こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

親と縁を切ることについて(連帯保証人)

親と縁を切ることについて(連帯保証人)
アドバイスお願い致します
家族で自営をしています
去年、父が地代を支払い借りている土地を
購入する事になりました
その際に、銀行などに融資をしてもらうことになりました
ただ、銀行の条件は、法定相続人の奥さん、息子さんに
連帯保証人になってもらうということでした
自分は、父にそれは無理と言ってましたが
父は、連帯保証はないからと言っていました
ですが、去年の夏にいきなり呼ばれて行ってみると
父が今買わないと地主が変わりどんどん地代をあげられる
銀行の人も待っているから!と言われ
何も言えずに応接室に入り
銀行員から説明をされ父と母の下に名前と
印鑑登録の印鑑を押しました
ですが、その後連帯保証の書面のコピーもくれないのです
印鑑登録も親が保管していますし
そこで父にコピーや金額を知りたいと言いましたら
それは無理だ。見てどうする?等と言われ
その事が原因で父からじゃあ家を出て行け!と言われました
金額も土地だけ(5000万前後)だけかと思ったのですが
建物(5000万前後)の合計1億を25年で返済とするもの
らしいんです・・
家を出て行くのもいいのですが、逆に書面だけでももらいたいんです
銀行についても会社として取引銀行はいくつかありますが
来た人は初めて見る人でした・・・
連帯保証の書面の事を言えば出て行けと言われるし
縁を切るしかないのかな?と思い始めてます
ただ、金額も正確に分からないし保証人なのに
その書面もくれないというのでは。。不安なんです
こんな連帯保証じゃ結婚でもできないし
どうすればいいのでしょうか?
もう警察に保証書に書いた覚えはないとか
銀行の人に脅されて書いたと言えばいいのでしょうか?

投稿日時 - 2009-11-16 23:40:57

QNo.5453906

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

銀行にあなたも赴いたとの事なので まずは銀行へ連帯保証人になっているか確認に行く事です
何といっても当事者ですから 確認したいと言えば銀行も拒む理由は
ありません
しかし、結論からいえば 外れる事は出来ません
はずすには あなたのお身内であなたに代わる連帯保証人を用意し、それを債権者(銀行)が認めた場合ですが これはまずなり手がいないので不可能でしょう。
あとはお父様が亡くなった後 土地家屋を整理し た後、自己破産
これが唯一合法的に連帯保証人から外れる方法です
自営業との事ですから、逃げる事ばかり考えず商売に精を出し借金をきちんと返す事も大事です。

投稿日時 - 2009-11-17 14:17:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

 まず、質問者様がいくら“縁を切る”と宣言されても、連帯保証を降りることは出来ません。

 『銀行の条件は、法定相続人の奥さん、息子さんに連帯保証人になってもらうということでした』は特段珍しい条件ではありません。お父様に万一のことがあった場合、多分担保物件となる土地や建物の権利は相続人の方になるのですから、銀行としては当然のことです。

 銀行さんの融資のようですが、大抵の銀行融資には保険加入がついています。その辺はお聞きになると良いと思います。
 なければ、お父様の保険に入られることです。

 この不況下で銀行さんが融資なさる以上は、銀行さんには質問者様以上のリスクがあるはずで、それを考えての融資の実行です。『回収不能』を一番恐れているのは銀行さんの方でしょう。
 銀行さんだって、質問者様に1億の返済能力があるなんて考えてはいないでしょう。昔中国に、『天が落ちてくる』って心配していた人が居たそうですね。杞憂って言います。お父様を信じてあげてください。

 

投稿日時 - 2009-11-17 11:16:27

署名捺印した時点で終わりです。

家族で自営されてる息子さんなら保証人から外れるには無理でしょう。

おいくつかわかりませんが もっと勉強しておかないと印鑑は大事です

結婚ですが・・・・。難しいでしょうね。でも早くしないと信用もないですし 親が亡くなった時に保証人が変わりに払うわけですから 当然貴方が借入するわけです、一人身だと貸してくれませんよ。

投稿日時 - 2009-11-17 09:00:24

ANo.2

「父と母の下に名前と
印鑑登録の印鑑を押しました」
??
そのとき書類を読まなかったのですか?

また、
「銀行についても会社として取引銀行はいくつかありますが
来た人は初めて見る人」
行員が誰かは問題ではなく、銀行が何かが問題です。
それも知らずに印鑑を押したのですか。

可能性のある銀行に父の名前を言って
自分が保証人になっているか確かめれば
よいでしょう。

投稿日時 - 2009-11-17 06:45:33

ANo.1

ご質問の内容を拝読致しましたが、よく分からない点が多く、正しく答えられるかどうか何とも言えませんが、
取り敢えず私の知る範囲でのアドバイスということで。

まず「縁を切る」と書かれていますが、法律上「縁を切る」ということはあり得ません。
いかなる状況になろうとも、親子の関係がなくなることはありません。

次に、質問者様が書かれた書類が本当に連帯保証人に関する書類だと言う前提ですが、
書類の内容に明らかな不備があるケースを除き、一旦署名・捺印してしまえば
連帯保証人から逃れることはできません。
また、これは民事ですので警察に行かれても取り合ってはもらえません。

何はともあれ早急に役所の法律相談窓口か弁護士に相談されたほうが良いと思います。
借りたご本人(お父様)が連帯保証人用の書類を持っていることも不思議ですし、
なぜ銀行がその書類を質問者様に渡さなかったのかも疑問です。

どこの銀行から借りたかがお分かりであれば、保証人として身分証明さえできれば、
借金の内容は開示してもらえると思いますので、そちらもご確認ください。

事態が最悪の状態に向かう前に行動されたほうが被害を最小限に留めることができると思います。

投稿日時 - 2009-11-17 01:59:19

あなたにオススメの質問