏せたまま銀行での両替と比較し「FXの両替はお得」と結論するのは無責任極まりありません。
*3 口座を作れば自動的に発行されるキャッシュカード(シティバンク銀行での呼称は「バンキングカード」)とは別です。バンキングカードでも海外ATMでの引き出しはできますが、外貨預金口座から引き落とされるのでなく、所定の方法で計算した換算額が日本円普通預金口座から引き落とされます。この方法は4%+1回210円の手数料が加算されるので不利です。
*4 ATMのオーナーが徴収する利用手数料は別です。参考までに米国では、利用1回あたり1~2ドルの手数料を徴収するATMが多いようです。

投稿日時 - 2009-11-15 14:49:38

お礼

とてもわかりやすい解答ありがとうございました。
なかなかうまくいかないもんですね。
FXでの両替に落とし穴があるのに伏せたままってのはきついですね。

シティバンクも検討してみますが、口座維持手数料がネックですね。

大変参考になりました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-11-15 17:37:09

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

23人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問