こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

鬱病と生命保険 免責期間と自殺について

はじめまして。
非常に困っており,皆様のお知恵を拝借したく質問します。
家族が鬱病にかかってしまい、この1年位通院しております。元気な時とのギャップが激しく,落ち込んでいる時は生命保険の証書を渡し,万が一の時はこれで頑張って欲しいと言います。もちろん家族としては元気になって貰うのが一番ですが、とにかく話を聞いて上げないと非常に怒るので話を聞いています。
説明では自分が死んでも保険は下りる。でも1度失効している。効力を戻したから大丈夫だ。詳しくはこれを読んでくれ。と約款を渡されました。しかし、保険証券と約款の名称が違うのです。本人には言えないので内緒でネットで調べた所、約款は当初加入していた保険で転換で今の保険になったようです。約款では確かに1年経過後、自殺しても保険は下りる,ようですが証券の名称が違うので加入時期で検索した所、自殺の免責期間が2年か,3年の時期のようです。本人は復活して1年経っているから、と安心しているようですが、上記の違いで、もし本当に早まってしまい、大変な事になってしまい、家族の為にと入っていた保険が下りないでは、泣くに泣けない事態になってしまうと思うと怖いです。
一番は元気に生きて欲しい、のが本心ですが毎日保険の話をするので、そちらも気になっています。
お詳しい方教えて頂けると幸いです。
家族としては入院を勧めていますが本人は頑として拒絶します。その際保険で入院給付金は下りるのでしょうか?(入院特約は付いております)

投稿日時 - 2009-11-23 17:50:59

QNo.5470151

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

補足説明ありがとうございます。

薬が7種類とのこと、相当な悪い状態のようですね。

長期戦でのぞむしかないようです。

病気してい本人が、生きる意味について真剣思索し勉学してまず生きる姿勢を真摯にすることから始まり、鬱の症状に振り回されないよう日々の訓練と修行を死ぬまで続ける覚悟がないと全うな生活は出来ません。

周りは本人の自覚と行動を持つしかないのです。

質問を読む限りでは本人が鬱病を克服する自助努力は無理なようです。
幸いいい医師に出会われているようなので医師と相談しつつ本人と対応してください。

鬱病の人の気持ちを理解するのは無理です。
「死ぬ」を額面どうり受け取らないでください。
鬱病患者は、そっとして一人にしてくれ誰も構うなと言いつつ、自分の苦しみを理解してもらいため苦痛を訴え、それでも振り向いてくれない場合は最後の切り札「死ぬ」を叫ぶのです。
本当に「死ぬ」おそれのある場合は、即効性のある精神安定剤を医師からもらい、それを直ちに本人に服用させ眠らせるしかありません。

私の最悪期、妻はいつも平然毅然として「薬を飲んで寝なさい」との一言でした。
それが正解だったようです。

鬱病本人の言葉をまず全面肯定することから始まります。
生命保険証書を振りかざしたら、それを全面肯定してあげることです。
繰り返しますがそれ以上の行動に走るようなら頓服で眠らせることです。
全面肯定して一定の距離を保ち振り回されないことです。
言葉が難しいのですが、「暖かく無視する」という表現でしょうか。

なにしろ長期戦ですので、振り回されないで、あなたはあなた自身の人生を大切にして生きてください。

余談ですが、妻の弟は完全な精神統合失調症昔でいう精神分裂です。
要所要所はチェックいれますが、後は自立させて生活させてます。
現在55歳、既に認知証も出始めてますがギリギリまで自活させる態度で接してます。

投稿日時 - 2009-11-24 10:43:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

(Q)約款はマスターズQのものです。約款が同じなら問題はないのでしょうが
(A)約款が同じと言うことはあり得ません。
たとえ、内容が全く同じであっても、それぞれの保険の約款があります。
几帳面な方で、約款を紛失していないならば、
そもそも「健康物語フルケア」の約款を受け取っていないのではありませんか?

(Q)転換の際約款は当初の保険のまま適応されるのであれば……
(A)上記の通り、あり得ません。
転換とは、そもそも前の契約を解約して、下取りに出して、新しい保険に契約を
しなおすことです。

(Q)カスタマーセンター等に問い合わせるのは誤解を招く等の記載がありましたので
(A)問い合わせは匿名でできます。
ただし、カスタマーセンターの答えは、会社の公式な答えなので、
建て前しか答えてくれません。
微妙な問題では、個別に検討させてもらいます……で、終わり。
約款を紛失したので、送って欲しい……ぐらいの請求はできます。

>精神科医師=うつ病の専門医ではない
まず、日本では、外科医が精神病のクリニックを開業できます。
何の問題もありません。
その外科医にも、心臓の専門医、胃の専門医など専門分野があります。
精神病にも、統合失調症もあれば、色々な病気があります。
それぞれの専門医がいます。

投稿日時 - 2009-11-24 17:12:26

補足

幾度もご回答頂きありがとうございます。
今日カスタマーセンターに電話した所、コピーを送ってくれる事になりました。
何故必要なのか?としつこく聞かれたのですが、もってないと不安なので。と答えました。
入院関係の保証を知りたいので到着を待ちたいと思います。

専門医についても今調べている所です。
ありがとうございました

投稿日時 - 2009-11-25 19:59:42

追加します。

あなたの質問に家族がと書かれてあったのでコメントする側で困難を生じました。

奥様なのかお嬢様なのか分からず、夫なら夫に対する接し方、お父さんならお父さんに対する接し方、更にお父さんの場合でもあなたが同居している場合と既に独立している場合で異なります。
年齢とお立場を明確にされると適切なアドバイスが出来ますので今後の参考にしてください。

投稿日時 - 2009-11-24 14:56:40

補足

mk1946様
アドバイスありがとうございます。
肝心な事を入れ忘れており申し訳有りません。
夫の事で相談しております。夫は現在40歳です。自営業を営んでおります。会社勤めではないので比較的自由が利くので、しんどい時は休むように促していますが、本人はその状態が情けないらしく、惨めだ、と言います。私も勤めております。フルタイムの仕事なので夕方に家に帰ります。

先程のコメントで「暖かく無視する」のお言葉に感激しております。またご家族の事まで教えて頂き本当に感謝しております。
奥様の毅然さを見習わなくては、と思っておりますが、どうしても泣いてしまう自分の弱さも克服しなくては、と思います。子供もまだ幼いので、時々しっかりしてよ!と言いたくなる事も少なくないです。でも本人が一番辛いと思うので必死に押さえています。mk1946様のお言葉の一つ一つが身に染みます。

本当にありがとうございます

投稿日時 - 2009-11-24 15:40:18

ANo.4

>失効は2年前で復活後1年位で通院をはじめました。

現在、2009年11月。
通院して一年ということは、2008年11月から通院。
その一年前に復活、ということは、
2007年11月に復活。
大体、このようなことですね?
ならば、復活して2年が経過しているので、自殺は保障される可能性があります。

復活時に健康であったのなら、医療特約についても、支払われると思いますが、
先に述べたように、精神疾患を対象外としている保険もあるので、
一度、確かめてください。

ところで、現在の医師は、うつ病の専門医ですか?
専門医ではないのなら、一度、専門医の診察を受けてはいかがでしょう。
精神科医師=うつ病の専門医
では、ありません。

投稿日時 - 2009-11-24 12:33:31

補足

お忙しい中丁寧にご回答頂きありがとうございます。

保険に関しては証券を見た所、
安田生命のマスターズQより健康物語フルケアに15年4月に転換しておりました。
最初の記載の通り、約款はマスターズQのものです。約款が同じなら問題はないのでしょうが、保険証券と約款の名称が違うので不安はあります。
本人は1年経ったんだから貰える!と頑として譲りません。家族としては保険を充てにしているわけではありませんので、そう言われると本当に辛いです。正直この保険の事は知りませんでした。家族の為に内緒で加入していたみたいです。

もともと神経質な人なので約款を無くすとは考えられないのですが、何故か上記のような状態です。保険には全く無知なのですが転換の際約款は当初の保険のまま適応されるのであれば、これでいいのでしょうが、そういった事はあり得るのかが全く分りません。
こちらのQ&Aで検索しましたが、カスタマーセンター等に問い合わせるのは誤解を招く等の記載がありましたので、しておりません。

精神疾患での特約は渡されている証書や上記の約款には見受けられませんでした。もう一度確かめてみます。
また、
精神科医師=うつ病の専門医ではないとのご指摘に驚きました。

早速調べて診察してもらいたいと思います。
本当にありがとうございます

投稿日時 - 2009-11-24 15:55:47

ANo.2

自殺の保障は、保険会社によって異なりますが、現在は、
契約後、2年または3年は、保障の対象外です。

一度失効して、復活して、1年……ということは、自殺は対象外です。

もう一つ問題があります。
復活して1年とのことですが、ご家族の方が通院して1年になるそうですが、
保険の復活と、通院の開始と、どちらが先なのでしょうか?
通院の開始が先だと、告知義務違反となる可能性があります。
そうなると、うつ病での自殺は一円も出ないことになります。

保険の復活が先だと、うつ病による自殺は、病死とされる場合があるので、
1年以内でも、保険金が出る可能性があります。

入院給付金については、稀にですが、精神疾患による入院を保障の対象外と
している保険もあるので、軽々には言えません。
また、これも、通院の開始と復活の日付との問題があります。

お近くに、保険相談をしてくれる保険代理店はありませんか?
保険相談とは、何も、契約や見直しのときだけでなく、このようなときにも
相談して良いのです。

問題が、微妙であるだけに、信頼できる人と相談してください。

投稿日時 - 2009-11-24 00:02:41

補足

早々のご返答ありがとうございます。
私もどうして良いか分らず文言がおかしくなっておりました。
失効は2年前で復活後1年位で通院をはじめました。

信頼出来る方と相談したいのですが田舎町ゆえに保険代理店もなく(保険会社の事務所はあります)大変困っております。

投稿日時 - 2009-11-24 09:22:53

お礼

御礼が遅れてしまい大変申し訳ありません。
まだまだ無知ですが、頑張って行きたいと思います。
またご相談させて下さい。
本当にありがとうございました

投稿日時 - 2009-12-01 09:03:51

生命保険のことは知りませんので回答出来ません。

自殺前提で考えられている質問、あなた自身が鬱病患者に振り回されてますので、あなた自身がカウセリングを受けて心の整理と鬱病患者との接し方を学ぶのが第一かと思います。

生命保険証書をかざしての「死ぬ」は鬱病の人であればよくあることで、私は自殺願望と他殺願望を持ち現実に妻を殺す寸前まで行きました。
医師の薬とカウセリングで治るのですが、本人は治す意志があるのでしょうか。
本人が治す意志が無い場合は強制入院しかありませんが、それが可能かどうか私は分かりません。
今お世話になっている医師の意見はどういうことなのでしょうか。
私は自ら精神病院に入院しましたので、強制入院が出来るのか知りませんので医師に相談してもらうしかありません。

1年通院しての症状、あなたはその医師に相談されましたか。
医師は家族の訴えをちゃんと聞いてくれますか。
医師といっても力のある医師、そうでない医師、相性のいい医師、それぞれです。
質問文章からはその当たりが書かれていませんので、お答え出来ませんが、私は誠意ある医師に巡り会うまで9軒のクリニックを訪ねました。

投稿日時 - 2009-11-23 23:04:45

補足

大変な思いをされたのにお答え頂きありがとうございます。

最初に病院に連れて行った時は、家族が一緒に連れて行きました。その後も何度か一人で行っています。本人はその事は知りません。
本人は直す意思がないと言うより、治らない、と決めつけております。薬の処方箋を見ると7種類位出されており、継続して飲んでおりますが良くなっている兆候は家族からも見受けられず、日に日に酷くなっているようにも思えます。

本人はあまり人に本心を見せるタイプではなく、もしかしたらお医者さんにも、そんな感じでいるのかな、と不安に思う事もあります。
田舎町故に精神科のある病院は1件しかなく、通院する事自体恥ずかしいと言います。調べた所車で2時間以上かかる所にしか病院はありません。
お医者さんはとても感じのよい方で私の話もちゃんと聞いてくれます。本人は何を話しているのかは分りません。

投稿日時 - 2009-11-24 09:28:11

お礼

遅くなってしまい大変失礼しました。
ご親切なご回答本当にありがとうございました。
まだまだ無知ですが頑張って行きたいと思います。
本当にありがとうございました

投稿日時 - 2009-12-01 09:02:20

あなたにオススメの質問